愛馬近況更新(2018.10.5)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて所属馬の情報が更新されました。


4歳馬


・シュエットヌーベル(2018.10.5 栗東トレセン:羽月友彦厩舎 馬体重:ーーーkg)

宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、3日(水)に帰厩しました。

「北海道から戻した後の馬体回復が早く、育成場で順調に乗り込んでもらえたのは何よりですね。次走は11/03(祝)福島・河北新報杯(芝1200m・混ハンデ)を目標に、この後はトレセンで調整することにしました。帰厩後1本目の追い切りは、明後日7日(日)に坂路でおこなう予定です。ただ、台風が接近している影響で変更するかもしれませんが、レースまではまだ時間もあるのでジックリ進めましょう」(羽月友彦調教師)


帰厩しました。
1000万にクラスが上がったことで、更に丁寧に扱ってもらえてますね。
次走予定は11/3福島と上がりました。
裏ローカルのハンデ戦ということはある程度昇級初戦から勝負してくるのかもしれませんね。
元々仕上がり早の仔ですし、まだレースまで1ヶ月近く余裕がありますのでのんびりやってもらえばいいと思います^^



3歳馬


・セルヴァ(2018.10.5 盛岡競馬場:齋藤雄一厩舎 馬体重:ーーーkg)

「照明設備の工事が終了してゲートを使えるようになったため、この中間から本格的なゲート練習を開始しています。発馬はまだ速歩で出しただけですが、入り、駐立を含めて今のところ特に問題ありません。発馬の俊敏性を養う意味でも、これからもっと練習を重ねていく必要があるでしょう。普段の調教は引き続き汗取りを着用して、併せ馬で入念に乗り込んでいます。本数を重ねてきたことでだいぶ息持ちが良くなってきましたし、馬体も徐々に引き締まってきた印象。脚元や体調面に関しては問題なく、今後もジックリ乗り込みながらゲート練習もしっかりやっていくつもりです」(齋藤雄一調教師)


盛岡入りからここまで順調。
この感じだと月内には一度使う形になるかもしれませんね。
まずは8分のデキで勝負するくらいでないと先が厳しいと思います。
いよいよベールを脱ぐ時が近づいている感じはヒシヒシと感じます^^



・オンファサイト(2018.10.5 栗東トレセン:杉山晴紀厩舎 馬体重:ーーーkg)

☆10/11(木)名古屋・マース賞(ダ1400m)岡部誠騎手

9月30日(日)にPコースで4ハロンから併せ、57.0-40.0-12.6を馬ナリに追われ、10月3日(水)には坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、55.9-40.8-26.5-13.0を一杯に追い切りました。「四度目の正直という言葉はありませんが、申し込み続けていた交流に選出されてまずは安心しています。来週のレースに向けて水曜日はこれまでで一番強く負荷をかけての追い切り。しっかりと対応してくれています。あとはこの後の状態を見ながら、月曜日の追い切りの程度を考えるつもりです。今ある力を存分に発揮できるよう、可能な限り負荷をかけて作り上げていきましょう」(杉山晴紀調教師)


ついに交流に選ばれました^^
坂路を見ても、確かにこれまでで一番負荷をかけた調教ができてるようです。

2018.1011 名古屋マース賞登録馬

2018.1011 名古屋マース賞登録馬



なかなかメンバーは揃ってます。
地元勢はここからサフラン特別とメンバーを振り分けるようですが、振り分けによっては元クラブ馬ビターレと一緒に走る可能性もあるようです。
残念ながらサラオク行きになったものの、その後覚醒したビターレとの対決は興味深いです。
厳しい戦いになりそうですが、ここで踏ん張って先につなげてほしいと思います。



2歳馬


・フェアリースキップ(2018.10.5 NSR 馬体重:425kg)

「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3500m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。時計消化を入れたことで馬体重は若干減ったものの、体つきが細くなった感じはありません。むしろ馬体に張りが出て良く見せていますし、毛ヅヤや飼い葉食いも良好。時計消化はまだ週1回にとどめていますが、今の感じなら来週から週2回に増やしてもいいかもしれません。最終的には馬体重と体つきを確認してから判断したいと思います。いずれにしても、ここまでは至って順調。送り出しに向けてこのまま進めていくつもりです」(担当者)


馬体は減ってますが、この仔の場合そこまで馬体減りを気にすることなく乗り込んでいるのは良いですね。
おそらく来週~再来週には帰厩することになるかと思いますが、次は本当のデビュー戦くらいの気持ちで待とうと思っております。



・アーブルルージュ(2018.10.5 :ノルマンディーファーム小野町 馬体重:424kg)

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。
早ければ来週中にも入厩予定とのことなので、先週に続き週2回の追い切りを織り交ぜながら進めています。
ここまで約2ヵ月ジックリ乗り込んできたこともあり、到着時と比べると背腰にしっかり筋肉が付き、中身が詰まってきた印象。
ここ最近は朝晩気温の下がる日もありますが、体調面の下降などは感じさせず、心身ともに充実している感じなので、いい状態で送り出せるのではないかと思います。


今週末には入厩かと思っていましたが来週のようです。
小柄の分仕上がりは早いと思いますので、入厩すればそこからは一気に進むのではないかと思います。
フェアリースキップと路線が被る部分もありそうですが、それはそれで楽しみです。



・ガルラバン(2018/10.5 :ノルマンディーファーム小野町 馬体重:546kg)

現在はトレッドミル、もしくは馬場2周と坂路1本(上限25秒ペース)のメニューで調整しています。
今週より坂路も1本登坂させていますが、体の使い方や体力面などは更に強化が必要な印象。
走りのバランスも整えるため、週に1~2回はトレッドミルを取り入れながら体幹を作ることもおこなっていきたいと思います。
性格的にもまだ幼さが残っているので、一つ一つのことをしっかり意識させながら進めていきます。


もう少し時間はかかりそうですが、内容そのものは至って順調。
年明けの中山辺りでデビューということになりそうですね。
小野町も大分空いてきましたので、きちんと時間をかけて丁寧に扱ってもらえてるような感じなので、しばらくはこれを続けていってもらえればと思います。




明日のレイヴンキングデビュー戦はメンバーも揃っていることもあってあまり評価は高くありません^^;

20181007 東京5R@一口馬主DB

20181007 東京5R@一口馬主DB



とはいえ、流石に一口馬主DBのレビューにあるような13番人気ほど低評価ではなく、前売り段階では25倍前後の6番人気。
最終的にはここから落ちても7-8番人気に落ち着くと思います。
最内1枠1番を引いたことで、スタートさえしっかり出れればひょっとしてというところも出てきました。
モレイラが今日の競馬で騎乗停止になり、現在進行中のJRA騎手試験への影響を考えると今週残りはあまり無理できないはず。
と考えるとすんなりハナを取れればあれよあれよというケースもなきにしもあらずかなぁと。
メンバーレベルから大きな期待は禁物ですが、口取りも確保しましたので淡い期待を持って現地に臨みたいと思います。
お会いできる方がいらっしゃれば、お声がけお待ちしております^^

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(6)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。