1次先行ポチ確定&2歳馬近況

2017年産1次先行募集申し込み


これまで机上にあげてきた仔を中心に、様々な角度から検討を行いました^^
そこに先週末のノルマンディー募集馬見学ツアーに参加された方々から頂いた情報を加味して、1次募集確定しました。
先日のキョウエイハツラツの17に続いて申し込みをしたのは

ハッピーダイアリーの17

ハッピーダイアリーの17



当初の予定通り、ハッピーダイアリーの17
この仔に関しては(全馬そうといえばそうだけど、、、)ネガティブ要素が結構あって迷うところではあるわけですが、ツアーでのウォーキング映像を拝見させて頂いたときに、募集動画ほど重苦しさを感じなかったのが決め手になりました。
ノルマンディー×ハービンジャーなんて不安要素しかないだろとおっしゃる方も多数いらっしゃるのは承知しておりますしワタクシもその一人といえばその一人ではありますが、あえてそういうところに人柱として凸るのがアイデンティティーでございましてw
思えば、ワタクシの出資馬の歴史はキムテツ厩舎や激安ハーツなど人柱の歴史でもあります^^
ここでまた一つ歴史が刻まれるのでしょうか、、、

当初方針として1次は岡スタ産牡牝1頭ずつと決めてますので、一応これで終了です(またハズレ一位探しとかないと、、、)。
流れとしては何となく抽選にはならないのかな?という雲行きにはなってそうですが、おそらく明日あるであろう中間発表を注目したいと思います。



2歳(北海道在厩)馬近況


・ラヴィブリランテ(2018.10.15 ノルマンディーファーム 馬体重:ーーーkg)

現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。
この中間も引き続きトレッドミルでダク2000mのメニューをおこなっており、念のため、その後の水冷も継続しています。
脚元の状態は安定していますし、徐々に体力も戻ってきたようで、調教後も煩いくらいに元気一杯。
この分なら、もう一段階ステップアップしても良さそうです。


この半月の間に続々と在厩場所が変わっていって、あっという間に北海道に残るはラヴィブリさん1頭になってしまいました。
一応安定はしているようですが、水冷を継続していることからもわかるように変わらず爆弾はくすぶり続けていると見ていいと思います。
このまま固まってくれればなんとか未勝利戦のある間には間に合いそうですが、再度何かがあるようだとセルヴァパターンも覚悟になりますね。
いずれにしてもブリランテ産駒には致命的とも言える遅れになってしまっているので、ここまで遅れてしまったのなら初戦から勝ち負けできるくらいまでじっくり作ってから出さないとデビュー即終了になってしまいます。
難しい舵取りになるとは思いますが、慌てずじっくりでお願いしたいと思います。

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(6)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。