今週はテオドルス

5/21 テオドルス パドック2 出走情報

先週のシュエットヌーベルに続いて、今週はテオドルスが出走です。
今回で転厩2戦目。
初の続戦という意味では、転厩の効果が表れた結果ですね。
  

以下、ノルマンディーOC公式サイトでの近況。
・テオドルス(2017.6.8 美浦トレセン:粕谷昌央厩舎 馬体重:ーーーkg)

☆6/11(日)東京・3歳未勝利(ダ2100m・混)江田照男騎手

4日(日)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、59.8-42.6-27.6-13.7を馬ナリに追われ、7日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.4-40.0-26.3-13.0を一杯に追い切りました。
「昨日の追い切りはラスト1ハロンの時計をもう少し詰めたかった…というのが正直なところですが、動き自体は悪くなかったですよ。ウチに転厩してこれが2戦目になりますが、こんな形で順調に調教を積んでコンスタントに出走していけば、いずれチャンスは回って来ると思っています。これまで付きっきりで跨ってくれた大知君は残念ながら乗れませんが、最後まで一生懸命追ってくれる江田君なので、乗り替わりも全く心配してません。距離延長での変わり身に期待しましょう」(粕谷昌央調教師)

 

確かにタイムが縮まらないので先週からトーンダウンは仕方ないところですね。
想定では12頭と比較的少頭数でしたが、実際の登録は除外が1頭出る16頭フルゲート。
メンバー的には中距離ダート未勝利の常連が多く、それほど強力なメンバーではありませんが、前向きな要素は少ないですねぇ。。。
鞍上は江田照男。
メジロマックイーンが降着した1991年天皇賞(秋)、当時馬連しかなかった時代にカリブソングとの馬連4600円は大儲けでした。
すっかりベテランですが、しっかり追って教育してもらいましょう。

 
 
 
明日3次募集馬の馬名総選挙候補が発表されるようですね。
今度こそ、、、今度こそ、、、

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (1)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (1)
当記事に関するご意見・ご感想・ご質問などはページ最下部コメント欄よりお気軽にどうぞ!

Recommend

スポンサーリンク
出走情報
穴党一口馬主生活

Comments