最後の小出し

ノルマンディー

昨日ノルマンディーOC公式サイトにて、2018年産1次募集の募集馬ページ並びに測尺ページ、募集馬カタログPDFが公開されました。

本年度の募集スケジュールは、既会員先行募集が10/11(金)~10/23(水)、10/30(水)より一般募集開始となります。
今年も11/5 17:00までに出資すれば10%割引です。

あとは来週には動画がアップされるはずですので、そうなると一通り検討材料が揃うと思いますが、とりあえずここまでの段階でのワタクシ的注目馬を挙げておこうと思います。

以下、ワタクシの出資方針ですが、今年も昨年同様で行きます。
今年の方針は初心に戻り
1)募集総額1500万円までを目安にする(最大1800万まで)
2)現地で応援できる関東馬を優先
3)必須ではないが種牡馬はなるべく被らないように

まだ全く深い検討はしていないので目に付いた仔を挙げていきますと

・モトヒメの18

牡馬 鹿毛 2018/2/8生
父:マツリダゴッホ × 母:モトヒメ(母の父:ショウナンカンプ)
生産:新ひだか・岡田スタッド  美浦・尾関知人厩舎入厩予定
募集金額:1440万(一口36000円)
体高:156.0 胸囲:179.0 管囲:21.0 体重:500

モトヒメの18

今年は現在出資馬の中にいなくなってしまった「ザ・ノルマンディー」的なゴッホ産駒あるいはアイルハヴアナザー産駒は積極的に検討しようと思ってましたが、本馬は正直なところ募集馬発表時は全くノーマークでした。
当初考えていた、トーセンフォーユーあるいはパリージョが思いのほか馬体が垢抜けておらず、逆に本馬の完成度が際立って目を引きました。
今年度募集馬の中で数少ない早生まれということもありますが、既に馬体重も500kgと十分なボリュームでトモのサイズも他馬より一回り大きく映ります。
ノルマンディーではほとんど意味がないと言っても良い「早期デビュー」ですが、3歳新馬戦が廃止される2018年産にとっては出来ないよりは出来たほうがマシ程度に考えておけばいい程度ながら、既に馴致を終えているというのも前向きに捉えたいところではあります。

 
 
・ルーシーショーの18

牡馬 黒鹿毛 2018/3/19生
父:ホッコータルマエ × 母:ルーシーショー(母の父:フジキセキ)
生産:新ひだか・岡田スタッド  栗東・羽月友彦厩舎入厩予定
募集金額:1200万(一口30000円)
体高:152.0 胸囲:181.0 管囲:21.0 体重:475

ルーシーショーの18

本日(10/5)兄姉が揃って出場し、半兄クリスタルアワードが1勝クラスを勝利、半姉シークエルも1勝クラスで3着と募集開始に向けて母系の仔出しの良さをアピールする形になりました。
おそらくこれで事前の予想通り本馬が今年度一次募集の1番人気になるんじゃないかと思います。
本馬は毛色こそ違いますが、シークエルの募集時の体型に良く似ていて筋量豊富です。
あとはルーシーショーとワタクシとの抽選の相性がどうなのか?というところでしょうか^^;

 
 
その他の注目馬ではシャルマンレーヌの18ボンジュールメロンの18ピッツネイルの18などは動画や実馬を見た上で前向きに考えたいところ。
サイレントソニックの18はやはりセールの値段通りに良いと思います。
逆にファミッリアの18は個人的にはあまり良く見えませんでした。

セール時に比べ、意外と良いなと思ったのはカネツスペシャルの18
セール時よりも馬体が2ランクくらい良くなってるように思います。
ヘヴンリーヴォイスの18は熊本産馬だけに小倉の九州産限定戦を狙いたいところなんですが、関東入厩馬なのが微妙なところですね。
普段は関東馬しか見ないくせに関西馬でなくて残念と思う複雑で変な感情です^^;

今年はラインナップからハードルを下げていた分、想像していたよりはよく見える仔が多い印象です。
当然動画や実馬をみればまた変わることもあると思いますので、これはこれでもう一度頭をフラットにして先行募集締め切りまでゆっくり検討していきたいと思います。

毎度のことながら、ワタクシ、相馬眼やら馬体を評価するような深い知識は持ち合わせておりませんので、あくまで個人の所感ということでよしなにお願い致しますm(_ _)m

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (7)
  • 役に立った (4)
  • 興味深い (3)

Comments