愛馬近況更新(2019.8.9)

ブレイディングゴールドリングの17_20190802 チーム近況

今週もノルマンディーOC公式サイトにて近況が更新されました。
先週初入厩した2歳馬ウィルビーハッピーが早くもゲート試験合格。
予想通りではありますが、ここからどのように進んでいくのでしょうか。

5歳馬

・シュエットヌーベル(2019.8.9 オカダスタッド 馬体重:ーーーkg)

★8/03(土)札幌・HBC賞(芝1200m・混)服部茂史騎手 結果14着
この後は北海道・オカダスタッドで調整することになり、7日(水)に移動しました。

「スタートダッシュが付かなかったものの、あの位置からでも競馬が出来る馬。ただ、今回は時計が速く、前有利な展開になってしまいました。シュエットも最後まで伸びてはいたのですが、他馬も止まりませんでしたし、今回は比較的メンバーも揃っていたように思います。レース後も馬体に大きなダメージは見られませんが、北海道シリーズはこれで4戦。一旦放牧に出させてもらい、この後については牧場でも状態を確認いただいて、相談しながら決めたいと考えています」(羽月友彦調教師)

ここで一旦夏休みといったところでしょうか。
昨年は北海道で休むことなく宇治田原優駿ステーブルへ帰ってますから、一応札幌の最終週出走も視野には入ってるのかなと思います。
もし使うのであれば札幌スポニチ賞ではなく、最終日最終レースの釧路湿原特別辺りも検討してもらえると良いなとは思いますが。。。

 
 
 

3歳馬

・フェアリースキップ(2019.8.9 美浦トレセン:林徹厩舎 馬体重:ーーーkg)

4日(日)に坂路コースで4ハロン56.4-40.9-27.2-13.1を単走で馬ナリに追われ、7日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.3秒先行して併せ、56.4-40.9-26.2-12.7を馬ナリに追い切りました。
「この暑い中でもしっかりと調教量を積めているので、馬体にだいぶメリハリが出てきた印象を受けます。先週と比べれば追い切りの動きも格段に良化を示していますよ。地方交流競走の8/21(水)名古屋・ライム賞(ダ1400m)に申込を入れて、もし選出されないようなら8/18(日)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)に向かうスケジュール。少なくともあと2本は速めを消化できる予定ですし、来週の競馬にはキッチリ態勢が整うと思います」(林徹調教師)

名古屋交流も新潟の未勝利も、どちらもラヴィブリさんに被されてしまいました。
できれば同じレースで走ってほしくないので、名古屋はラヴィブリ選出、新潟はこのままフェアリーさんにというのがベストなんですがそううまくいくかどうか、、、^^;
ダートの短いところを使えるのは現時点ではプラスではあるので、ここでなんとか食らいついて地方転籍できるように繋がってくれると良いんですけどね。

 
 
・アーブルルージュ(2019.8.9 松風馬事センター 馬体重:438kg)

「現在は角馬場で長めのダクで調整中です。菊沢調教師からは、体減ってしまっていたので増やしてほしいと言われているので、先週いっぱいは楽をさせて、今週から騎乗運動を始めました。体庁自体は悪くありませんし、楽をさせた割に体重が増えてこないのが悩ましいところですが、少しでもアドバンテージを作って送り出したいと考えています」(担当者)

前にもありましたが、一度身体が減ってしまうと戻すのに苦労するんですよね。
逆に増えだしてしまえばアッという間に戻るですが。
ダート適性がどうかという不安はあるので、地方廻りすることなくできれば次戦中央ラストチャンスで勝ち上がりたいところ。
そこまでに戻らない恐れもあってもどかしいところではありますね。

 
 
ガルラバン(2019.8.9 ブルーステーブル 馬体重:540kg)

「現在はダートコースでダクとキャンターを3000mのメニューで調整中です。引き続き障害練習もおこないながら進めています。1mの高さの大木を飛ばせていますが、集中力に欠ける面があって、たまにぶつかったりして落としてしまいます。まだ不器用な面がありますが、大分慣れてきた感じがします。体調面は良好ですし、小西調教師からは新潟の最後の未勝利戦での出走も視野に入れて、近々戻すと言われています」(担当者)

微笑ましい状況が続くかと思いましたが、そうそう甘くはないようで^^;
個人的には、未勝利で使えそうな条件は千八ダートしかありませんので、ここまで散々使った同条件を使うのであれば、じっくり障害を目指してもらった方がいいような気はしています。

 
 
 

2歳馬

・ウィルビーハッピー(2019.8.9 美浦トレセン:奥村武厩舎 馬体重:ーーーkg)

ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、3日(土)に美浦・奥村武厩舎に入厩しました。
本日9日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しています。

「ゲートへの寄りつきから駐立、発馬にいたるまで優秀で試験を一発合格。ダッシュの良さひとつとっても、正直センスは物凄くいいですよ。これから本格的に乗り進めていってどれだけの動きができるかですが、楽しみな馬だと思います。ひとまずは4回中山開催(9/07~)でのデビューを目標に、距離適性なども探りつつ仕上げていきましょう」(奥村武調教師)

予定通り先週末に入厩、そして前述の通りゲート試験合格しました。
このまま中山の前半戦に向けて在厩でいくのか、一旦外厩に出して後半でのデビューになるか、今週末には方針が見えそうですね。
先日上がった調教動画を見ても、もう少しトモに力はほしいですが全体的に走りのバランスは悪くないので、このまま実戦で力をつけていく形でも良いのかなとは思います。

 
 
・ブレイディングゴールドリングの17(2019.8.9 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:455kg)

現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。
ここまで休まず乗り込んできていますが、性格的なものもあるのか、いきなりピリッとしてくるタイプではなさそう。
また、飼い葉食いは旺盛ですが、もっと身になって欲しいところでもあります。
平坦なところでは動けても、力のいる坂路の後半を駆け上げるにはまだ筋力が物足りない印象。
調教量は落とさず飼い葉を食わし込んで、馬体の成長とパワーアップを図っていきたいと思います。

慌てても先にすすめる訳ではないので、その辺も踏まえて多少ゆっくり目に進めているのもあるんだと思います。
その辺のスケジュール感はスタッフさんたちも十分わかってるでしょうから特に心配はないでしょうね。
きっと8月最終週くらいには一気にコメントも良くなってるはずですw
馬体写真でもそんなに細く見える訳ではないので、無理に食わし込まずに普通にお願いしますw

 
 
 
さて、昨日から4次募集馬の馬名総選挙が始まりました。
今回は残念ながらエントリーならず。
今上がっている4つの候補から、熟慮してしっかり投票したいと思います。
今回応募した馬名は汎用性高いので、いつか他に似合いそうな仔に出資した機会に再び同馬名でチャレンジしたいと思います^^

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (3)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (1)

Comments