テオドルス結果

今日の中山3Rで2戦目に臨んだテオドルスですが、結果は今回もブービー。
まったく得るところのない厳しい結果になりました。

前回よりスタートは少し良かったかな。

3/26 テオドルス@スタート

3/26 テオドルス@スタート

が、すぐに後方へ下ります。

すぐに後方へ

すぐに後方へ

3コーナー手前では早くもムチが入り

早くも肩ムチ

早くも肩ムチ

直線入り口では最後方

最後方で直線へ

最後方で直線へ

直線では1頭交わすのが精一杯で勝馬から4.9秒遅れて15着入線でした。

二桁着順続きの馬や今回初出走の馬も多かった中、その辺りに先着できれば一桁着順になるし、そのくらいある程度レースに参加できていれば地方交流もアリかなとは思っていましたが。。。
現時点では全くと言っていいほど競走馬としての体を成していないと言っても大げさではないと思います。
兄のデオグラシアスよりは少しだけまともなのかもしれませんが。

ノルマンディーOC公式サイトでの鞍上のコメント

★3/26(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)小野寺祐太騎手 結果15着

「ポケットで鳴いてみたり、トモもゆるく、肉体的にも精神的にもまだまだ幼いですよね。ただ、ブリンカー装着と実戦を想定して追い切りをおこなっている効果からか、何度か自分からハミを取るシーンがありました。今日ビッシリやったことが、次につながると良いのですが。キャリアを積んでレースを覚え、立派な馬格に中身が伴ってくれば、前進は見込めるはずです」(小野寺祐太騎手)

やはり幼いということ。
現状でこれでは残り時間を考えると厳しいと言わざるを得ません。
キムテツ師は当初のイメージよりはここまでよくやってくれたとは思いますが、やはり人気厩舎ゆえこれ以上この仔に手をかけることはしないでしょうし出来ないと思います。
結果だけ見れば、頭数が増えて見切りが早くなりつつあるノルマンディーですから、このまま終了と言われても驚きはありませんが、あと1~2戦環境を変えて、、、というのはあり得るかもしれませんね。
いずれにせよ木村哲也厩舎ではこれで終わりだろうなと思います。

最初の出資馬が「大ハズレ」になるのかもしれませんが、ノルマンディー入会を決めたきっかけになった仔ですので思い入れは強いです。
ですので、どんな結果が出ようとしっかりと受け止めて今後の糧にしていきたいと思ってます。

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(0)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。