オンファサイトは最後の戦いへ

12/8(土)中山12R 3歳上500万下(芝1600m・混)へ出走したオンファサイトでしたが、果敢に先行するも直線失速し14着。
関東転厩初戦ではありましたが大きな変わり身を見せるには至りませんでした。

20181208 中山12R オンファサイト パドック

20181208 中山12R オンファサイト パドック



20181208 中山12R オンファサイト パドック

20181208 中山12R オンファサイト パドック



この中間しっかりと動かしてきましたが、それでも馬体重は+2kgと馬体維持には成功。
それでも腹回りはやはりスッキリしていてギリギリとも思える馬体。
チャカつくというところまではいかないまでも終始やや落ち着きを欠いていて、騎乗命令後跨った育也くんが口笛を吹きながら落ち着かせていたのが印象的でした。

レースではしっかり先行できて、後手を踏んでいたここ数戦からとは違って期待の持てる追走。
道中も無理なく追走できていたので、一瞬「ひょっとすると??」という思いもよぎりましたがそれも3コーナーまで。
4コーナー手前から鞍上の動きが激しくなり、直線に向いた直後に力尽きました。

・オンファサイト(2018.12.8 中山競馬場 馬体重:410kg)

★12/08(土)中山・3歳上500万下(芝1600m・混)木幡育也騎手 結果14着

「スタートも決まり無理せずに前につけられて、いい流れで進められたと思います。3、4コーナーでペースが速くなってからは追走に手一杯で苦しかったですね。ただ、条件さえ合えばもっとやれていいはずで、平坦なコースの1400m戦なんて良さそうに感じます」(木幡育也騎手)


今回、育也くんは注文通りの競馬をしたと思います。
その上での結果ですから責めるところは全く無いでしょう。
平坦コースで距離短縮は同意見です。
ヨシマサ師は新聞紙上等では「使いながら」とコメントしていますが、今回の結果からおそらく後1-2戦がヤマでしょう。
次走以降は1戦1戦が後がない最後の戦いになりそうです。




明日は中山4Rにレイヴンキングが出走します。
現在のところ2番人気。
最終的には5-6番人気で落ち着くとは思いますが、今回のメンバーならば掲示板はなんとかしないと今後厳しくなるかなという気もします。
今回は逃がすようなので、しっかりスタートを決めて最後まで粘り切ってもらいたいところです。
明日は現地で応援できませんが、お経が終わる頃には吉報が聞けますように、、、^^

20181209 中山4R@一口馬主DB

20181209 中山4R@一口馬主DB



そして明日は年に一度の懇親会です。
お会いできる方、よろしくお願いいたします。
新宿ヒルトンでボクと握手!

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(3)
  • 役に立った(1)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。