愛馬近況とNOCまとめ

今週もノルマンディーOC公式サイトに近況が上がりました。
今週は一週間色々と大変な週でした。
MY愛馬が関わることは一つもありませんでしたが、それでも身につまされる思いもあります。
とりあえず近況から。

3歳馬


・シュエットヌーベル(2017.8.4 :松風馬事センター 馬体重:ーーーkg)

★7/29(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m・牝)丸田恭介騎手 結果10着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、2日(水)に移動しました。

「スタートでやや出負けして挟まれるような格好となり、前半のポジションを悪くしてしまいました。前が残る展開でしたし、直線を向いてジリジリ伸びてきてはいるものの、追い出してから他馬に気を遣っているためかまだ反応がひと息。それでも砂を被って前ほど怯むことはなくなっているので、もう少し前めで運べるようになれば500万クラスでも十分通用するはずです。レース後は左前を起点に歩様が硬く、首に強い張りも感じられるため、近郊に一旦出させてもらいます。次走は4回中山開催(9/9~)を目標としますが、これまで騎乗した丸田・大野の両名から『弾むようなフットワークで芝もこなせそう』と進言を受けましたので、番組選択は柔軟に対応していくつもりです」(伊藤圭三調教師)

一戦のみで一旦放牧ですね。
節が足りないのかな。
この感じだと次走は芝になりそうです。
芝を使うなら一度北海道で洋芝を試してほしいとは思いますが。。。
芝で下ろしたスマファル産駒が結局ダメで、ダート替わりで穴を開けるパターンはちょこちょこ見ますが逆はどうなんでしょうねぇ。
芝スタートでのいい印象はありませんが、成長した今はどうなるんでしょう。
楽しみではあります^^



・ダイバージェント(2017.8.4 美浦トレセン:堀井雅広厩舎 馬体重:ーーーkg)

「脚元の状態を慎重に確認しながら進めていますが、歩様も悪くありませんし、いまのところ特に問題なさそうですよ。やれば仕上げにそう時間のかかるタイプではないものの、まだ息遣いが本物ではありませんので、あとは乗り込んでいってどこを使えるかになるでしょう。これまでの成績が示すように、一発勝負でチャンスをモノにできる確率が高いのは芝短距離戦。8/26(土)新潟・3歳未勝利(芝1200m・混)もしくは9/02(土)の同(芝1000m)を狙い撃ちします」(堀井雅広調教師)

今週半ばに次走予定が上がっていましたが、8/26の千二もしくは9/2の千直へ正式にいくようです。
時間的に余裕がある前走直後は千直を試してほしいと思っていましたが、一発勝負(あるいは権利を取ってスーパー未勝利)の今回であれば、確実性を取って千二なのかなぁ。
この仔に関してはここで余程の大敗を喫しなければ、地方出戻りを目指すと思います。
クラブとしても制度の適用例が欲しいところだと思いますし。
とはいえ、中央で勝ち上がるに越したことはないと思いますので、なんとか3週で作ってもらいたいと思っています。



2歳馬


・セルヴァ(2017.8.4 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:487kg)

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペースのメニューで調整中です。
どうも左手前のキャンターがぎこちなく、乗り手が強く促してようやく手前を替えている現状。
ほとんど右手前だけで走っているので、体のバランスがあまり良くない印象です。
その辺を改善するためにトモを強化すべく、この中間から坂路の本数を増やして乗り込みを強化しています。
当面の間はフォームの矯正に重きを置いて調整を進めていくつもりです。

ダイエットは順調に進んでるようですが、ここで新たな課題です。
手前を変えるのが下手な馬は一杯いますが、身体のバランスが崩れてるのは良くないですね。
ポテンシャルはかなりのものを秘めているはずですので、そのポテンシャルを最大限引き出すフレームは重要かと思います。
ここは小野町のスタッフに委ねるしかなさそうです。



・オンファサイト(2017.8.4 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:453kg)

現在は馬場2周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整中です。
坂路では抑えが利かずガムシャラに走ってしまう感じ。
どうもハミ受けが今ひとつのようで、この中間からハミを替えて修正に努めています。
結果的に頭が高くなって上に行ってしまうだけに、ハミ受けを修正して下で我慢できるようにフォームを矯正できれば、いい方に変わってくるでしょう。

こちらはハミ受け。
確かに、募集開始直後の調教動画では頭も低くスピードを感じさせる動きで、あの動画を見て出資を決めた方も多いと思います。
それが6月の動画では明らかに頭が高くなっていて、首は使えているものの動き自体は平凡になっていたので不安はありました。
その辺を修正して、また以前のような動きが見られるなら、ここはしっかり修正していただきたいと思います。



ノルマンディーまとめ

今週は週頭から様々な話題が。。。

火曜日には先週の競馬で大敗を喫したハニーロコガールの引退。
8戦使われた中で、内4戦で菜七子が手綱を取るなどクラブ内でも人気のあった仔でした。
木曜のサラブレッドオークションでは97万で売却。
今回は落札者名から馬主さんを調べることが出来ませんでした。
いつものプロ系馬主ではなく、違う馬主さんに落札されたことにホッとすると同時に、落札金額からももしかしたらこの仔に出資してた地方資格持ちの出資者の方が落としたのかなと思ったりもします。


水曜日には2頭の臨時更新。
いずれも今週出走予定だった仔の取りやめに関する話題。
ブランメジェールは馬券でも勝負だと思っていただけに残念。。。
更にこちらも先週大敗を喫したテイルインジエアー引退。
一縷の望みを賭けた障害挑戦も、勝馬からおよそ12秒離された負け方にギブアップ。
ジャンポケ×サンデーの良血で一度はかなり前向きに出資を検討した仔でした。
オークションでは69万円。
落札したのは三岡有香氏という佐賀競馬の馬主さんの模様。
2ヶ月後くらいには佐賀競馬で見られそうです。
夜には北海道所属の2歳馬ペキノワのデビュー勝ちの報で少し明るい話題が。
昨年のローズジュレップに比べると一枚落ちるとは思いますが、そんな評を覆す活躍を期待しています。


木曜日にも臨時更新。
前日にケガの報が上がったハリウッドレーヴに関する再度の臨時更新。
浅屈腱炎による引退が発表されました。
前走後一旦は浜中鞍上で勝負に行くところが、そこからバタバタし出走が伸び伸びになり最終的には引退ということに。
ケガが治り次第、受け入れてくれる乗馬クラブを探してくれるということで一安心です。


そして金曜日。
新馬戦で2着に入りいずれは勝ち上がるだろうと思われていたヒノアカツキ
前走後謎の発熱からおよそ一ヶ月。
蹄葉炎を発症し安楽死処分。
最悪の結果になってしまいました。
昨年末のデビューから5戦。
跨った鞍上は田辺、北村、ルメールと、期待の度合いが伺える仔でした。
出資者の皆様にお見舞いを申し上げると共に、同馬のご冥福をお祈り申し上げます。


とにかく気持ちの萎える一週間でした。
競走馬の過酷な運命を改めて思い知らされました。
数百分の1とはいえ、そうした彼ら彼女らの運命をしっかり受け止めながら一喜一憂出来ることも醍醐味の一つなのかもしれませんが、やはり暗い話題は堪えますね。。。




そんな中、2歳馬の調教動画も上がってきました。


・セルヴァ

先週末に上がっていましたが、確かにコメントにあるように右手前。
動き自体は相変わらず首をしっかり使っていて軽快です。


・ロワセレスト


併せ馬の状態から手綱をしごくとグッと加速し、隣のアインツェルカンプをあっという間に千切っています。
アインツェルカンプ自体も「根性があって他馬と並ぶと前に出ようとする」「パワーがある」とそれなりに良い評価が並んでる仔です。
これは期待するなという方が無理というものでしょう。
この仔に出資した時に、「この仔の出資の成否はクラシック路線に乗るか乗らないか」と書きました。
あながち夢物語でもないような気がしてしてきましたね^^
デビュー前は誰もがみんなダービー馬だからいくらでも夢見て良いのですw



最後だけちょっと楽しい話題でした。
来週以降も引退の話題が出てくるのは避けて通れないとは思います。
なんとか1頭でも少なくなるよう、がんばって勝ち上がってほしいと願っております。
今週は長文になってしまいましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(6)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。