先週の結果と愛馬近況

チーム近況

先週はウィルビーハッピーがデビュー2戦目で惨敗、、、orz…
また連敗記録が伸びました。。。
週末に更新された近況ではサンメディルの入厩がアナウンスされるなど明るい材料もありますが、このトンネルはどこまで続くのでしょう、、、

ウィルビーハッピーは惨敗

先週29日中山1R2歳未勝利(ダート1,800m)に出走したウィルビーハッピーは16頭立て15着と惨敗に終わりました。
まだ2戦目ですし悲観する必要はないと思いますが、方針含めて立て直しは必要ですね。
ノルマンディーOC公式サイトに上がったレーズ後コメント。

・ウィルビーハッピー(2019.9.29 中山競馬場 馬体重:470kg)

★9/29(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果15着

「ワンペースなのでメリハリをきかそうと。スタートがいまひとつだったので、多少でも脚を溜めたかったのですが。行きたがって、制御が厳しかったですね。走りや脚質からは芝よりもダートだと思いますが、いずれにしてももう少し常識にかかってくれないと。能力はあるはずで、現状ではそれが本番で上手く発揮できない現状。平坦コースなど条件を替えて色々と試行錯誤していくうちに、結果につながってくると思います」(大野拓弥騎手)

馬体は+2kgといっても前走より明らかに締まっていていい状態に見えました。
パドックの気配もよく見えたのですが。。。
今回の大野のレース後コメントには若干不満が残ります。
行き脚こそ付きませんでしたがスタート自体は良くはないものの悪くもありませんでしたし、ワンペースの馬だからこそそのまま行かせるべきだったのでは?と思います。
案の定1コーナー辺りでかかってしまって無理に抑えたので頭も上がってしまってます。
それでも向こう正面で上がっていく時はスムーズですし3コーナーでも反応は良いです。
この辺を取ってまだダートと言うんでしょうが、前走の芝のほうが更にスムーズではありました。
大野JKは嫌いな騎手ではないですしむしろ信頼感は持ってるんですが、ことウィルビーハッピーに関しては手が合わないのかなぁと思います。
陣営には次戦では条件も鞍上も熟考して頂けると嬉しいですね。

 
 
 

愛馬近況更新(2019.9.27-30)

先週末から月末にかけて全頭近況の更新がありました。
レース同様、近況もなかなかうまい具合には上がってきませんねぇ。。。

5歳馬

・シュエットヌーベル(2019.9.27 松風馬事センター 馬体重:480kg)

今後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整を進めていくことになり、明日28日(土)に移動予定です。

「現在は20~30分程度のロンジング運動にとどめています。2年ぶりに見ましたが、以前のか細いところがなくなり成長が感じられますね。ただ、左前肢、右トモに硬緩さがあり、両首にも硬さが残っていたので、23日(月)まではウォーキングマシンの運動にとどめて様子を見て、25日(水)に硬さが見られる箇所に筋肉注射を打っています。今日は大分いい感じになってきたので、このまま進めていけそうです。明日移動とのことですが、こちらでは最低限やれることをやれたと思います」(担当者)

ホントに一瞬の松風滞在でしたね。
馬体も480まで戻ってますし、この2ヶ月は良いリフレッシュになったんじゃないかと思います。
このあとは順調にいっても残り3-4戦というところだと思います。
最後はみんなが笑って終われるよう、やれることは全てやってほしいと思います。

 
 
 

3歳馬

・レイヴンキング(2019.9.30 オカダスタッド 馬体重:518kg)

レイヴンキング_20190930

現在は夜間放牧をおこなっています。
担当者は「去勢をするとホルモンバランスの関係もあり、一旦萎んでしまうのは必然と言えば必然ですが、アバラがうっすらと浮かび上がり、馬体がいかにも細く映るため、夜間放牧で青草を摂取させながら自発運動をおこなっています。水っぽくなり過ぎないよう短期間にとどめる予定ですが、馬体重が右肩上がりに増えていますし、今回の充電がいい効果をもたらしています」と話していました。

確かに腹回りとかスッキリしてますが、胸前なんかは素晴らしいですしトモも一回り大きくなってますよね。
こんな良い馬体の仔が未だ未勝利ってのが競馬の難しいところです。
とりあえず今は復帰を楽しみに待ちたいと思います。

 
 
・ラヴィブリランテ(2019.9.27 金沢競馬場:高橋優子厩舎 馬体重:ーーーkg)

「引き続き、3000~4000mの普通キャンターで調整しています。ただ、乗り込みが進み、調整のピッチが上がってくるにつれて、両前肢内側の骨瘤の熱感が増してきますね。触ると痛がる日もあり、強行軍でのスケジュールをムリ強い出来ない現状です。15回開催(10/08~)でのデビューをと思っていましたが、逆算すると納得のいく仕上げが出来そうにないので、16回開催(10/20~)での出走に目標を切り替えましょう」(高橋優子調教師)

恐れていたことが、、、
まぁ、仕方ないですね。。。
何とか良い形で再デビューが切れますように(>人<

 
 
・アーブルルージュ(2019.9.27 セントファーム 馬体重:ーーーkg)

「現在は騎乗者を乗せて障害飛越の練習に取り組んでいるところです。引き続き同様のメニューで進めているところですが、若干気性的にキツいところが出てきました。そのまま調教を続けていけば落ち着いてくるので、大きな問題ではありませんが、少し注意していきたいと思います。飛越は無難にこなしていますよ」(担当者)

相変わらずテンションは上がりやすいというか精神的に一杯一杯になりやすいようですね。
そこが改善されればもう少し楽に競馬もできるようになってくると思うのですが。
とりあえず障害転向できそうです。
想定外だったので今ひとつ自分の中で受け入れられてませんでしたが、一旦この辺で切り替えてみようかなと思います^^

 
 
 

2歳馬

・ブランニューウェイ(2019.9.28 ノルマンディーファーム 馬体重:500kg)

ブランニューウェイ_20190930

現在は坂路3本(上限17~18秒ペース)のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「この中間からは、連日、坂路3本を登坂させて順調に乗り込んでいます。まだ特別速いところはおこなっていないものの、以前より走りに力強さが出てきて、行きっぷりも良化。調教内容を強化しつつ、馬体もひと回り大きくなってきました。これで締まるところが締まってくれば、更に変わってくるでしょう。体調面も問題ありませんので、このまま進めていきます」と話していました。

牧場ではそろそろ移動では?という話もあるようです。
Twitterではフォロワーさんが写真と動画を上げてくれましたが、ストライドが大きい歩様がすごく良いです。
この公式の写真を見てもそうですが今は若干馬体に余裕があるので、これが少し締まってくれば馬体も見違えてくるんじゃないかと思います。
何とか年内にはデビューできそうですかね。

 
 
・ステラディウス(2019.9.28 オカダスタッド 馬体重:500kg)

ステラディウス_20190930

現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「まだ若干走りが前ノメりですが、3ハロン15-15のラップを刻んでも、ひと頃よりトモの踏ん張りが利くようになってきました。馬体に一本芯が入ってくるまでもう少し時間を要しますが、少しずつ力を付けている様子は背中越しから伝わってきます。本州への移動レベルまであと一歩。ジックリと乗り込み目処を立てたいと考えています」と話していました。

ステラディウス(モントレゾールの17)20190924

先週調教動画も上がりましたがそれなりに素軽さもあって悪くはないです。
あとは確かにもう少しここに力強さが加わってくればという感じですね。
馬体はまだ少し幼さを残していますがしっかりと成長はしてると思います。
ブランニューウェイと同じくらいの時期には移動になりそうな感じですね。

 
 
・サンメディル(2019.9.27 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:466kg)

サンメディル_20190930

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。
引き続き坂路2本を中心に、コンスタントに速めを消化しながら進めています。
ここまで乗り続けてきても馬体重は大きく減りませんし、かなり基礎体力も付いてきた印象。
追い切り後も以前ほど疲れた様子は見られず、登坂する脚取りも安定感が増してきています。
なお、入厩日が10月2日(水)に決まったとのことでしたので、それまでしっかり乗っていきます。

この一ヶ月で顔つきが全然変わりました。
随分とカッコいいお顔になりましたね^^
馬体は少し腰高な感じになって少しバランスが崩れた感じはしますが、ここからもう一段成長するんでしょう。
菊沢師もこの仔は大事に育てていく方針のようなので、入厩即デビューになるかどうかはわかりませんが、いずれにしても美浦でしっかり負荷をかけてもう一つ上のレベルに引き上げてほしいと思います。

 
 
 
昨日で2017年産(2歳馬)の申込みが全て終了となりました。
既述の通り今年は満口率が低く、2013年産までのノルマンディーに戻ってきた感じがしますね。
2018年産の先行募集が来週11日(金)から始まりますが、クラブとしては当然17年産の動向も踏まえての募集だと思います。
そういうところも読み取りながら、そろそろ2018年産に頭もシフトしてイカンとなとは思いますが、そのためにも現役の仔たちにはがんばってもらわいたいですね。

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (4)
  • 役に立った (1)
  • 興味深い (2)

Comments