愛馬近況更新(2019.12.6)

チーム近況
この記事は約8分で読めます。

今週もノルマンディーOC公式サイトにて近況が更新されました。
ブランニューウェイは予定通りゲート試験合格後放牧へ。
これで、残す2歳馬はステラディウスのみとなりましたが果たして、、、

 
 

5歳馬

・シュエットヌーベル(2019.12.6 宇治田原優駿ステーブル 馬体重:470kg)

「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを2本(18秒ペース)のメニューで調整中です。スムーズにペースアップが図れています。今週末の様子を見て、このままもう1週現状のペースで進めるか、来週からペースアップするかを判断したいと思います。大きな心配事はないですし、しっかり乗り込んでいきます」(担当者)

いつも通りです^^
先日今年度の調教師試験合格者の発表がありましたが、合格者に西田雄一郎の名前はなし^^;
これで来年2月での引退はなくなりました。
次走はまだ先になりますが、是非乗ってほしいですね。
懇親会ですっかりフジカンも好きになりましたが、シュエット引退までに最後にもう一度コンビが見たいです。

 
 
 

3歳馬

・レイヴンキング(2019.12.6 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:519kg)

現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。
体が出来た3歳馬だけあって、乗り込み量に伴い、しっかりとした脚取りで走れるようになってきました。
左にササっていたのも随分と解消されてきましたし、若干ハミにモタれてはいるものの、動きに力強さが感じられます。
馬体を見る限り、まだまだ調子はこれから上がってくるはずなので、引き続き負荷を掛けて乗り込んでいきます。

この感じだとそろそろ障害練習に入りそうですね。
上手くいけば春にはまたレイヴンさんに会うことができるでしょう。
尾形師はまだまだ全然この仔には期待を持っているようですし、何とか形にしてもらいましょう。

 
 
・ラヴィブリランテ(2019.12.6 金沢競馬場:高橋優子厩舎 馬体重:ーーーkg)

★12/01(日)金沢・C2 六(ダ1500m)中島龍也騎手 結果4着

「100mの距離延長、タフな馬場、入れ替わりの激しい展開。どれもラヴィブリランテにとっては厳しいものでした。ベチャベチャな馬場での競馬の後ですので、入念なボディチェックをおこないましたが、両前肢の骨瘤は落ち着いており、歩様も問題ありません。年内1開催を残すのみ(次開催は20/3/15~)となりました。なんとかそこでいい結果を残せればと思います」(高橋優子調教師)

懇親会で将一社長に伺った通り現役続行です。
とりあえずこのままもう一戦は金沢で走らせる模様。
ここは続行ですが、それでも次戦での結果次第ではやっぱり、、、ということにもなりかねませんので、ここは今度こそしっかり決めてほしいと思います。

 
 
・アーブルルージュ(2019.12.6 美浦トレセン:松山将樹厩舎 馬体重:ーーーkg)

「予定通り水曜日に障害試験を受けましたがタイムを満たさずに不合格となりました。しっかりと結果を出すことができず申し訳ないです。飛越がどうというのではなく、今回の試験が初めての時計消化のようなものだったため、少し慎重にいった分、全体の時計がかかったためです。原因がはっきりとしているので、次は間違いなく合格できるように臨みます」(松山将樹調教師)

まさかの不合格^^;
先週『試験は単走で受けさせる』と言っていたので、おそらく単走では競り合ったり目標にする相手もないためタイムが出なかったのでしょう^^
飛越に問題がある訳ではなさそうなので、コメント通り次回はしっかり合格させてもらいましょう。

 
 
 

2歳馬

・ウィルビーハッピー(2019.12.6 美浦トレセン:奥村武厩舎 馬体重:ーーーkg)

★12/01(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)丹内祐次騎手 結果9着

「二走前とはいえ大暴走をかました中山コースなので、とにかく前半は抑えて徐々にポジションを上げていくよう鞍上に指示を出していました。内容としてはだいぶ常識にかかってきましたし、稽古から教え込んでいることもようやくつながってきている。それでもまだ今は色々と慣れさせ、ウィルビーにレースを覚えさせる段階。現時点でけっしてダート馬と決めつけているわけではなく、もう一度条件を替えずに今度は少し攻めた競馬をさせてみようと思います。両前ソエの症状も歩様には見せず、状態は特に変わりありませんので、このまま中2週くらいで次走に向かうつもりです」(奥村武調教師)

ウィルビーハッピーに関しては先日懇親会の記事で書いた通りですし、実際に今週のコメントもほぼその時に伺った内容です。
なかなか上手く伝えられないと仰ってましたが、直接伺った事(特に前半部分)を補完して読み取れば、ワタクシ如き一出資者に対しても嘘でも盛ってるわけでもなく丁寧に説明してくれたことが良くわかります。
未だネット上では叩かれているところも見受けられますが、間違いなく信頼できる先生だと思いますので、ここではそれを啓蒙していければと思っています。

 
 
・ブランニューウェイ(2019.12.6 美浦トレセン:中舘英二厩舎 馬体重:ーーーkg)

本日6日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「水曜日よりゲート練習を開始。中でも大人しくしていますし、扉がガチャンと開いてから抜群の反応とはいかずともしっかり出れています。これまで本格的な練習をしてきていないことを考えると優秀な部類と言ってもいいくらいです。今朝の試験も見事にクリアしてくれています。体力面に関してはまだ鍛錬が必要というのは確かなので、ゲートをクリアしたこの後は乗り込みに専念してもらうつもりです。来週のいずれかのタイミングで小野町に移動させます」(中舘英二調教師)

電光石火の入厩からあっという間のゲート試験合格。
そしてこれまた懇親会で伺った予定通り小野町に戻すようです。
できれば松風さんに出してほしかったですが、、、(ぼそっ
伝え聞くところによると、懇親会で小野町アドバイザー栗パパがこの仔は相当良いと仰っていたとの事。
まだ時間はかかるでしょうが、そこを拠り所に楽しみに待ちたいと思います^^

 
 
・ステラディウス(2019.12.6 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:488kg)

現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。
先週末に疝痛の症状が見られ、その後のボロの出も良くなかったことから、場内診療所にて診察を受けました。
腸内でボロがかなり硬くなっていたため、処置してもらったところ、溜まっていたボロは順調に抜けたようで、馬自身も見た目からも楽になっているようです。
しばらくは飼い葉の分量、水分調整などをおこないながら腸内環境が安定するのを待ち、獣医と相談しながら運動再開時期を検討していく予定です。

未入厩2歳馬最後の1頭になったステラディウスさんですが、ここまで順調に来ていたものの遂に一頓挫。
文章の頭『疝痛』の文字を見た時はちょっと青くなりましたが、よくよく読んでみるとどうやら便秘みたいですね^^;
といっても舐めてかかれる訳ではありませんが、少なくとも腸捻転などの致命的なものに比べ、比較的心配の少ない症状で良かったです。
マシンでの運動は続けているようなので、逆にいい休養になればいいかなと思います。

 
 
・サンメディル(2019.12.6 美浦トレセン:菊沢隆徳厩舎 馬体重:ーーーkg)

4日(水)にWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、70.2-54.9-41.0-13.5を馬ナリに追い切りました。
「デビュー前の新馬3頭での追い切り。馬場の悪いところを走らせて余計に負荷をかけましたが、まだ手応えには余裕が感じられた。気を抜くようなこともなく、いい感じで走れて下地はできているのかなと思います。トレセンの環境にも慣れ、飼い葉をようやく食べるようになってきましたし、気配や状態はここにきて赤マル上昇中といった感じでしょうか。稽古で少しイジメるようになってきたからか、今朝は馬房を覗くと一瞬噛みつこうとする素振り。普段は温厚な性格ですが、だいぶ目覚めてスイッチも入ってきましたね。デビュー戦は12/22(日)中山・2歳新馬(ダ1200m・混)を予定しており、鞍上は大野に依頼しました。もし除外されるようなら年明けにスライドとなりますが、どちらでも対応できるよう態勢を整えていきます」(菊沢隆徳調教師)

デビュー戦の鞍上が大野と出ました。
一口馬主DBでデータを見ても、菊沢厩舎の馬に大野が乗る機会はさほど多くはないものの、11戦4勝と高い勝率を誇り新馬戦では1戦1勝、人気馬(単勝10倍以下)に乗った際には4戦3勝と信頼の度合いが伺えます。
ここに来て一気に“ノルマンディーのエース”として君臨し始めた大野の起用には期待しかありません^^

 
 
 
そういえば、先日の懇親会でお会いした方数名から、本ブログは『重い』『コメントしづらい・出来ない』等々のご指摘をいただきました。
重いという部分に関してはサーバの問題や時としてアクセス過多になったりすることもあって、今すぐ劇的に解消するのは難しいところもありますが、さしあたっての軽量化に務めておりますので、もし何かお気づきの点がありましたら、またご指摘頂ければと思います。
コメントに関してもフォームを変えたり(メアド入力無しでコメントできるようになりました)、色々試行錯誤していこうと思いますので、何卒引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
、、、またしばらくブログの改造にハマりそうな予感、、、www

しかし、2次募集までこんなに情報小出しになるとは^^;
2次募集に関しては情報が出揃ってから記事にしますので、今しばらくお待ち下さいm(_ _)m

Comments

  1. サンメディルに出資しているものです。

    菊沢厩舎×大野のコンビの良績はほぼマリアズハートでのものですので、
    クラブとしてその再現を狙おう!としてくれているのなら期待感しかありませんね。
    ゲン担ぎ(?)かもしれませんがデビュー前はそういうことだけでも楽しくなります(^^)

    コメント失礼致しました。

    1+
    • >スピードスズカさま
      はじめまして。
      コメントありがとうございます^^
      サンメディルご一緒なんですね。
      末永くよろしくお願いたしますm(_ _)m

      ちょうどマリアズハートが勝ってOP入りを決めたタイミングでもあるので、クラブからのリクエストもあったのかもしれませんが、厩舎でも期待はしているそうなので楽しみですね♪
      マリアが芝、サンメディルがダートと両輪になってくれればというのは期待しすぎですかね?^^

      0
タイトルとURLをコピーしました