シュエットヌーベル×マジックマン

今週は愛馬2頭が出走予定。
先週の更新翌日、どちらかというとオンファサイトの特別戦の情報が欲しくて何気なく開いた週刊Gallopに衝撃の情報が^^


『鋭意調整中』の破壊力


ノルマンディーOC公式サイト上に上がった先週の近況更新では
“鞍上については、鋭意調整中です”
とされていたシュエットヌーベル。

Gallopの巻頭に東西4記者の夏競馬後半の期待馬という特集が組まれておりました。
そこに某記者の一番手としてシュエットさんが取り上げられていて「ま、前走内容からも次は狙い目なのは明白よね~」と納得感^^

シュエットヌーベル@Gallop

シュエットヌーベル@Gallop



記事内にもあるように終戦目前まで追い込まれた仔が、巻頭カラーページに取り上げられるなんて。。。
と感慨にふけりながら、ふと左上の一覧に目をやると、、、

シュエットヌーベル鞍上モレイラ

シュエットヌーベル鞍上モレイラ



出走予定レースのデータの最後に「=J・モレイラ騎手」の文字が。
思わず二度見・三度見してしまいましたw

先週更新時に「来週からモレイラも札幌参戦ですよ」とは書きましたが、それは半ばお約束みたいなもんで^^;
今回のレースは完全に勝負駆けとなるシュエットにとって、鞍上に西田JKを迎えられないのは大きなマイナス要因です。
先週も書いたように、シュエットにとっての西田はデムルメ以上です。
が、現状見渡すに(見渡さなくても)デムルメ以上の騎手はおおよそ見当たらないわけで、、、
おそらく羽月師も苦慮してるんだろうなと思ってました。
が、この時には既に概ね了解を得ていたんでしょうねぇ。。。
「鋭意調整中」という言葉の裏にはとんでもない破壊力の秘密兵器が隠れてたわけですね^^

例年、社台・ノーザン・吉田一族絡み及び堀厩舎とつながりの深い馬主や厩舎の馬が騎乗の中心で、日高系クラブの馬にモレイラが騎乗すること自体かなり少数です。
ノルマンディーOC所属馬としては今回が初騎乗になります。
そんな記念とも言える初騎乗にシュエットの名が刻まれるのも、重ねて胸アツ・感慨モノです。

今後来るであろう、モレイラ日本免許取得した際、ノルマンディーの仔たちに積極的に乗ってもらえるようにするためにも、ここはプレッシャーにもなりますが、シュエットにもしっかり応えて欲しいところです。
そして、西田が乗れない今回「これでダメなら仕方がない」と本気で思える騎手選択をしてくれた羽月師の大ファインプレーを讃えたいと思います。



今週の出走馬


・シュエットヌーベル(2018.7.26 札幌競馬場 馬体重:ーーーkg)

☆7/28(土)札幌・3歳上500万下(芝1200m・牝)J.モレイラ騎手

25日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロン71.4-55.7-41.4-12.8を単走で一杯に追い切りました。
「札幌競馬場へ到着後も体調面に変わりはなく、今週の出走に向けて、昨日25日(水)に最終追い切りをおこないました。併せ馬での稽古とは違い、単走だとあまりやる気が出ないようで、時計ほど動いてはいない印象ですが、引き続き順調。馬体もキープできており、いい状態でレースに臨めそうです。今回は牝馬限定戦のうえに降級馬はシュエットヌーベルだけ。強そうな相手はいますが、この馬自身も力を付けていますし、鞍上には今週から短期免許で来日している『マジックマン』こと、モレイラ騎手を迎えることができました。どのような競馬を見せてくれるのか、私も楽しみです」(羽月友彦調教師)


前述のように鞍上は『雷神』ジョアン・“マジックマン”・モレイラ。
来日初戦とかだと若干の不安も感じますが、当該レースは2レースの休憩を挟んで当日4レース目の騎乗。
ちょうどコースコンディションもつかめてきてフィットできる頃じゃないかと思います。
あとはしっかりシュエットについてのレクチャーを受けて、途中でレースを止めさせないように気をつけてくれさえすれば結果はついてくると思っています。
10頭と少頭数。
エルフィンS4着の3歳馬トロワゼトワルが現時点では強敵だと思いますが、現級勝ちがあるのはシュエットのみ。
おそらくモレイラ人気もあって、デビュー戦以来の1番人気になると思いますが、ここはきっちり決めてもらいましょう。



・オンファサイト(2018.7.26 札幌競馬場 馬体重:ーーーkg)

☆7/28(土)札幌・羊ヶ丘特別(芝1500m・混)菱田裕二騎手

25日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロンから併せ、69.0-53.5-38.9-13.1を直線強目に追い切りました。
「稽古からビシビシとやるタイプではないので、今週も余力を残すイメージでの追い切りです。先週も併せたパートナーに先着を許してはいるものの、オンファサイト自身はしっかりと体を使って動けていて好印象。体調も良くハリがあって、数字からの印象よりも見た目も充実してして、もう少し馬体重がほしいなと感じることはないと思います。早めに札幌に移動させた効果でしょうね。この良いコンディションで適性があると読んでいるコースでどれだけやれるか、期待を持って送り出します」(杉山晴紀調教師)


今回も焦点の馬体ですが、杉山師のコメントからは数字如何に関わらずここが現時点の適正馬体重ということになりそう。
距離を延ばしたほうが良いのでは?と思われていた中での距離短縮ということでペースにどれだけついていけるのかというところがカギになるかと思います。
ニュージランドT3着馬デルタバローズが抜けた存在になりそうですが、それ以外は抜けた存在もなく人気ほど差はないと考えています。
今までの杉山師のコメントを見返しても、今回は若干の色気を持っていそうな気配。
デビュー戦の時のようなノーマークでの一発があってもおかしくないのではと期待しています。

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(5)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。