本日の結果と愛馬近況

20180309 中山3R ラヴィブリランテ_パドック1(写真提供@しらとりさん) チーム近況

今日は中山でラヴィブリランテのデビュー戦、中京でオンファサイトの8戦目が行われました。
ラヴィブリランテは満を持してのデビュー、オンファサイトも変わり身に期待と、大きさは違えどどちらもある程度の期待を持ってのレースでしたが明暗の分かれる結果に。

本日のレース結果

ラヴィブリランテはデビュー戦3着

様々な紆余曲折ありながらようやく迎えたデビュー戦。
2週前の調教から専門誌・紙の評価も高く、予定していたルメールは騎乗停止により乗れなかったものの、それでも鞍上に田辺を据えるなど盤石の体制から初出走馬にして3番人気。
実は今回久しぶりに口取りを取れず、それであればとちょっとした験担ぎを試してみようと中山には行かずに家でTV観戦。
画面を通して見るパドックではまだ少し太さも緩さも感じましたが、馬体のバランスはかなりよく見えました。

20180309 中山3R ラヴィブリランテ_パドック(写真提供@しらとりさん)

20180309 中山3R ラヴィブリランテ_パドック(写真提供@しらとりさん)

スタートで若干後手を踏みましたが、芝部分では軽快なスピードを見せ、何とか中団のやや前まで出すことができました。
3コーナー手前からおっつけながら進出。
4コーナーでまくると一気に3番手まで。
スタートから先行していた前2頭が止まらず差は縮まりませんでしたが、後続は振り切り3着で入線。

20190309 中山3R ラヴィブリランテ

20190309 中山3R ラヴィブリランテ

ノルマンディーOC公式サイトに上がったレース後コメント。

・ラヴィブリランテ(2019.3.9:中山競馬場 馬体重:470kg)

★3/09(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m)田辺裕信騎手 結果3着

「経験馬相手でしたし、さすがに前半は短距離の流れにも戸惑っていた。性格がいいし、スッと反応もできていて、実戦慣れしてくればすぐチャンスはあるんじゃないでしょうか。一度使ってカーッとならなければ、距離を延ばしてみてもいいと思います」(田辺裕信騎手)

コメントにもあるように前半は追走にやや手間取りましたので、距離はもう少しあったほうが良さそう。
加えて、スタート時の様子からはやはり本質的には芝のほうが良さそうです。
現状は脚元に不安が残っているので、しばらくはダートでということになるかと思いますが、芝を使えるようになれば本領発揮ということになりそうです。
権利は取りましたので反動がなければ続戦になるでしょう。
中山では距離を延ばすと一気に千八になってしまうので、中京の千四を使うことになるのではないかと思います。

 
 

オンファサイトは今回も大敗

厩舎コメントから大幅な馬体増をイメージしていましたが蓋を開けてみれば420kg。
前走比較では+10kgではありますが、パドック映像で見る限りやはりまだ細かったです。
勝手に440kg前後で出走できるものと思ってしまっていたので、そのギャップにはちょっと萎えました^^;
パドックでは今まであまり見たことのないうるささを見せてましたので、逆に考えると少しレースに気持ちが入るようになったのかなとは思います。

レースではスタートが決まって2番手追走。
リズムよく運ぶことができて、これまでのように3コーナー手前で馬群に飲み込まれるようなことはなく、4コーナーでは先頭に並びかける場面も。
直線に向いた辺りでは手応えも残っていたので「ひょっとして!?」と思えるところはありました。

20190309 中京8R オンファサイト

20190309 中京8R オンファサイト

しかし、残り150でガス欠。
これはやはり馬体に余力がないぶん、ここぞというところでの踏ん張りが効かないのかなという印象です。
デビュー戦では横に並ばれても抜かせない勝負根性が見えました。
今日のレース運びなら同じような形になるかと思えましたが。。。

以下、ノルマンディーOC公式サイトに上がったレース後コメント。

・オンファサイト(2019.3.9:中京競馬場 馬体重:420kg)

★3/09(土)中京・4歳上500万下(芝1600m・牝)西村淳也騎手 結果11着

「テンションの高さは感じられましたが、想定の範囲内というかコントロールは利きますね。馬の後ろに入れてあげれば問題ありません。距離はつめてあげた方がいいと思います。1400、もしかすると1200でもいいかもしれませんね」(西村淳也騎手)

西村くんはそつなく乗ってくれたと思います。
今日の感じだと距離を短縮すればスタミナ切れは防げるのかもしれませんが、ペースも違うのでそう単純でもないでしょう。
テンに置かれればジ・エンドです。
ただ現状活路を見出すのはそれしかないのかもしれません。
多少の見どころがあった今日のレースから、今のノルマンディー4歳馬の状況を考えると勝ち上がっている馬が少ない分、今回で終了ということはなくなったかと思います。
それでも1戦1戦が背水の陣であることに変わりはありません。
結局のところこのまま進めていくほかないのかもしれないですね。

 
 

愛馬近況更新(2019.3.8)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて近況の更新がありました。

5歳馬

・シュエットヌーベル(2019.3.8 栗東トレセン:羽月友彦厩舎 馬体重:ーーーkg)

7日(木)に坂路コースで4ハロン55.8-39.8-25.8-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。
「昨日の坂路は馬場が重たかったのですが、まだ速いタイムを出すつもりはなく、馬ナリで軽く追い切った程度。ですから、時計を気にする必要はありませんし、状態面は変わりなく馬は元気ですよ。次走については、来週の追い切りの動き次第で決めようと考えています」(羽月友彦調教師)

一応明日の特別登録はすると思いますが本線は中京ですかね。
おそらく西田次第になるのかと思いますが、そうなると当然中京のほうが可能性高いですからね。
東京でも新潟でも勝ってますし左回りは問題ありませんが、前回の中京での大敗からもやはり鞍上が重要になると思います。

 
 

3歳馬

・レイヴンキング(2019.3.8 松風馬事センター 馬体重:527kg)

「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から騎乗を再開。乗ってから左トモに若干硬さが感じられるものの、後半になればほぐれてきますし、日を追ってなじんでました。恐らくレースの疲れによるもので、時間経過に応じて解消してくるでしょう。今は通常メニューに移行しています。見栄えのする好馬体の持ち主ですが、まだトモに緩さが残っている印象。その辺が払拭されればもっと走れるはずです。なお、1回福島開催(4/06~)を目標に、早ければ来週か再来週にも帰厩の予定。乗り固めるイメージで入念に乗り込みつつ、送り出しに向けて態勢を整えていきます」(担当者)

早くも帰厩の模様。
できればもう少し松風で見てもらいたいところもありますが、、、^^;
どちらかというと実戦で下半身を強化していくイメージを持っていそうです。
ただ裏開催の福島を使う以上は結果を求められます。
その辺のバランスはしっかりとってほしいです。

 
 
・フェアリースキップ(2019.3.8 美浦トレセン:林徹厩舎 馬体重:ーーーkg)

7日(木)にWコースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、54.1-39.2-13.2を強目に追い切りました。
「土曜日に小倉競馬場を出発して、翌朝美浦に無事到着しました。長時間輸送でしたのでさすがに体は減って少し寂しく映るものの、精神的にはそれほどイライラしておらず、こちらでもしっかり飼い葉を食べてくれています。昨日の追い切りでも、重い馬場のウッドチップをしっかりした脚取りで動けていましたよ。芝の短い距離を使うにはそれなりに節が必要ですし、中山ダ1200m戦も視野に入れつつ、次走は地方交流競走への申し込みを本線とさせてください。出走頭数やメンバーのレベルなどから、よりチャンスは大きいと考えられます」(林徹調教師)

地方交流の予定が出たのが先週半ばでした。
にもかかわらずどちらの主導か定かではありませんが今週の想定に入っていたり相変わらずドタバタしてる印象でしたが、これで方針は固まった感じですかね。
今の登録状況では地方選出を願うしかないでしょう。
選ばれないリスクも考慮するとその分調整は難しくなると思いますが。
ここは腹くくって腰を据えてやっていくしかないです。

 
 
・アーブルルージュ(2019.3.8 美浦トレセン:菊沢隆徳厩舎 馬体重:ーーーkg)

6日(水)にWコースで6ハロンから併せ、87.4-71.1-56.3-41.5-14.2を馬ナリに追い切りました。
「水曜日は自身で跨って、ウッドチップで長目からの追い切りを消化。前半は少しフォームにバラつきがあったものの、体力がだいぶ備わっていて感触も悪くありません。芝のマイルくらいの距離で、ちゃんと終いに脚を使えそうなタイプだと思います。課題が残るのは精神面の幼さで、マリアズハートが最初ウチに入ってきた時も同じような感じでしたが、気持ちばかりが焦ってしまっていて空回りが目につく。もう少し落ち着いて稽古にも臨めるよう、そこは修正していきたいですね。若干ソエもくすぶっているため、馬場コンディションの悪かった今週はゲート練習を行いませんでした。精神的に煮詰め過ぎず、また来週試験を受ける予定です」(菊沢隆徳調教師)

今週はゲート試験を受けなかったようですね。
まだタイムも出せるような状態にはなさそうなので、しばらくはじっくりいく感じですね。
ゲート試験を通って、少し調教内容に変化があればあっという間にガラッと変わってくるのではないでしょうか。
ここまできたら焦っても仕方ないですし、まだタイムアップを気にするところまではいかないので菊沢師ならなんとかしてくれるでしょう。

 
 
・ガルラバン(2019.3.8 美浦トレセン:小西一男厩舎 馬体重:ーーーkg)

★3/02(土)中山・3歳新馬(ダ1800m)田辺裕信騎手 結果11着

「ペースが遅いと感じて、鞍上も途中から仕掛けていく構えだったよう。ただ、終始フワフワしていてハミを取らず、思いのほかスムーズな推進が見られませんでした。体つきにまだ余裕が残っていたのも、原因のひとつと考えています。レース後もダメージはなく、元気いっぱいの様子ですし、このまま在厩でどんどん実戦を使っていきましょう。使いつつ良くなってくるタイプに映るので、変わっていい馬だと思いますよ」(小西一男調教師)

続戦のようです。
“このまま在厩でどんどん実戦を使っていきましょう”という姿勢は良いですね^^
多分まだまだ絞らないといけないので、一杯の調教でも絞れない以上は実戦で落としていくしかないでしょう。
使い続けていけば必ず変わってくるはずです。
次走ではまだ難しいかもしれませんが、3戦目辺りではガラッと一変があるかもしれないと思っています。

 
 
ここまでバタバタし続けたラヴィブリランテは今日の3着でようやく負のスパイラルから抜けられるかもしれないですね。
ここまでなんとなくすべてが裏目に出てしまっていた印象で、そんなことも考えながら自分でもいつもと違う動きをしてみようという意味での験担ぎが今日の自宅観戦でした^^
ですが、これで『ワタクシが行くから勝てない』という訳ではないことがわかりましたので、これからはまた心置きなく競馬場へ行かせていただきますw

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (5)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (0)

Comments