セレクトセール2021

一口馬主
この記事は約4分で読めます。

今年も7/12-13の2日間に渡り、最大の馬セリ市セレクトセールが開催されました。
昨年から続くコロナ渦中での開催で、今年はオンラインでの参加の可能なハイブリッド形式での開催。
その効果もあってか、価格は例年にもまして高騰し売却総額、平均価格ともに過去最高額となりました。
特に当歳セッションでは平均落札額が昨年より1千万円以上上回るなど、ますます『先物買い』が加速しているようです。

このように価格的になかなか手が出しづらくなる中、ノルマンディーは昨年同様1歳セッションでの落札はなく、昨日の当歳セッションで“かろうじて”2頭の若駒を落札しました。

セレクトセール2021当歳落札馬

・フジインザスカイの2021(父:ヘニーヒューズ 母父:ディープスカイ 牡 栗毛 落札価格1980万円※税・保険料込)

フジインザスカイの2021

488.フジインザスカイの2021 | オンラインカタログ | セレクトセール2021
セレクトセール2021ウォーキング動画

ディープスカイ産駒である母フジインザスカイはダートを主戦に26戦3勝。
3歳時にはダート交流重賞兵庫チャンピオンシップまで駒を進めています。
本馬は1年の空胎を挟んで母10歳時3番仔。
上2頭はいずれも未デビュー。
19年産の半兄アジアエクスプレス産駒ワンダーブレットは馬名登録はされているものデビューできていないようです。
当歳馬なので当然といえば当然なのですが、まだまだ幼く母馬に甘える仕草も目に付きます。
1年間でどれだけ成長してくれるか楽しみではありますが、本馬の落札価格は税込みで2000万弱。
募集時には3000万を超えてくるものと思われ、セレクト出身といえど3千万オーバーのヘニーヒューズ産駒にどれだけの人が興味を示すかというところにはいささか不安を感じますね^^;
ここのところずっと言ってるようにヘニーヒューズ産駒は欲しいとは思ってはいるんですがねぇ。。。

 
 
・ルスナイプリンセスの2021(父:シニスターミニスター 母父:ファスリエフ 牡 鹿毛 落札価格990万円※税・保険料込)

ルスナイプリンセスの2021

535.ルスナイプリンセスの2021 | オンラインカタログ | セレクトセール2021
セレクトセール2021ウォーキング動画

これでもか!というくらい派手なメジャー種牡馬の産駒が高額で落札されている中、いつものごとくシニミニ産駒を買ってしまうところにノルマンディーの矜持というからしさを感じますね^^
母ルスナイプリンセスはわずか11戦1勝で繁殖に上がっていますが、競走成績は堅実で大崩れのない相手なりに走る馬だったようです。
主にダート短距離で使われた母とシニミニの組み合わせはどこから見ても相性は良く、コツコツ走る典型タイプになりそうです。
ウォーキング動画でも既にダート短距離馬らしい馬体でしっかり歩けており、現時点ではフジインザスカイの2021よりも成長度は高そう。
半兄ワンダーアマルフィが地方からの出戻りで1勝Cでも好走しているように、適正は間違いないところだと思います。
セレクト馬っぽいところは皆無といっていい馬ではありますが、ノルマンディー的には「いかにも」な仔なので売れそうですね。
募集価格が2000万近くになると思いますので、1年後の成長と金額見合いになるでしょうが楽しみはありそうです。

 
 
 
今年も昨年同様、当歳馬2頭の落札に終わったセレクトセールですが、ノルマンディー的には再来週予定されているセレクションセールからが本番。
その後のサマーセールと併せて、21年産募集の骨格が形成されていきますので、しばらくはセール動向から目が離せない日々が続きそうです。

Comments

タイトルとURLをコピーしました