ガルラバン最後の未勝利戦、アーブルルージュは中央現役続行へ

チーム近況

今週はガルラバンが最後の未勝利戦に出走します。
状況的にはかなり厳しいですがなんとか最後の意地を見せてほしいところ。
また、昨日アーブルルージュについての臨時更新があり、このまま中央で現役を続行することになりました。
それぞれノルマンディーOC公式サイトでのコメントです。

今週の出走馬

・ガルラバン

☆8/31(土)新潟・3歳未勝利(ダ1800m)野中悠太郎騎手

25日(日)に坂路コースで4ハロン59.1-43.0-27.8-13.9を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、55.9-40.8-26.1-12.8を強目に追い切りました。
「最終追い切りは2歳新馬を追いかける形で運び、最後は軽く気合をつけた程度で先着しました。そんなに長い休養ではありませんでしたが、少しでもリフレッシュさせた効果はあったよう。障害練習の効果もあるのか、ズブさが幾分かは解消してきた感じがします。先週よりも体が締まってきましたし、態勢は整った様子。ただ、最終週だけあってメンバーが強いですし、ガルラバンの今までの成績から強気にはなれませんが、使い詰めで来ている馬も多いので、フレッシュな状態で何とか勝負にならないかと思っているところ。変わり身を期待しています」(小西一男調教師)

調教的には可もなく不可もなし。
コメントにもあるように状態は良さそうです。
何とか抽選をくぐり抜け出走は叶いましたが、前走馬券内が4頭、掲示板も含めると8頭もいるという正に『スーパー未勝利戦』です。
さすがに厳しいと言わざるをえません。
ここはどうにか入賞、願わくば掲示板を目指して、2戦続けて手綱を取る野中JKには思い切った騎乗をしてほしいと思います。
この後も現役続行が謳われているとは言え、現時点では障害適性には疑問符がついている中、全く見どころのないレースをしてしまうと、一転して引退という道も可能性としてはありえますので、少しでも光の見える内容がほしいと思います。

 
 
 

アーブルルージュ臨時更新

・アーブルルージュ(2019.8.28 KSトレセン 馬体重:ーーーkg)

★8/25(日)新潟・3歳未勝利(芝2000m)菊沢一樹騎手 結果10着
この後は一旦、美浦近郊のKSトレセンで調整することになり、明日29日(木)に移動予定です。

なお、今後の出走方針(障害転向もしくは500万条件への出走を目指す)について菊沢隆徳調教師と協議した結果、中央所属のまま他厩舎に環境を変えて再出発を図ることになりました。
美浦・松山将樹(マツヤママサキ)厩舎への転厩が決定しています。
馬体回復を図った後、3回福島開催(11/2~)を目標にしていきます。

「前日の馬場傾向と相手関係を見たうえで、鞍上には前めで勝負するよう指示変更させてもらいました。権利を取って云々ではなく、テンションを考えても勝ちに行くならここしかないと判断してのものです。ワンターンのコース形態であればまた違う結果になっていたかもしれませんが、2000mはアーブルにとって距離が微妙に長かった。結果を出せずに申し訳ない気持ちです」(菊沢隆徳調教師)

予想通り格上挑戦を目指して中央競馬で現役を続行することになり、伴って松山将樹厩舎への転厩も発表されました。
障害転向も示唆されていますが、まずは平地でどれだけやれるか試すことになると思います。
ここまでのレース内容を見ても、このまま中央で勝負できるかもという判断になるのは理解できます。
ひょっとすると『環境を変えて再出発』がハマる数少ないケースかもしれませんし、もう少し大人になればもう一段階上がっていく仔だと思いますので、ここから上手く転がるよう祈っています。

 
 
 
ノルマンディーファームに牧場見学に行かれているお仲間から、レイヴンキングさん去勢との報告が、、、(゜o゜;
詳細は明後日の北海道在厩馬の近況更新で報告があると思いますが、おっとり系のレイヴンさんの去勢は全く予期してませんでした^^;
ただ、これでクラブ側も長きにわたる現役生活を想定した上で腹を括ったであろうことはわかりましたので、ここでしっかり身体を治して末永く応援させてもらえたらなと思います。

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (2)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (1)

Comments