本日の結果と愛馬近況

20180715 函館9R シュエットヌーベル 所有馬近況

シュエットヌーベル結果

 
本日の函館9R下北半島特別に出走したシュエットヌーベルは惜しい2着でした。
スタートで若干後手を踏みましたが、3コーナーを過ぎた辺りから進出。
直線で先頭を捉え勝ったかと思われましたが、タイセイソニックの上がり33.4の大外一気にゴール直前捉えられ2着でゴール。
非常に惜しい結果になりました。
 

20180715 函館9R シュエットヌーベル

20180715 函館9R シュエットヌーベル


 
4コーナー出口でジェットコルサがやや外に膨らんできたために、更にその外へ出さなければいけなくなり多少のロスもあったでしょうか。
それでもレースは止めてませんし、上がりもタイセイソニックにこそ及ばなかったものの33.8と力のいる洋芝で33秒台の脚を使えるまでになりました。
前走強い勝ち方をした降級馬の割には評価もそこまで高くなかったのですが、終わってみればこのクラスでは能力上位。
西田JKが完全に手のうちに入れたこともあるでしょうが、シュエット自身がしっかり能力を出せる状態で安定したのが最も大きいと思います。
 

★7/15(日)函館・下北半島特別(芝1200m・混)西田雄一郎騎手 結果2着

「短期放牧明けでも状態は保っていましたね。理想はもうちょっと前目のポジションですが、今日はスタートで後手になったので、馬のリズム重視で運びました。中団後ろからの競馬が出来たことは収穫ですし、レースの幅も広がったと思います。精神力も強くなっていますが、3~4コーナーで気を抜いたので、そこだけしっかり怒るとハミを取ってくれました。自分の脚は使っているし、勝ちパターンの競馬でしたが、最後は勝ち馬の切れ味に屈してしまいました」(西田雄一郎騎手)

 
この後異常がなければ滞在競馬で続戦です。
直近では中一週で7/28(土)札幌に牝馬限定平場戦が組まれてますので、そちらに向かうのではないかと推測されます。
問題は同週から新潟開催も始まるので、“千直の鬼”西田が札幌まで乗りに来れるのかということ。
やはり洋芝適性は予想通りでしたので、次戦同条件ならあっさり勝ち抜けたいところ。
なかなか難しい選択に迫られそうです。

 
 
 

愛馬近況

 
ノルマンディーOC公式サイトにて北海道入厩馬の近況が更新されました。

 

3歳馬

 
・セルヴァ(2018.7.15 オカダスタッド 馬体重:ーーーkg)
 

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。
経過が良好なことから、今月2日(月)よりウォーキングマシン運動を立ち上げました。
マシンの中で尻跳ねすることもなく黙々と運動をこなしており、馬見せ時の立ち振る舞いを見ても、徐々にガス抜きができているようです。
今月中にはトレッドミル運動へ移行しメニューアップを図る予定です。

 
ようやく軽い運動ができるようになりました。
クラブサイドから漏れ聞こえてくる話では、どうやら道営移籍は諦めて他の地方公営移籍を目指す方向に方針を転換しつつあるとのこと。
焦ってもう一度同じ状況に戻ってしまえば間違いなく終了になってしまいますので、焦らず万全な状態で復帰を目指してもらいたいと思います。

 
 
 

2歳馬

 
・ラヴィブリランテ(2018.7.15 ノルマンディーファーム 馬体重:ーーーkg)
 

現在はパドック放牧をおこなっています。
この中間も患部の経過観察をおこなっていますが、腫れはほとんど目立たなくなり、若干出ている程度まで引いてきました。
熱感や触診反応もなくなり、ここまでは順調な回復ぶりを見せています。
もう少し腫れが引いてスッキリすれば、運動開始の目処も立ちそうです。

 
時間はかかりましたが、こちらもようやく出口が見えてきそうです。
牧場見学に行かれた方々の話を総合すると、常歩に関しては全く問題なさそうとのこと。
脚元の問題の箇所もレントゲンでは映らない微妙な位置にあるようで、触診やエコーで状態を探っていくしかないようです。
とにかくこの状態は再発がかなり怖い感じですので、時間はかかりますが一度しっかり完治させてリセットしないといけないかなと思っています。

 
 
・ガルラバン(2018/7/15 :ノルマンディーファーム 馬体重:ーーーkg)
 

現在は馬場2周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。
この中間も緩めることなく連日調教をおこなっており、長めをジックリと乗り込んでトモの脚力強化を図っています。
まだ大きな良化こそ窺えませんが、脚元に疲れが出ることもなく乗り込み自体は順調。
もうしばらくの間は現状メニューを継続し、様子見しながら進めていく予定です。

 
ペースはゆったりですが大型馬の割に脚元にも問題なく極めて順調。
そろそろ小野町の渋滞が始まってきている雰囲気もありますので、既に順番待ちに入ってきてるんじゃないかなと思います。
現在小野町にいる仔たちがある程度入厩すれば、比較的早い時期に移動になるんじゃないでしょうか。
それまではじっくりと下半身の強化に努めてもらいたいと思います。

 
 
 
シュエットのレースは勝負の3連単は一着固定だったためハズレ、抑えの3連複のみの的中でトリガミでしたが、ここのところその他の馬券は割と好調。
そろそろデカい当たりがきそうな気配がヒシヒシと^^
できれば北海道開催中にデカいところを当てて遠征したいと思っております。
是非、北の大地で北のノルマンディストの皆様と呑みたいのでそちらの応援もよろしくおねがいしますw

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね! (5)
  • 興味深い (1)
  • 役に立った (0)

Comments