八戸セール2017

本日、八戸市場「八戸セール2017」が開催されました。
これで思い出しましたが、このブログも開設してから1年過ぎてましたね。
おめでとうございます。ありがとうございます。

昨年の八戸市場ではエムケイミラクルの15が落札され、現在4次募集にラインナップされてます。
本日もノルマンディーF名義で2頭落札されてますので、当然16年産の募集馬の中にラインナップされてくるかと思います。



・ホリデイスクリーンの2015(牝 父:コンデュイット 母父:フレンチデピュティ 栗毛)

ホリデイスクリーンの2016

ホリデイスクリーンの2016


ホリデイスクリーンの2016の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

母ホリデイスクリーンは中央未勝利~門別に移籍するも勝利なし。
兄姉でも中央で3勝を挙げた、サクラバクシンオー産駒のサマーアクトレスくらいしか活躍馬はいません。
それでも3代母ネクストムービーから連なる牝系は牝馬率が高いのか様々なタイプの仔に繋がっていて、いつか重賞級の仔が出てきても不思議ではなさそうにも見えます。
一番仔の兄フミノインパルス(父タニノギムレット)はJRA交流競走を含む9勝。
他の兄姉も中央デビューのジュンストレート含め全て地方で走っています。
コンデュイット×フレンチデピュティはあまり例のない配合ですが、ちょっと重厚感にも欠けるし逆に軽さも感じないような何とも言えない感じです。
馬体はバランス良さそうですし、落札価格162万ですから、始動が早そうなら地方でも良いような気もしますが4/10生というのが微妙なところですね。



・ラハイナIIの2016(牝 父:カフェラピード 母父:Milt’s Overture 青鹿毛)

ラハイナIIの2016

ラハイナIIの2016


ラハイナIIの2016の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

もはやこれは・・・凄まじすぎて・・・w
母ラハイナIIはチリのオークス馬だそうです。
他にカルロスカンピノ賞というG2勝ちがあり、オークスの前のチリ1000ギニーでも2着してますから、チリ競馬では名牝に数えられる馬なのでしょう。
母父のMilt’s Overtureはネアルコ系の肌にロベルト系、母母もミスプロ系ですから純粋なアメリカ血統です。
父カフェラピードはマンカフェ産駒。
中央成績は1-2-1-1。
5戦で引退しています。
2015年産駒が最初の世代になり、2015年が2頭、2016年がこの仔を含めて3頭の種付けという超絶マイナーな種牡馬になります。
マンカフェ×カーリアンという血統構成なのでハマればどこかで爆発しそうな種牡馬ですが配合相手は苦労しそうですね。
っていうか、してますね^^;
超マイナー×超マイナーという配合ですが、実はかなりの良血なのでは?と思わせる面白さはあると思います。
まだ身体は小さそうですが胸前などはしっかりしてる印象でバランスはいいですね。
落札価格は432万円なので、それなりの募集金額にはなりそうです。
牝馬なので繁殖も見据えた形だとは思いますが、ノルマンディーならではのマイナー血統ですので募集されればちょっとした人気になるかもしれません。




そろそろ2016年産の出資の方向性も考えていかなきゃならんですし、次回は2016年岡田スタッド産駒でも拾っていければなと思っております。
4次募集は今のところ見送り。
少なくとも先行ではいきません^^
先行が終わったあとの売れ行きや近況・調教動画等を見ながら様子見していこうと思います。

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(5)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(2)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。