3歳馬近況更新(2017.6.2)

今週はシュエットヌーベルが出走のため週末の更新は2頭のみ。
ノルマンディーOC公式サイトでの近況です。

・テオドルス(2017.6.2 美浦トレセン:粕谷昌央厩舎 馬体重:ーーーkg)

28日(日)に坂路コースで4ハロンから併せ、59.4-43.8-28.4-14.0を馬ナリに追われ、1日(木)にも坂路コースで4ハロン57.3-42.1-27.6-13.6を馬ナリに追い切りました。
「2ヶ月振りの実戦を使ったことで、ピリッとしていますね。いい雰囲気ですよ。来週の6/11(日)東京・3歳未勝利(ダ2100m)に向けて時計を出し始めましたが、しっかりと最後まで気を抜かずに走れていますし、普段の稽古も淡々とこなしています。地力強化されている印象を受けますし、次走で変わり身が見せられるかもしれませんね」(粕谷昌央調教師)

ホントかよwwwって感じもありますが、とりあえず来週を信じて楽しみに待ちましょう。
裏を返すとこれで変わり身が見れなかったら時期的に考えてもアウトということだと思います。
もう一戦くらいはあるかと思いますが、出来ることを最大限にやって頂けたらそれで良いと思います。
ただでさえ、見込みがない(かも知れない)仔を引き取って面倒見てくれてるんですからね。

・ダイバージェント(2017.6.2 :松風馬事センター 馬体重:458kg)

「現在は長めの曳き運動のみにとどめています。30日(火)に軽い疝痛(ガス腹)を起こしましたが、獣医さんに処置してもらい、症状はすぐに改善したので心配はありません。洗い場までの往来を見る限り、患部の痛みはだいぶ緩和していますし、若干残っていた熱感も落ち着いてきました。時間経過に準じた回復は窺えますね。3日(土)に回診に来る獣医さんのジャッジを仰いだうえで、問題がないようなら週明けから本格的なリハビリを開始する予定です」(担当者)

ケガの方はそれほど大きなものでなかったようで、そこは不幸中の幸いですかね。
ただそうなるとやはり色んな所に悪いところが出てくるのは人間と同じで^^;
ここはとことんオーバーホールして、復帰後は即勝ち抜けられるくらいの態勢を整えてほしいと思います。
初戦で優先を逃すと出走すらままならなくなって終了の恐れも出てきますので。。。

明日のシュエットヌーベルは念願の外枠、8枠15番での出走となりました。
鞍上の木幡初也JKは今日の1Rダート1400で外目の枠から差し切って勝ってますので、同じような流れで乗ってもらえれば結果は付いてくるかと思います。
くれぐれも前回乗った時のイメージで前々に無理に押していくことのないように。。。m(_ _)m

6/4 8R@東スポ

6/4 8R@東スポ


東スポは無印でした^^
全スタッフ予想のなかにチラホラと△が。
アタマは難しくても馬券内は十分にある条件だと思いますが、人気はなさそうですので馬券的には美味しそうです。
いつも現地でバタバタと落ち着かないなか応援してますので、今回は家でじっくりTVの前で応援しようと思います。

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(2)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。