なんとか変わり身を

フェアリースキップ デビュー戦(20180804)公式2 出走情報
この記事は約3分で読めます。

地方交流2週連続で選出漏れ。
すったもんだしましたフェアリースキップですが、23日(土)中山2R 3歳未勝利(ダート1200m)に出走確定しました。
前走で大敗し1アウト。
ここまでノルマンディーの所属馬で2アウトを食らった馬はいません。
メンバーレベルの低い今レースで変わり身を見せアウト回避を願いたいところです。
また、今週デビュー2戦目を目指したガルラバンは残念ながら非当選除外となりました。

ノルマンディーOC公式サイトから近況です。

・フェアリースキップ

☆3/23(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m)柴田大知騎手

20日(水)に坂路コースで4ハロンから併せ、54.1-38.9-25.6-12.6を馬ナリに追い切りました。
「この中間も馬体重にはさほど変化がなく、410kg前後を推移。ただ、これまでにはないくらい普段からも落ち着きが見られ、ここにきて精神面での成長が窺えます。コンスタントに追い切りでも時計が出せているように、体質面でも強くなっている印象を受けますよ。申し込みした地方交流競走は2週続けて非選出となってしまい、相手関係も吟味したうえでここに投票させてもらいました。中京の時は外枠でしたから、砂を被った際にどうかの不安は拭えないものの、ダートの走り自体は問題ないと見ています。ビッシリ追ってくれるタイプの鞍上ですし、今回ここでどんな競馬ができるか非常に楽しみにしています。なお、レース当日の馬の気配を見て、パシュファイヤーを装着するか否か判断させていただきます」(林徹調教師)

調教はそこそこ動いています。
前走では直線に向いたときにほんの少しだけ雰囲気は見せました。
前回のダート戦では大敗しましたが、血統的にはダート替わりは悪くないはず。
テンでしっかりついていければ見せ場は作れるだけの力はあるはずです。
メンバーレベルはかなり低く、出走馬16頭中実に7頭がアウト持ち。
そこに今年初出走で前2走が12着-9着という馬が1頭と今回初出走の馬が3頭。
その中で再先着を果たせば掲示板です。
少なくともそこは目指してもらいたいところです。

 
 
・ガルラバン

3/24(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)田中勝春騎手 除外(非当選)

20日(水)に坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、54.9-39.9-26.3-12.7を馬ナリに追い切りました。
「中間もウッドチップと坂路コース併用で、しっかり負荷をかけて乗り込んでいる割には体が絞れてこない。ピリッとした面にも欠ける現状ですから、こちらが思い描いていたほどの変わり身はまだ感じられません。ただ、稽古を見ていても能力自体はあると評価していますし、使っていけば中身も違ってきて、もうひとつギアを上げて走れるはず。まだまだ伸びしろの大きな馬だと思います。残念ながら今週は抽選除外となってしまいましたので、来週組まれているダ1800戦の番組に向かいます」(小西一男調教師)

コメントにもあるように今週は時計も詰まってきていないので除外で良しなのかなと思います。
またしても勝春とともにやり直しです^^
これで来週田辺で出走ということになったら、単に勝春が持ってないだけかもしれませんw
詰まってきてはいませんが時計自体は悪いものではありません。
ですので、どこかでスイッチが入れば突き抜けてもおかしくはないだけのものは持ってると思います。
来週の追い切りで変わってくれれば、次走は楽しみになると思います。

 
 
フェアリースキップはここまですべてローカルでのレースでしたので、中央開催は初見参になります。
土曜日の2Rなのでかなりキツいですが、もしかするとこれが会える最初で最後の機会になってしまう可能性もなくはありませんので、寝ないで中山いって会ってきます。

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (4)
  • 役に立った (1)
  • 興味深い (1)

Comments