ダイバージェント結果とテオドルス近況

ダイバージェントは惜しくも4着。
前走で見えたレース運びをしっかりおこなった結果、内容にも安定が見られました。
色々と条件が重ならないといけないかもしれませんが、全く勝ち上がれないということはなさそうです。

ダイバージェント 4/22

ダイバージェント 4/22


スタートは相変わらずいいですし、前に取り付くスピードはあります。
ただ、切れる脚がないため突き抜ける力がありません。
バテることもないので落ちることもありませんが、メリハリがないですね。
少し、強引にでもハナに立ってそのまま雪崩れ込む形にしないといけないのかもしれませんね。
ダイバージェント4着

ダイバージェント4着


今日の流れでも上がりも他馬と遜色ない時計で上がってますので、7枠両頭の前でレースをしていたらもう少し違った結果になっていたような気もします。
ノルマンディーOC公式サイトでのレース後コメント。
・ダイバージェント(2017.4.22 :福島競馬場 馬体重:456kg)

★4/22(土)福島・3歳未勝利(芝1200m)田辺裕信騎手 結果4着

「スタートが上手でニの脚がしっかりと使えるので、好位につけることができたし、上手に流れにも乗れました。ただ、体型的なものから前に力が働かないので、スペースがあってもスッと入っていけないし、最後の直線では手応えの割にひと伸びを欠いてしまいますね。もうワンパンチ欲しいし、展開の助けも必要ですよね。スタートセンスの高さを生かせるレース選択で活路を見い出せれば、チャンスはあると思いますよ」(田辺裕信騎手)

恐らく見てる側と同じようなことを感じたんじゃないかなと思いました。
結果としてはこれまでを考えれば大前進ですし、幸いにも優先出走権も得てますので、次走しっかりと今回見えた部分をカバーしてきっちり決めてもらいたいと思います。



また、テオドルスも転厩後初の近況が上がりました。
・テオドルス(2017.4.21 美浦トレセン:粕谷昌央厩舎 馬体重:ーーーkg)

松風馬事センターで順調に調整され、昨日20日(木)に美浦・粕谷昌央厩舎に入厩しました。

「まずは、この度このようなお話をいただき、ありがとうございます。責任をもってテオドルスをお預かりさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。在厩しながら調教を積み重ね、しっかりと鍛錬して出走させたいとのクラブサイドからのリクエストを受け、昨日入厩させました。立派な馬格(フレーム)を有しており、中身が伴ってくれば、もう少し変わってくるのではないかという印象を受けていますし、今日の角馬場調整では自分からハミをしっかり取っていましたね。新潟開催出走を本線に、地方交流競走・障害戦デビューも視野に入れて調整を進めていくつもりです。もちろん手探りで適性を模索しながらとなりますが、前厩舎でのこれまでの2戦が芝ダートの中距離戦だったので、短距離戦を使ってみたいと考えています。前走で騎乗した小野寺君から『坂路での走りはそうでもないのですが、フラットなコースだと伸縮できずに伸び切ったまま走ってしまう』と弱点をリサーチしました。なんとか初勝利を目指し、スタッフとともに精一杯やらせていただきますので、よろしくお願いいたします」(粕谷昌央調教師)

兎にも角にも、まずはレースに使ってもらいながらフラットな見方で判断してもらえればと思います。
とりあえずは前向きに考えていただけているようなので、短い期間かもしれませんが出来ることを最大限やってもらえればと思っております。




明日はシュエット久々の中央場所。
今回も口取り確保。
今度こそ今度こそが続いておりますが、今回は様々な要因が重なってこれ以上ないほど前向きな要素が揃いました。
今度こそ本当に今度こそだと思います。
現在のところ8.6倍で3番人気。
がんばれシュエット^^

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(4)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。