レイヴンキングは非当選 デビューならず

30日(日)中山5R芝1800mでのデビューを目指して投票をおこなったレイヴンキングでしたが、14/18の抽選をくぐり抜けることができず、デビューなりませんでした。

ノルマンディーOC公式サイトでの近況です。

・レイヴンキング(2018.9.27 美浦トレセン:尾形和幸厩舎 馬体重:ーーーkg)

9/30(日)中山 2歳新馬(芝1800m)武藤雅騎手 除外(非当選)

23日(日)に坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、55.2-40.6-26.6-13.1を馬ナリに追われ、26日(水)にはPコースで5ハロンから併せ、67.5-53.0-40.0-12.4を強目に追い切りました。
「体幹がしっかりしているし、トビが大きく上質なフットワークからもスケールを感じさせる馬ですが、いざゴーサインを出してアクセルを踏んでも思いのほかギアが変わってきません。現状では瞬発力に欠けるため、自分のペースで行って早く仕掛けてどこまで粘り込めるかという競馬になると思います。その点からもディープ産駒の揃う東京より中山コース向きではと見ているのですが、残念ながら今週は14/18の抽選に外れてしまいました。日頃からおこないには注意しているのですが、運がなくて申し訳ありません。仕切り直して、来週10/07(日)東京・2歳新馬(芝2000m・混)に武藤雅で向かいます」(尾形和幸調教師)


実際のところはどうなるかわかりませんが、個人的には東京よりも中山向きではないかと思っていたのは再三書いたとおりです。
なので、こちらの方が良かったと思う反面、千八では距離が足りないのでは?というところもあって難しいです^^;
一応予定的には一週スライドで次週ということになりました。
コメントにもあるようにディープ産駒が数頭デビュー予定。
バヌーシーのキタノインパクトもルメールでデビュー予定ですね。
馬にもたけしにも罪はありませんが、この仔にはなんとしても先着してもらいたいという気持ちがフツフツとw

いずれにしても来週は除外1もありますので出走にはなるでしょう。
追い切りももう一本できるのはプラスでしょうし、来週がんばってもらいたいと思います。

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(4)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。