今週の結果と近況

20190420 東京2R ガルラバン チーム近況

今週の結果

今週土曜日に出走したフェアリースキップ、ガルラバン、レイヴンキングの3頭はそれぞれ敗退。
残念ながら本年初勝利を飾ることは出来ませんでした。

ノルマンディーOC公式サイトに上がったレース後コメント。

・フェアリースキップ(2019.4.20:東京競馬場 馬体重:412kg)

★4/20(土)東京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)柴田大知騎手 結果10着

「前走以上に馬がイレ込んでいて、道中も苦しがって右へ右へと張っていくような格好に。右回り左回りという点も影響しているかもしれませんが、1400mという距離はこの馬にとって長かった印象です」(柴田大知騎手)

今週は競馬場にはいけなかったためグリーンチャンネルで観戦。
パドックの中継時にはチャカついてはいるもののいつも通りの感じで、パドック評価でも「波乱があるとすればこういう馬」と評価は悪くありませんでした。
実際には前走よりイレていたとの事。
であればやむなしですかね。
実際前走見たときにも「これでは競馬にならないだろう」と思ったくらいで、あれで「いつもより落ち着いてた」というコメントにびっくりしたくらいなので。
それでも残り300くらいまでは抵抗していたので、距離が長いのは明白でした。
これで再度ワンアウト。
もう一度距離を短縮して新潟でやり直しですね。

 
 
・ガルラバン(2019.4.20:東京競馬場 馬体重:516kg)

★4/20(土)東京・3歳未勝利(ダ2100m)武藤雅騎手 結果12着

「この距離を考慮して前半をあえて控えたことはありますが、スタミナ切れを起こすことなく長く脚を使って、最後まで持ってくれました。テン乗りなので適性に関しては何とも言えませんが、バッサバッサとした走りで、トモもまだユルいので、スピードタイプではなくスタミナタイプです。ですので、今回のレース選択は決して間違いではなかったと思いますよ」(武藤雅騎手)

スタミナは最後まで持ったのかもしれませんが、圧倒的なスピード不足は否めません。
パドック映像ではでは緩さもなくなっていて、とてもいい馬体になってきたと思いました。
パドック評価でも名前が上がっていたので、決して気のせいではなかったと思います^^;
それでもやはりレースにはついていけてないですし、一朝一夕で激変するような感じではなさそうです。
小西厩舎のここまでの使い方を見ると、おそらくまたすぐに使って3アウトになる(する)でしょう。
そこで一旦放牧を入れて立て直すのか、それとも終了か。
現状のクラブの決断の早さを考えると後者の可能性も大いにありえますね。

 
 
・レイヴンキング(2019.4.20:福島競馬場 馬体重:506kg)

★4/20(土)福島・3歳未勝利(芝2000m・混)菅原明良騎手 結果8着

「枠が枠だったのである程度前に行こうと思っていましたが、逃げる馬がいなかったので先手を奪うことに。ただ、気分良く行きすぎていたので少し抑えようとして馬と喧嘩してしまいました。結果的には前走で武史さんが乗ったように、捲るような競馬の方が良かったのかもしれません。上手く乗れずにすみませんでした」(菅原明良騎手)

この時間は当日行われたワタクシのバンドのLIVEリハーサルと重なったので、音声のみの応援。
映像は先程確認しました。
確かに先頭に立ったところで抑えてしまい、馬も口を割ってましたね。
捲くる競馬をする必要はないけど、気分良くいっていたのならそのまま行かせてしまってよかったと思います。
これ、この前のレースで菅原くんがようやく初勝利を挙げたことが微妙に影響している気がします。
悪い言い方をすると、勝ったことで騎手のほうが気分が良くなってしまって“その気”になってしまったというか。
その辺は一括りでいうとやっぱり『経験』ということになるんでしょうね。
なんとかアウトはもらわずに済みました。
ここで一旦一息入れるのか、更にタフさを発揮するのか。
尾形師の舵取りも難しいところだと思います。

 
 
 

愛馬近況更新(2019.4.19)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて近況の更新がありました。

5歳馬

・シュエットヌーベル(2019.4.19:宇治田原優駿ステーブル 馬体重:ーーーkg)

★4/14(日)阪神・千種川特別(芝1200m・混ハンデ)藤岡康太騎手 結果12着
この後はトレセン近郊の京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、昨日18日(木)に移動しました。

「状態としては悪くなかったですし、前走時より当日のテンションも落ち着いていたと思います。レース前半は中団前目のいいポジションで運べて、いつもなら直線も頑張ってくれるのですが…。坂で止まったように、阪神コースは不向きなのかもしれません。レース後も馬体に大きなダメージはありませんが、小倉・阪神と2回ずつ使いましたし、この後は北海道シリーズを目標に、ここでリフレッシュさせたいと思います。1回函館開催(6/15~)での出走に向け、しっかり充電してもらいましょう」(羽月友彦調教師)

ここで一息、昨年同様北海道開催を目指すことになりました。
洋芝適正は昨年で証明されてますし、ここでの復活を目指してしばらくのんびりしてもらいましょう。

 
 

3歳馬

・ラヴィブリランテ(2019.4.19:ブルーステーブル 馬体重:490kg)

「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000m、坂路2本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。週2回、ソエのある左前脚に焼烙治療をおこないながら進めていますが、傷みなどはなくしっかり乗り込めています。馬は本当に良くなっていますし、帰厩したらすぐに使える状態にあると思うので、このまま態勢を整えていきます。栗田調教師からは、近々トレセンに戻すとの話がありました」(担当者)

次走予定が5/18or5/19で上がりました。
ちょうど一ヶ月ありますので、今週末に帰厩してしっかり乗り込む感じですかね。
まだ脚元に不安を感じるところはありますので、まずは最短の勝ち上がりで時間的余裕がほしいところです。

 
 
・アーブルルージュ(2019.4.19 美浦トレセン:菊沢隆徳厩舎 馬体重:ーーーkg)

★4/13(土)福島・3歳未勝利(芝2000m・若手)菊沢一樹騎手 結果5着

「ソロっとゲートを出たのは想定内でしたが、位置取りなど前半ややチグハグな格好に。それでも向正面からようやくエンジンがかかり、直線凄い脚で伸びてきました。経験馬相手のデビュー戦で、よく頑張ってくれたと思います。ポテンシャルの高さは今回確認できたので、あとはしっかりと競馬を教えていって結果を出したいですね。使った後の方がアーブルも落ち着いていて、少しシャンとしてきた様子。脚元も問題ありませんが、状態を見ながら中2~3週で新潟開催の番組(芝1800~2000m)に向かいたいと考えています」(菊沢隆徳調教師)

続戦のようです。
脚元に問題がなかったのは本当に良かったです。
一度レースを使ったことで変わり身はあると思いますし、直線の長い新潟に向かえるのもプラスです。
上手くレースが選べれば次戦での勝ち上がりも十分可能だと思いますし、菊沢師ならその辺りはそつなくやってくれると思います^^

 
 
 
明日から3次募集の受付開始です。
今週までに何か一頭でも勝ってくれたら初日に申し込もうかなとは思っていましたが、、、
それでも結局なんだかんだで1-2頭出資するなら、いつでも同じだしなぁとも思い、、、
もう出資する仔は決めているので、単なる験担ぎでしかないんですけどね。
もうちょっとだけ考えます^^;

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (2)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (1)

Comments