HBAトレーニングセール2021

ノルマンディー
この記事は約3分で読めます。

昨年はコロナ禍により中止になってしまったHBAトレーニングセールでしたが、今年はオンラインとのハイブリッド形式ながら無事に開催されました。
馬産地の方々にとっては大事な商談機会でもありますし、開催できたことにはある程度胸をなでおろすところもあろうかと思います。
また今年はジャンポケ斉藤氏のセール参加などもあって別の意味でも盛り上がったセールでした。
結果的には落札できなかったようですが、セール自体の注目度が上がったことは馬産地全体にとっても決して悪いことではなかったと思います。

さて、先日のブリーズアップセールでは岡田壮史名義での一頭の落札で、2019年産3次募集以降に向けての仕入れは現状を鑑み抑え気味にいくのではないかと思っていますが、今回はノルマンディーF名義で一頭落札しました。
この感じだと、やはり頭数的には少なくなるとは思いますが、4次募集くらいまではありそうな感じですね。

 
 
・マサカーネ2019(牡 父:ジョーカプチーノ 母父:トワイニング 芦毛)

マサカーネ2019

マサカーネの2019 | 競走馬データ - netkeiba.com
マサカーネの2019の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。
2021TrainingSale hip113
2021 北海道市場トレーニングセール 生中継

募集されればジョーカプチーノ産駒は19年産3頭目になります。
ゴールデンレコードの19(ゴールデンシーカー)、ドキドキマドンナの19(ハートホイップ)ともに満口になっているところから、売れるという判断をしたのかもしれません。
芦毛ですし^^
調教動画では右に寄れて多少頼りなさ気な動きに見えますが、前日の騎乗供覧では一転して前向きさの見える力強い走りを見せています。
右回りなのも良かったのかもしれないですね。
タイム的には中の上という感じですが、ラスト1Fの11.57は上位のタイムになりますし、リハーサルで出した11.08というタイムからも一定程度のポテンシャルは持っていそうです。
兄姉には活躍馬はおろか中央での勝ち上がりすらありませんし、母系の血統的にも現代競馬にはアンマッチの感はありますが、得てしてこういうところから走る仔を引っ張ってきてしまうのもノルマンディーです。
トレーニングセール出身の仔はこの後ガクッときて立て直しに時間を要することも多いため、募集時の状態は注視する必要があり難易度は高いですが、現時点でのポテンシャルは担保されてる仔ですので、おそらく安くなるであろう募集価格見合いでは検討の余地はあるかもしれません。

 
 
 
この後2歳セールは最後の千葉セールが残っていますが、今年はオンラインのみの開催になるようですので、おそらくノルマンディー名義での購買はないと思います。
ですので、昨年のセールで落札し現時点でまだ募集されていない数頭やこの辺りが3次以降の主力となりますので、ある程度募集前から検討はしやすいかなと思います。
頭数的にも落ち着いたものになりそうですので、こちら側としても落ち着いて待ちたいですね。

Comments

タイトルとURLをコピーしました