ロワセレスト 出陣!

先週の新馬戦を非当選除外となったロワセレスト。
今週出走させるべく、ギリギリまで同日の未勝利戦と天秤にかけながら、最終的には2/4(日)東京4R 新馬戦ダート1600mで確定です。
今回も除外馬が20頭出るような除外1では厳しい抽選でしたがくぐり抜けることができました。
メンバー的にも先週のように抜けて評判になっている相手もおらず、比較的与しやすい印象。
適性的には2100の未勝利もあり得るかと思いましたが、経験馬とのレースは避ける方を選びましたね。
現状では切れる脚がないので、マイルでのテンの流れに乗れるかどうかがカギになるかと思いますが、そこはウチパクJKの手腕に期待といったところでしょうか^^

以下、ノルマンディーOC公式サイトでのレース前近況です。



・ロワセレスト(2018.2.1 美浦トレセン:尾形和幸厩舎 馬体重:ーーーkg)

☆2/04(日)東京 3歳新馬(ダ1600m)内田博幸騎手

1月28日(日)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.4-40.9-26.9-12.9を馬ナリに追われ、31日(水)にも坂路コースで4ハロン53.5-39.4-25.9-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。
「週末の時点でもう仕上がり十分と判断できたため、最終調整はサラッと単走で追い切りを行いました。フラットワークではまだ時折、フワフワして上へ抜けてしまうようなところも目につきますが、坂路だと動きがとても力強いですし、前を追い掛けても推進力から違いますね。距離に関しては正直マイルだとやや短い印象でも、経験馬相手にいきなり2100mから使うというのはいささか抵抗もあります。無事に抽選を突破し、デキもいいので初戦から楽しみにしています」(尾形和幸調教師)

先週末に併せたピースユニヴァースは京王杯2歳Sの4着馬。
若干遅れましたが最後は追い詰める動きを見せ、昨日の単走でもこれまでで一番の時計を出しました。
美浦坂路のタイムでは新馬戦で勝ち負けになる基準と言われている25.9-12.8でしっかりまとめ、デキに関しては申し分なく状態は整ったと思います。
「天空の王者」目指してのまずは第一歩。
この先、我がチームの絶対的エースとなってもらうべく、当日はしっかりと現地で応援したいと思いますヽ(=´▽`=)ノ

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(5)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。