ガルラバン 一転引退サラオクへ

ノルマンディー

本日、ノルマンディーOC公式サイトにガルラバンについての臨時更新が上がり、既報の障害転向から一転引退→サラブレッドオークションへの出品が決まりました。
先日の未勝利戦での結果を受けて、この流れも多いにあり得ると予測はしておりましたが、前言を撤回するドラスティックな決断になりました。

・ガルラバン

★8/31(土)新潟・3歳未勝利(ダ1800m)野中悠太郎騎手 結果12着

これまでの戦歴およびレース内容と経緯を踏まえて小西一男調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで匿名組合契約を終了することといたしました。
なお、本馬は今週9月5日(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定で、出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。
ガルラバン号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「最後の未勝利戦でしたし勝たなければ意味がないので、ある程度ポジションを取りに行ってほしいとジョッキーには話していて、その通りに乗ってきてくれたと思います。ただ、馬の気持ちがおっとりしてるので、かなり促さないと前に進んでくれず、最後はいつものようになだれ込むような形になってしまいました。ジョッキーもコメントしていたように、トモがかなり緩くて推進力に繋がらないので、ここぞという時にギアが入らずワンペースな感じになってしまうんですよね。何か変化を加えてそういうところを少しでも改善するために、この中間は育成場で障害練習もやってもらったんですが、劇的な変化は見られませんでした。タフで、ある意味持続力がある馬なので、上手いようなら今後は障害転向へとクラブ側とも話していましたが、結構時間が掛かりそうな感じがします。育成場では障害にぶつかりながら飛んでいたと報告があったので、厩舎でも少し練習してみたところ、かなり鈍感なんですよ。そういう感じだと障害馬として向かない可能性が高く、仮に何とか試験は合格したとしても、レースで障害物のたびに遅れていくイメージが強く、実戦での対応は難しいのではないかと思います。それでも、年明けデビューからここまで7戦、より良い適性を模索しながらレースを選択してきた中で、本当に徐々にではありますが、ガルラバン自身は良化を見せていたのですが。限られた未勝利戦の期間内で結果を出すことが出来ず、申し訳ありませんでした」(小西一男調教師)

丁寧な説明ありがとうございます。
小西厩舎に関しては、ローズパラディンに出資されていた方々からボロクソに言われていたこともあって、正直不安はありました。
が、出資時にも書いたように、ワタクシ自身は一度もお世話になった経験がありませんでしたので一度は経験してからでないと何も言えないなという思いから出資を決断した経緯があります。
その中で、この仔についてはよくやって頂けたと思っています。
馬がタフだったこともあるとは思いますが、昨年末に初入厩以来在厩で進めてくれましたし、1度ツーアウトをもらった時には京都まで遠征し少頭数のレースを選んでアウトを消したのはいい選択でした。
その上でも前進が見えなかったことはこの仔自身の能力の問題ですので、この結果には悔いはありません。
短い間でしたがありがとうございました。
最近では珍しいくらいタフな仔なのできっと地方向きだと思います。
勝ち味には遅いでしょうが地方なら長く堅実に走ってくれるでしょう。
次の馬生に良い馬主さんと出会えるよう願ってます。

20190831 新潟4R ガルラバン ラストレース(写真提供@ラクトさん)

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (4)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (4)

Comments