愛馬近況更新(2018.3.30)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて所属馬の情報が更新されました。
今週は31日(付け)に2歳馬の更新もありましたので、全頭更新になります。


4歳馬



・シュエットヌーベル(2018.3.30 宇治田原優駿ステーブル 馬体重:477kg)

「現在は600mの馬場をダクとキャンターで1800~2400m(キャンターは18秒ペース)、坂路コースを1本(18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。だいぶ体をフックラ見せるようになり、雰囲気が良くなってきましたね。28日(水)に15-15の時計消化をおこないましたが、動きは上々。反動も見られないので、明日31日(土)にも15-15の時計消化をおこなう予定です。羽月調教師から具体的な入厩時期についての言及はまだありませんが、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えていきたいと思います」(担当者)


更に馬体は増えた様子。
しっかり動かしながらの増加なので状態もいいということなんだと思います。
入厩すれば仕上げには時間がかからない仔ですし、次走予定はGW明けですから、直前まで外厩で過ごして戻してすぐ使う感じになるんでしょう。
本線は一度叩いて2戦目でメイチという感じになりますかね。



・ダイバージェント(2018.3.30 松風馬事センター 馬体重:481kg)

「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。ここにきて右の前肢帯にやや硬さが見られますし、急に気温が上がってきた影響か四肢の浮腫みも出てきました。右前の繋に関しては熱感や触診痛などもなく、亢進症状(ぶり返し)は見られないので、前肢帯の硬さや四肢の浮腫みに関しては一過性のものだと思います。28日(水)に獣医さんにチェックしてもらったところ、『(右前の繋に)大きな動きはないので、このまま進めていっても問題ない』とのことだったので、それほど心配は要らないでしょう。念のため様子を見ながら慎重に進めていくつもりですが、もし亢進症状が見られるようならショックウェーブによる治療を施すことも検討したいと思います。なお、佐藤調教師が27日(火)に来場され、状態および歩様の確認をおこないました」(担当者)


多少疲れが溜まってるという位な感じで受け止めていいと思いますね。
松風さんも色々わかってくれてるので、ここは完全おまかせで。
同期のグランティエラが浦和で3勝上げたあと中央再転入2戦目で500万下を勝ち上がりました。
現状の充実度なら、この仔も同等の活躍が出来ると思ってますので、状態が改善するまでじっくり待ちたいと思います。



3歳馬



・ロワセレスト(2018.3.30 美浦トレセン:尾形和幸厩舎 馬体重:ーーーkg)

28日(水)に坂路コースで4ハロン55.7-41.1-27.1-13.5を単走で強目に追い切りました。
「だいぶ走りに柔軟性が出てきましたし、体力面も伴ってきた印象を受けます。あとはまだ重め感のある体つきを、これからビシビシ鍛えて絞っていきたいですね。トレセンで少し時間をかけて乗り込ませてもらい、4/22(日)東京・3歳未勝利(芝2400m・混)を目標にしていきます。鞍上は田辺裕信騎手に依頼しました」(尾形和幸調教師)


次走の鞍上が早くも田辺裕信JKに決まりました。
あのシュエットヌーベルを勝ち上がらせてくれたのも田辺でした。
それが昨年の4/21。
ちょうど一年後また同じように田辺鞍上でレースを迎えるところは少し運命めいてますね。
実はワタクシ自身のスケジュールも昨年と全く同じ。
前日まで同じ場所、同じ飛行機、同じ宿泊先へ地方出張です。
これは、昨年の再現を期待するなという方が無理な話ってなもんです^^



・オンファサイト(2018.3.30 宇治田原優駿ステーブル 馬体重:427kg)

「現在は600mの馬場をダクとキャンターで1800~2400m(キャンターは18秒ペース)、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。相変わらず飼い葉、乾草ともにしっかり食べています。28日(水)に15-15の時計消化をおこなった分、馬体重はわずかに減っているものの、逆を言えば速い時計を出しても体が極端に減らなかったのは好材料といえるでしょう。引き続き馬体増を促しつつ、時計消化を織り交ぜて入念に乗り込みながら送り出しに向けて態勢を整えていきたいと思います」(担当者)


思うほど馬体重は増えませんが、やはりここが現時点でのベスト体重と考えるべきなのかもしれませんね。
その辺が加味されてかどうかはわかりませんが、次走予定が5/13(日)京都のマイル牝馬限定戦と上がりました。
もう少し長くても良いのかな?という気もしますが、そういったところは杉山師が相手関係なども吟味しながらしっかり考えてくれると思います。
放牧に出しても身体が大きくならない現状では、使いながら成長を促していくほうがより効率が良いかもしれません。



・セルヴァ(2018.3/30 オカダスタッド 馬体重:ーーーkg)

今後はオカダスタッドで調整することになり、25日(日)に移動しました。
現在は舎飼にとどめて経過観察を行っています。
担当者は「輸送熱を発症することなく無事到着しました。まだ環境に慣れていないせいかソワソワした様子ではあるものの、与えた飼い葉は残さずに食べてくれています。当面は安静が必要になりますが、徐々に落ち着きも増してくるでしょう」と話していました。


北海道に帰りました。
これからしばらくは更新も月2回になりますので、少しさびしいですね^^;
しっかり身体を休めて脚元を固めていってほしいと思います。



2歳馬



・レイヴンキング(2018.3.31 ノルマンディーファーム 馬体重:489kg)

レイヴンキング_20180331

レイヴンキング_20180331


現在は馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「この中間から馬場でも調教を開始しました。また、坂路では更にペースアップを図って進めています。乗り込みを強めながら馬体重が増えていますし、トモの筋肉に厚みも出てきました。馬格通りの力強さに加え、走りからはスピードも兼ね備えていそうな印象です。気性も大人しく、ここまで至って順調な調整が出来ています」と話していました。


馬体重は先月末よりも減っていますが、写真からは一回り大きくなったような印象を受けます。
特にトモがしっかりしてきた印象で、バランスも更に良くなりすばらしい馬体になってきました。
昨年同時期のロワセレストの馬体と比較しても現時点での完成度はこちらの方が高いと思います。
ぶっちゃけ自分の中ではどうしても「ハズレ1位」という感覚があって、なかなか期待度が上がってきていませんでしたが、この馬体変化でもしかしたら抽選に落ちて出資が叶わなかった仔たちよりも良いんじゃないかと思えるようになりました^^



・フェアリースキップ(2018.3.31 ノルマンディーファーム 馬体重:429kg)

フェアリースキップ_20180331

フェアリースキップ_20180331


現在は馬場1周と坂路2本(上限25秒ペース)のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「この中間に左後脚に外傷を負ったため、一週間ほどパドック放牧にとどめて様子見しましたが、順調に回復したことから騎乗を再開。まだ乗り出して日も浅いことから、今は休養前と同様のメニューで進めています。以前は調教中のテンションが高く、制御するのに苦労しましたが、ようやく調教にも慣れたようで、キャンターをしっかり踏めるようになってきました。ペースアップにはもう少し時間が掛かりそうですが、焦らずに一つ一つステップアップしていければと考えています」と話していました。


相変わらず小さい仔ですが、体重はオンファサイトを上回りましたw
冬毛も大分抜けてきて、小さいけどバランスの良い好馬体が見えてきましたね。
引き続きテンションの高さが指摘されてますので、この辺の改善が当面の目標なっていきそうです。
まだまだ時間は掛かりそうですが、じっくりと乗り込んでいってもらえればと思います。



・ラヴィブリランテ(2018.3.31 ノルマンディーファーム 馬体重:451kg)

ラヴィブリランテ_20180331

ラヴィブリランテ_20180331


現在は馬場1周と坂路2本(上限22~23秒ペース)のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「雪解けが進んで馬場が使用できるようになりましたので、この中間から乗り込み量を増やし、坂路でのペースも徐々に上げて進めています。見た目は小柄に映りますが、今月の計測で451kgだったように、中身は詰まっている印象。フットワークが安定しており、走りも力強いです。ただ、少し力んでいる面があるため、もう少しリラックスして体を上手に使って欲しいところ。あまりハミを掛け過ぎず、楽に走れるようこちらも心掛けていきます」と話していました。


まだ冬毛が抜けきってない状態でもひと目で分かる好馬体。
特に下半身の大きさはクラブの2歳馬全体を見ても上位だと思います。
ただ大きければ良いってもんでもありませんので、早く調教動画が見たいですね。
この仔も遅生まれではありますが、馬体の方は少しづつ幼さが抜け始めていますので、来年の今頃になってもデビューしてないなんてことはないと思います。
色んな角度からみても不安要素が一番少ない仔ですね。

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(3)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。