2017年中央競馬はホワイトファングで幕開け!

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
新年は2日から仕事をしておりまして、明日もう一日夕方まで仕事すると金曜日には休めそうです。
本当は明日休んでゆっくり初日を見るつもりでしたが、休めなくなってしまったので明日は仕事中にラジオ&TVですorz…

今年のオープニングレースにホワイトファングが出走します。

・ホワイトファング(2017.1.03 美浦トレセン:牧光二厩舎 馬体重:ーーーkg)

☆1/5(木)中山・3歳未勝利(ダ1200m)木幡巧也騎手

12月28日(水)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.6-40.3-26.6-13.7を馬ナリで追われ、12月31日(土)にも坂路コースで4ハロン52.9-39.0-25.6-12.7を単走で強目に追い切りました。
「この中間は両前にソエの症状が出てきたため、あまり強い負荷はかけていないものの、実戦を一度使ったことで息遣いが変わってきています。最終追いでも前走時に見られた重苦しさは解消し、やればやるだけ動けそうな雰囲気ですよ。メンバー中の9頭が優先権を持っての出走で、レベルの高い戦いが予想されますが、安定した走りと持ち時計はここでも上位の存在。ソエもなんとか我慢できていますし、2017年度のオープニングレースをホワイトファングで飾れたらと期待しています」(牧光二調教師)

一度叩いた上積みはありそうです。
現在のところ1人気。
なかなか勝ちきれないレースが続いておりますが、ここできっちり勝って今年のノルマンディーOC勝ち馬第一号並びに今年の中央競馬勝ち馬第一号の栄誉に輝いてくれることでしょう。



9R ジュニアカップにはディバインコードが。
・ディバインコード(2017.1.03 美浦トレセン:栗田博憲厩舎 馬体重:ーーーkg)

☆1/5(木)中山・ジュニアカップ(芝1600m・混)柴田善臣騎手

12月28日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、67.7-52.6-38.4-12.9を一杯に追われ、3日(火)にもWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、54.2-39.2-13.0を馬ナリに追い切りました。
「やや重く映った動きも、先週に古馬と併せて一杯に追い切ってからガラリと変わりましたね。そのため、今週は息を整える程度のメニューにとどめています。体調面は良好ですし、前走から間隔は少し開きましたが仕上がりに不安はありません。特別登録が発表された段階でメンバー比較し、最終的に輸送時間も短く結果を残している中山での出走を選択しました。今回の最重要課題は収得賞金加算ですから、ここは勝ち切らなくてはなりません。メンバー中には高いパフォーマンスで勝ち上がってきた馬もいて楽観視できませんが、負けられないくらいの気持ちで臨みたいと思います」(栗田博憲調教師)

こちらも1人気。
栗田師も仰っているように、ここは勝って今後のローテを楽にしなければいけないところでしょう。
オープン特別なだけに2着も許されない戦いになります。
キャロットのマル外が人気になりそうですが、あちらは2戦目。
経験の違いを見せつけてほしいと思います。




ダイバージェントの次走予定が上がりました。
14日(土)or22日(日)のいずれかとのこと。
どちらも2000mです。
もう少し長くても良いかもしれませんが、現状だとこの辺がベストかな。
一度レースを使ったことでその分の精神的な成長はあるでしょうから、適距離で楽に追走できればあっさりのシーンもあるかなと思っています。
出来ればテオドルスのデビュー戦が組まれている22日に合わさってくれるとありがたいですが、そこは相手関係等も加味して少しでも結果が出そうなところで使ってくれれば^^
そのテオドルスのデビュー戦、ノルマンディーの僚馬クリュティエも同じレースでデビュー予定に上がりました。
そろそろ新馬も詰まってくるところなので仕方ない部分はあるでしょうが。。。
ゴッホ産駒同士の潰しあいにならないようにお願いしますm(_ _)m



さぁ、また一年がんばって参りましょう^^
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(3)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。