2022ドラフト

ノルマンディー
この記事は約3分で読めます。

昨日、ノルマンディーOC2021年産1次先行募集の抽選結果が発表されました。
今年はイルジオーネの21、ピッツネイルの21、オートクレールの21、マイスクエアワンの21の4頭を1位指名し、全て抽選対象になっておりました。
少しずつ改善されてきているとは言え、クジ運最悪のワタクシですから全落オープンも覚悟しておりましたが、なんとか2勝2敗で切り抜けることができたようです^^

ドラフト結果

昨年の1次募集は少数精鋭の2頭で臨み、まさかの2勝という素晴らしい結果。
2次募集で出資したヴァルトラウテを含め3頭ともに年内デビュー(※レイフレアはゲート試験通過)、ヴァルトラウテは勝ち上がり目前とある程度の結果が出ました。
今年は昨年以上に抽選激化になるであろうところも見込んでもう少し頭数を増やして申込みをするつもりでいましたが、この4頭以外に激抽選を勝ち抜いてまでもと思う仔がおらず、結果4頭のみの申込みに。
中間発表段階で全頭抽選なっていたので『1頭も確保できず』という不安にも駆られましたが、2勝2敗の勝率5割なら上々でしょう。

能書きはさておき、今年度我チームに加わったのは

・イルジオーネの21(父:アルアイン 母父:ワークフォース 牡 鹿毛 2021/1/28生 美浦・中川公成厩舎入厩予定)

イルジオーネの21

 
 
・ピッツネイルの21(父:スワーヴリチャード 母父:クロフネ 牡 芦毛 2021/4/29生 栗東・新規開業厩舎入厩予定)

ピッツネイルの21

 
 
昨年に引き続きドラ1の2頭は新種牡馬の産駒ということになりました。
イルジオーネはキャロット出身ということで、キャロットで出資されていた方が殺到したでしょうし、ピッツネイルは母親優先のある仔ですから、4頭中この2頭がどちらも当たるという想像はできていませんでした^^;
イルジオーネの21の父であるアルアインはSS系ながら若干パワー寄りの印象で、母父ワークフォースとの相性は良さそうですし、馬体も歩様も雄大で大物感を漂わせます。
ピッツネイルの21の父スワーブリチャードはとても好きな馬でした。2019年のJCではカレンブーケドールとのワンツーで会心の馬券も取らせていただきました。
ハーツクライの後継種牡馬としても期待していますし、その仔には父同様の成長力に期待しています。
ピッツネイルの産駒もこれで4世代目。コンスタントに走る仔を出してますし、そろそろスマッシュヒットがあっても不思議ではないと思います。

今年も1次募集では2頭と少数精鋭になってしまいましたが昨年に引き続き満足できる結果となりました。
2次募集以降での戦力補充を睨みつつ、本年度はこれでスタートしたいと思います。
そして、今年もご一緒される皆さま。
ここから数年、また皆さまと楽しくこの仔たちを応援していきたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

Comments

タイトルとURLをコピーしました