愛馬近況更新(2020.9.11)

チーム近況
この記事は約9分で読めます。

金曜日にノルマンディーOC公式サイトに上がった近況です。
アイルビーザワンのデビュー戦予定に加え、ワザモノも帰厩。
アコルダール(ピンキーカフェの18)も入厩間近となり、2歳馬の陣容も徐々に整いつつあるようです。

6歳馬

・シュエットヌーベル(2020.9.11 美浦トレセン:小西一男厩舎 馬体重:ーーーkg)

★9/05(土)札幌・日高ステークス(芝1500m・混)亀田温心騎手 結果9着

「今回は弾けませんでしたね。直線で前をカットされる不利はあったものの、それがなくても上位には来られなかったと思いますし、このクラスで好勝負をするには展開などの助けが欲しいところですね。レース後も異常はなく、8日(火)に札幌競馬場を出発し、翌日に無事にトレセンに到着しています。今日も軽く乗っていますが、大きな疲れも見られないですし、この後は10/11(日)新潟・北陸ステークス(芝1200m・混ハンデ)を目標とすることに。ハンデは軽くなるでしょうし、またいい走りができるように仕上げていきたいところ。レースまでまだ1ヵ月以上あるので、明日まで様子を見てみて、もしかしたら短期で一旦放牧に出すかもしれません」(小西一男調教師)

やはり千二専用機になりそうな予感ですね。
どうやってもわかってもらえなさそうなので諦めるしかなさそうです。
まぁ、本来なら既に引退している身ですし、残り半年走らせてもらえるだけでも感謝しかないので、やいのやいの言う筋合いもないのですが、それでも原因も対処法も方向性も大半の出資者はわかってることなので歯がゆいですし難しいところです。

 
 
 

4歳馬

・レイヴンキング(2020.9.11 松風馬事センター 馬体重:ーーーkg)

★9/05(土)新潟・障害3歳上未勝利(芝2850m・混)金子光希騎手 結果2着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、9日(水)に移動しました。

「入障してから7戦とも掲示板を外していませんし、レイヴンさん自身は毎回頑張ってくれているんですけどね…。前走負けた相手(コウユーホクト)が先週OPでも連勝していたように、ここ数戦は組み合わせが少々悪かったというのもあると思います。追ってから抵抗する面も徐々に解消してきていますので、まともならチャンスは近いはずです。レース後は左前球節と背腰に強い張りが感じられるため、この中山開催はパスさせてもらいます。一旦近郊で疲労を取り除いてやって、4回新潟開催(10/10~)目標にと考えています」(尾形和幸調教師)

2-3週間と短い間ですが一息入れられそうです。
既に次は新潟と明言されているので、ほんとに一息って感じですね^^;
前走後も無事に過ごせていることで体質面の強化も感じられますし、障害未勝利を勝ち上がった後は平地も視野に入れてもらいたいです。

 
 
 

3歳馬

ステラディウス(2020.9.11 ブルーステーブル 馬体重:490kg)

9日(水)にブルーステーブルに移動しました。
また、転入先は盛岡・橘友和(タチバナトモカズ)厩舎に決定いたしましたので、お知らせします。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動をおこなっています。使ったなりの疲れが多少感じられ、腰もいくらかダメージがある状態ですが、大きな問題はありません。ただ、馬体は前回いいイメージで送り出した時より良くなっていますし、まだ上積みがありそう。今のところ大丈夫そうですが、左前深管部をケアしながら、送り出しに向けて態勢を整えていきます」(担当者)

先日の臨時更新で地方での現役継続が発表され一旦外厩へ。
前回入厩時より更に良くなってるとのことなので、まともなら年内には戻れそうかなという期待は持てます。
毛色もまだ黒く、競走馬としての完成はまだまだ先のように思いますので、ここでしっかり2つ勝ちきって末永い現役生活を送ってもらいたいと思います。

 
 
・サンメディル(2020.9.11 盛岡競馬場:櫻田康二厩舎 馬体重:ーーーkg)

「この中間はダク1600m、ハロン16~20秒ペースのキャンター1600mというメニューで調整しています。馬体重の数字そのものは490kg前後と立派なものですが、フレームの割に細身に映りますので、飼い葉をしっかりと与え、なるべくプラス体重で本番に臨めるように意識して乗り込みを図っています。こちらのローテーションでは、使い出しとしてはそのくらいがちょうどいいですからね。まだまだ手探りな状況ではあるものの、早速ですが7回盛岡開催(9/20~))での出走を予定しましょう」(櫻田康二調教師)

先週の言及通り来週末からの盛岡開催で復帰です。
フレームの割に細く映るというのは以前にも言われたことがあったような気がします。
要はまだ完全に実が入ってないということでしょう。
コメントからはもし2-3でダメでも数を使って何とか勝ち上がらせようという気概も見受けられますが、できればポンポンと2連勝で終えてほしいですね^^;
持っているポテンシャルから考えればそう難しいことではないと思うので、とにかく順調にレースを迎えてほしいと思います。

 
 
 

2歳馬

・アイルビーザワン(2020.9.11 美浦トレセン:田島俊明厩舎 馬体重:ーーーkg)

9日(水)にWコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、68.7-54.4-40.8-14.2をゴール前仕掛けて追い切りました。
「今週も三頭併せで前にいる相手を追いかける形をとっています。最後は促す形となりましたが、私としては13秒台ではないかという印象を受けました。ストライドや走りそのものはいいものがありますので、調教、経験を積んでトモの緩さが解消されパワーアップしてくればと思います。それには時間を要すかもしれませんが、1回1回の調教だったりが刺激となり成長を促せていけるはずです」(田島俊明調教師)

なかなかタイムが出ませんが、馬自体は順調そうです。
今週も戸崎が調教をつけてくれているのも心強いですね。
あと2週ですが、そこまでになにか一つきっかけがあれば調教でもタイムが出るようになるのではないかと思ってますので、今のところ心配はしてないです。
デビューまでに戸崎といっぱい仲良くなってください^^

 
 
・ワザモノ(2020.9.11 美浦トレセン:尾関知人厩舎 馬体重:ーーーkg)

須藤ステーブルで調整され、本日9日(水)に帰厩しました。

「2回中山開催後半(9/26~)でのデビューを目標にこちらに戻させていただきました。帰厩翌日の9/10(木)から坂路入りしており、今日9/11(金)には4ハロン68.7-50.8-34.6-17.8の時計で元気に駆け上がっています。放牧前より力強くしっかりと動けるようになってきた印象を受けていますし、前向きな雰囲気を保っていますので、このまま一気に流れに乗れそうですね」(尾関知人調教師)

帰厩しました^^
既にゲートは受かっているので、ここからは本格的にデビューに向かうことになります。
今週から時計を出すはずなので、その様子で具体的なスケジュールが決まるでしょう。
短いところのほうが良さそうなので、10/3.4の芝1,200辺りが候補になりますかね。
尾関厩舎の新馬戦騎手起用TOP3はバシシュー、デムーロ、ノリさんです。
この辺りのジョッキーに乗ってもらえると激アツですね。

 
 
・ルムロン(2020.9.11 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:501kg)

現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。
もう疝痛の影響はありませんし、右トモ飛節の腫れは完全には引いていないものの、痛みはなさそうで歩様も問題ないことから、7日(月)より騎乗を再開しました。
休ませていたこともあり、背腰からトモにかけてはまだ力強さに欠ける印象です。
しばらくはジックリ乗り込み、体力や筋力強化を図っていきます。

我チーム2歳馬6頭の中で最も遅れている組になってしまいましたが、馬体の感じを見ているとしっかり乗り込む事ができればガラッと変わりそうな気配は感じます。
年内の新馬戦期間に間に合うかどうか微妙な感じにはなってきましたが、11月12月の新馬戦が大混雑しそうな時期よりは少し遅れて未勝利デビューくらいのほうが良さそうな気もしますので、まずはじっくり乗り込んで少しずつ遅れを取り戻してもらえればと思います。

 
 
・エストラテーガ(2020.9.11 松風馬事センター 馬体重:510kg)

「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。速いところを織り交ぜながら乗り込んでいますが、脚元は安定しています。順調に乗り込みを消化できていますよ。引き続きゲート練習もおこなっていて、もう合格レベルにあると思いますが、欲を言うと発馬の俊敏性がもう少しといった感じ。来週あたりには入厩になると思うので、念には念を入れて準備しておきます」(担当者)

3頭目の入厩になりそうですね。
松風さんが作ってくれているので、おそらくすぐにゲート~デビューという形になるのではないでしょうか。
派手さはないものの誰もがニヤリとしてしまう血統構成で楽しみは大きいです。
幸いにもここまで脚元にも気性面も全く問題ないようなので、クロスの宝庫がいい方向に出てくれるのではないかと期待しています。

 
 
・アコルダール(2020.9.11 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:436kg)

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。
今週も調教内容にメリハリをつけることを意識しながら進めています。
追い切りも継続しており、バランスを崩すことなく登坂。ただ、思ったより馬体がパンとしてこないあたり、やや疲れがあるのかもしれません。
馬体の成長にもう少し時間が掛かりそうなので、馬の調子などをしっかり確認しながら進めていきたいと思います。

アコルダール(ピンキーカフェの18) 20200908小野町

先日調教動画が上がりました。
コメントでは少し不安を感じる部分もありますが、調教胴がを見る限りではなかなかいい走りをしています。
肉体面、体力面が伴ってくればそこそこやれるのではないかという感じがしますね。
併せ馬で勝負根性なども確認してみたいです。

 
 
・ストームイメージの18(2020.9.11 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:440kg)

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。
先週に引き続き、15-15を織り交ぜながら調教を進めています。
追い切り後も飼い葉食いは問題ありませんし、徐々に馬体も締まってきた印象。
ハミを受ける位置についてはまだ理想とは言えないものの、以前より手前を替えるのがスムーズになってきた点は好感が持てます。

大分良化していそうなので、もう入厩になるのではないかと思います。
ただ、馬名がいまだ登録されないんですよね。
もちろん、馬名決定前でも入厩には問題ないのですが、これまでのノルマンディーの流れを見ると、名前が決まるまで入厩させないような感じがしてます。
何が起きているのか知るよしもありませんが、なにかイレギュラーなことが起こっていると見て間違いなさそうです。
大騒ぎするようなことではないですが、たかが馬名、されど馬名。
おそらく明日明後日には登録されるものと思いますが、早いとこスッキリと入厩させてもらいたいものです。

Comments

タイトルとURLをコピーしました