1歳馬近況更新(2016.11.30)

ノルマンディーOC公式サイトにて1歳馬の近況が更新されました。

・メルセダリオの15(2016.11.30 ノルマンディーファーム 馬体重:523kg)

メルセダリオの15@11/30

メルセダリオの15@11/30

現在はノルマンディーファームにて昼夜放牧を行っています。
中間に左前の爪を痛めて二週間ほど休養していましたが、現在は順調に回復を見せています。
父ルーラーシップは現役時代の成績から、産駒も少し奥手のイメージがありましたが、ここまでの2歳戦ですでに11頭が勝ち上がっており、早い時期から活躍する馬も輩出しています。
気性面は良い意味で父譲りの我の強さを受け継いでいる感じがするため、本馬も同様の活躍が見込めるかもしれません。
もうまもなく馴致を開始する予定です。

少しお休みしてたみたいですね^^
体重も28kg増えてますが太め感はありませんし、腰高なバランスも少しずつ解消されてるようなので、純粋に成長分だと思います。
ここから馴致が始まればいい形になっていきそうです。
ルーラーシップは新種牡馬リーディングトップではありますが、今のところ思ったようなスケール感がないような気がしてますので、2年目産駒のこの仔にルーラーシップ大爆発の起爆剤になってもらえたらと思っています。



・オークルームの15(2016.11.30 ノルマンディーファーム 馬体重:506kg)

オークルームの15@11/30

オークルームの15@11/30

引き続きノルマンディーファームで昼夜放牧を行い、その後14日(月)より馴致を開始しました。
馴致を開始してから一週間以上が経過し、現在は馬場1周(ダグ)と坂路1本(キャンター)にて乗り運動を行っています。
気性は今のところおとなしく順調に進んでいるものの、兄弟の気性が荒いことからまだ猫をかぶっている部分があるかもしれません。
今年が初年度産駒となる父アイルハヴアナザーは芝・ダート問わない勝ち馬を出しており、半兄イオラニやカルヴァリオと同様に芝での活躍も期待できそうです。

大分冬毛でモコモコしてきましたが、馬体は募集時のイマージそのままにキレイな成長曲線で来ていると思います。
馬体重は先月とほぼ変わっていませんがどこかで成長期は来るでしょうから、やはりデビュー時は520kg前後の大型馬になりそうです。
早くも必殺技「タマ取り」へ若干のネタ振りもあるようですがw
できることならそのまま男の子のままで多少の荒さは根性に転化して欲しいですね。
アイルハヴはルーラーシップに次ぐ新種牡馬リーディング2位ですが、なんとなくこちらの方が種牡馬としての可能性を感じています。
サンデーが日本に来て芝で開花したようにアイルハヴにも芝の大物が出てきそうな感じがしてますので、それがこの仔だといいなぁとほのかに妄想してます^^




さて、今のところ1歳馬はこの二頭ですが、果たしてここに他の仔が加わるのか否か。
まだまだ時間もあるので、じっくり考えていきたいと思います^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(1)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。