旅のご無事を。。。(愛馬近況 2016.8.5)

ノルマンディーOC公式サイトにてトレセン在厩馬の近況が更新されました。
どうやら明日から3週続けて出資馬・プチ出資馬の出走ということになりそうですヽ(=´▽`=)ノ

・シュエットヌーベル(2016.8.5 美浦・伊藤圭三厩舎 馬体重:—kg)

3日(水)に坂路コースで5ハロンから0.1秒追走して併せ、52.3-38.1-25.0-12.4を強めに追い切りました。「古馬にしっかりと食らい付き、終いまで脚色が鈍ることなく好時計をマークしました。走りの感じからはダート戦に向いている印象ですが、なかなかスピードに見どころがありますよ。新潟には適鞍と見込む番組が開催最終週にしか組まれていませんし、当然そこを狙ってくる陣営は多いでしょうから、除外になる可能性も懸念せねばなりません。レースを使える態勢はほぼ整ったと判断できるため、クラブ側とも意見を交わした結果、来週8/13(土)小倉・2歳新馬(ダ1000m・混)に向かうことになり、D.バルジュー騎手を確保しました。長距離輸送のリスクは伴うものの、無事クリアできれば初戦から動けそうなイメージがあります。最終追い切りは美浦で行う予定ですが、渋滞などを考慮して早めに小倉競馬場に移動させるつもりです」(伊藤圭三調教師)

やはり輸送のリスクを負っても確実にダート短距離を使えそうな小倉に行こうということですね。
先週もスマファル産駒のビーチマリカが新馬勝ちしてますし、師の見立て通り初戦から動けるよう期待してます。
輸送減りがどれだけなのかがカギになりそうですね。
まずはとにかく長旅の無事を祈りたいと思います。
  

・ディバインコード(2016.8.5 美浦・栗田博憲厩舎 馬体重:—kg)

この中間も馬場で軽めの調整とゲート練習をおこなっています。「だいぶ観念してくれたようで、先週に比べると余計な動きは減ってきましたし、良い方向へ向かっているのは間違いありません。それでもまだ心もとない状況ですので、継続して教え込んでいきたいと思います。馬にとっては相当しんどいですし、『今の時期にそこまで追い込まなくても…』という意見もあろうかとは思いますが、若いうちにしっかり教育しておかないとゲート以外にも懸念材料が出てきてしまいますからね。能力は高い馬ですから、それをしっかりと発揮できるようにしたいと思っていますのでご理解いただけると幸いです。今のところ8/21(日)新潟・2歳未勝利(芝1400m・混)にヨシトミで向かいたいと思っています」(栗田博憲調教師)

果たしてこの一週間でどれだけ矯正できたのか。。。
そして、それが今後の競争能力にどれだけの影響を与えるのか。
この辺を踏まえると、次戦は色んな意味で最初の正念場になると思います。
善臣騎手も前走で跨って馬の特性もわかっているでしょうから、ここは勝ち上がりに最善を尽くしていただきたいと思います。

これでディバインもこのまま21日に出走ということになれば、3週連続で愛馬が出走ということになります。
まずは明日。
がんばれ、ホワイトファング^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(1)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。
  • Dra

    test
    テストコメント
    コメント欄変更テスト

  • Dra

    コメント欄変更テスト