HBAサマープレミアムセール&サマーセール2018

今年から2種類に分けて行われる事になったサマーセール。
初日をリザーブ方式の「プレミアム」として馬質に一定の担保を与えることになりましたが、上場馬に同程度影響があったのでしょうか?
ワタクシの予想としては落札価格の上昇が予想されるため、プレミアムはスルーするのではないかと思っていたノルマンディーOCでしたが、予想は見事に裏切られ4頭落札しました^^;
更に本日から始まった通常のサマーセールでも1頭落札してますのでザッと見てみたいと思います。



サマープレミアムセール2018


・マルデデルマの2017(父:クロフネ 母父:ワイルドラッシュ 牝 芦毛 落札価格864万円)

マルデデルマの2017

マルデデルマの2017



マルデデルマの2017の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。



シャンパンゴールドの毛色がとてもきれいな芦毛牝馬。
白くなっていくのがもったいない気がしますね^^
母9歳時の3番仔。
初仔でカジノドライブ産駒のデルマキュラソーは中央で3戦し3戦すべて二桁着順で早々に売却→地方転出しています。
その下のミリオンディスク産駒(!)のリトルガーデンはデビュー前と、まだ産駒に実績はありませんが、この牝系はなかなか魅力的。
母母クラシカルテーストからはファルコンS勝ち、NHKマイル2着のインパルスヒーロー、3代母のダイナクラシックからはイブキマイカグラ、4代母クリアアンバーまで遡ると名馬辞典のようになってしまいます。
その叔父にあたるインパルスヒーローは本馬と同じクロフネ産駒。
血統の相性的にはあっているということでしょうね。
セリ中に2度外に飛び出してしまう微笑ましい(?)場面がありましたが、これを気性の問題と捉えるか元気いっぱいと捉えるかは現段階では判断できないところでしょう。
馬体のバランスはよく、測尺をみても馬格はそれなりにありそう。
これにシークエル募集時のようなトモが備わってくればというところですね。
1500万前後の募集価格になるかと思いますが芦毛ということもあって募集されれば人気になりそうです。



・ニューコローラの2017(父:ディープブリランテ 母父:New Approach 牝 栗毛 落札価格561.6万円)

ニューコローラの2017

ニューコローラの2017



ニューコローラの2017の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。



またブリランテかぁと思ってしまいますが、ディープ×ガリレオの疑似配合になるそそられる人にはそそられる配合でしょうね。
牝系にはヨーロッパの活躍馬が名を連ねていて、最近はどちらかというとアメリカ血統の牝系が多いノルマンディーの中では比較的軽めの配合になるのかなと思います。
母ニューコローラは広尾で総額2200万で募集された一口馬で、厩舎は藤沢和雄厩舎なのでそれなりに見どころのある仔だったのかもしれませんが、未勝利タイムリミット近くの3歳8月にデビューし1戦のみで引退繁殖入り。
本馬は5歳時の初仔になります。
初仔とはいえ、現役生活は1戦のみ、更に引退後半年以上開けての種付ですのでコンディションは整った状態での受胎だったのではないかと思います。
筋量が豊富でバランスもよく、測尺では上記マルデデルマよりも一回り細い管囲ということになってますが、動画での見た目はこちらの方がトモ全体としてはがっしり見えます。
牝馬とあって安めの価格で落札してますが、ひょっとするとお買い得だったかも?と思わされてしまいます^^;



・ヤマノラヴの2017(父:スクリーンヒーロー 母父:アグネスデジタル 牡 栗毛 落札価格1620万円)

ヤマノラヴの2017

ヤマノラヴの2017



ヤマノラヴの2017の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。



先日の函館2歳Sで2着しジェスタウェイ旋風を確固たるものにしたラブミーファインの半弟にあたります。
本馬は残念ながらジャスタウェイ産駒ではありませんが^^;
父はスクリーンヒーローに変わりましたがスクリーンヒーローにも母系にサンデーがいるため、本馬もラブミーファイン同様サンデーサイレンスの3×4クロスが入っています。
母9歳時の3番仔で活力的には最もいい時期、現在活躍中のラブミーファインの半弟という血統的裏付けと好馬体とあって高額の落札価格も頷けます。
1歳馬ながら胸前の厚みはなかなかですね。
毛色を見てもスクリーンヒーローが強く出てるように見えますのでラブミーファインとは違ったタイプに出るとは思いますが、母がしっかり父の要素を伝えるタイプなのであればそれそれで楽しみはあるかと思います。
1620万円の落札価格ということで募集されればそれなりの高額募集(2200-2300万)になるはずですので、募集時点での成長度合いの見極めはしっかりしていきたいですね。



・ドゥオナー2017(父:タニノギムレット 母父:ダンスインザダーク 牡 鹿毛 落札価格702万円)

ドゥオナー2017

ドゥオナー2017



ドゥオナーの2017の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。



一昨年のサマーセールにて岡田スタッド名義で落札したクラブ馬ホマレの半弟。
今年はノルマンディー名義での落札なので当初から募集含みだと思われます。
暗黒世代と呼ばれるまでになってしまった2015年産のなかで、数少ない勝ち上がり馬の1頭ホマレの半弟かつシゲルコングの半弟ということである程度の計算ができると踏んでの購入でしょう。
ホマレ募集開始時には芝を匂わせながらも蓋を開ければやっぱりダートでした。
ホマレ募集時の所感にも書きましたがこの牝系の仔はまず例外なくダートに出ると思いますので、ダートで大物の出ていないギムレットとの配合は相性としてどうなのかな?というところはあります。
今後のホマレの活躍で見方も変わると思いますが、現状シゲルコングを見ているとどうも成長力にはかける様子。
それが果たして父系から来るものなのか牝系からくるものなのかという部分もしっかり見極めたいです。
落札価格もホマレのほぼ倍です。
それがそのまま期待値なのかというと時勢もあるのでそれもまたそのままでは受け取れないところだと思います。
動画で見ると、緩いですが踏み込みはしっかりしてます。



サマーセール2018(初日)


・ショウナンハトバの29(父:モンテロッソ 母父:フジキセキ 牡 青鹿毛 落札価格604.8万円)

ショウナンハトバの29

ショウナンハトバの29



ショウナンハトバの2017の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。



LEX名義と岡スタ名義での落札が多かったので、前述のように今日は落札しないだろうと思い油断してたら落札してましたw
プレミアムとは打って変わってノルマンディーらしい渋くて「らしい」血統。
本馬は母ショウナンハトバの5番仔になりますが、半兄たちの父のラインナップもなかなかです^^
7月に新馬勝ちしたすぐ上の兄パイロテクニクスの父パイロは別としても、その前は2年続けてストーミングホーム、その前の一番上のリッカキングに至っては超マイナー種牡馬のリッカバクシンオです。
配合相手を路線変更したパイロテクニクスがしっかり走ってますし、母ショウナンハトバも血統構成をよく見てみるとクロフネを経由しているもののゴールデンサッシュ≒サッカーボーイにフジキセキというタマモホットプレイやタマモベストプレイを排出したニックス配合にほど近く奥の有りそうな配合です。
何度も立ち上がるなどまだ幼い感じで、トモも少し頼りなく見えますが今後の成長次第では面白い感じになってくるのではないでしょうか。




2日間で5頭の落札。
まだあと3日残ってますが、まだ落札するんですかねぇ。。。
この様子だと今年も募集頭数は更に増えそうですね。
セールでバラエティに富んだ血統をラインナップに加えてくれるのはワクワク感はあるのですが、今年はできれば岡田スタッド産に力を入れてもらいたいところ。
個人的には今年は岡田スタッド産に少頭数の出資で勝負したいと思っているのですが、こうやって見ていくとセール馬にもやはり惹かれてしまうものもあってなかなか難しいですww

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(12)
  • 役に立った(5)
  • 興味深い(5)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。