シュエットヌーベルは地方交流へ

シュエットヌーベルの次走予定がノルマンディーOC公式サイトで更新されました。
先週末の伊藤師のコメントにもありましたが、川崎の地方交流・アメジストフラワー賞(ダ・1400m)に登録し選出されたようです。
鞍上はあっという間にウチパクを確保。

アメジストフラワー賞はこの時期に川崎開催があるときだけ施行されているレースのようで、前回行われたのは2013年。
そこでは中央から参戦したスズカランランが10番人気にも関わらず勝利しています。
このスズカランランを管理していたのがシュエットちゃんの伊藤圭三調教師。
中央場所では行き脚がつかず後方からの競馬になってしまっていた同馬もこのレースのみはスタートから先手を奪って逃げ切っています。
もしかすると、伊藤先生は同馬とシュエットちゃんを重ね合わせてる部分があるのかもしれませんね。
東京であれば後ろからの競馬を試したんでしょうが、圧倒的に先行有利の川崎ですから今まで同様前でということになるでしょう。
とにかく、1つ勝ってしまえば慌てることなく色々試せるので、ここは「今度こそ」ウチパクの手腕に期待します^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(4)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。