愛馬近況更新(2018.2.23)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて所属馬の情報が更新されました。
今週は出走がなかったので、久しぶりに全馬揃っての更新です^^



4歳馬



・シュエットヌーベル(2018.2.23 小倉競馬場 馬体重:ーーーkg)

★2/17(土)小倉・大牟田特別(芝1200m・混)西田雄一郎騎手 結果4着

「芝であれば他馬のキックバックもなく、今回はノビノビ走らせたい考えからブリンカーを外して臨みましたが、揉まれるとどうしても怯んでしまう。それでも着順や内容は悪くなかったので、次走に向けてはその点をどう対処していくか、馬具の装着を含めまた策を練っていきたいと思います。レース後のダメージも少なく、歩様は若干ゴトゴトしているものの、捌きがもともと硬いタイプなので許容範囲。この条件ならばと光が見えましたので、なんとか降級対象期間のうちに勝ち上がりたいですね。中一週で3/04(日)小倉・4歳上500万下(芝1200m)に向かうつもりです」(羽月友彦調教師)


前走後そのまま小倉競馬場に滞在、中一週で続戦です。
トラブルなく続戦できるようでまずは一安心。
コメントにあるように、もう一つ勝ってその後降級して現級でもう1勝出来るとベストですね。
というか、2週間前までは降級云々なんてことは言える状況でもなかったので、この状況にきたことだけで考えても前走は大きな前進だったと思います。
期間内と言わず、勢いのある次走で決めて降級までに1-2戦1000万で戦って力を測るくらいの余裕があるといいかなぁ。
何にせよ、来週の次走が楽しみです^^



・ダイバージェント(2018.2.23 船橋競馬場:佐藤裕太厩舎 馬体重:ーーーkg)

「3/01(木)川崎・C2(八)(九)(十) (ダ1400m)に出走を予定しています。この中間も順調に乗り込んでおり、馬も元気一杯。状態は相変わらずいいですね。25日(日)に最終追い切りをおこなう予定で、このひと追いで態勢はキッチリ整うでしょう。ジョッキーは前走に引き続き御神本騎手に依頼しており、返事待ちの状況です」(佐藤裕太調教師)


シュエットの前に今週はダイバージェント。
木曜日に川崎で出走になります。
今回はC2に昇級しての一戦となりますが、メンバーを見てみると同じような形で上がってきている馬が多そうです。
勝って昇級している仔たちは現級でもしっかり勝負になっているようなので、ジェントにも同様の期待が持てるかと思います。
メンバー的には分割された同級のもう一組のレースの方がメンバーが揃った印象で、こちらの方が一枚落ちると見ます。
カギは川崎と距離延長でしょう。
前走のようにハナを叩いて逃げ切る形であればイケると踏んでますので、前走できっちり勝たせてくれた御神本JKの続投を祈ります^^
今回は木曜日の出走ですので、現地で応援してきます( *´∀`)ノ



3歳馬



・ロワセレスト(2018.2.23 NSR 馬体重:520kg)

「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2400m(17秒ペース)のメニューで調整中です。『調教でビシビシ攻めて体を絞って欲しい』と尾形調教師から注文があり、入場した翌日から普通キャンターでコンスタントに乗り込んでいます。『まだ前向きさに欠けるので、闘争心も引き出して欲しい』とも言われていますので、調教は併せ馬で。うるさい馬が多いルーラーシップの産駒にしては珍しくおとなしくて扱いやすい反面、まだピリッとしたところがありませんね。脚長でトビが大きく、ダイナミックな走りで素質はありそう。今後は課題の克服に努めつつ、帰厩に向けてコンディションを高めていければと考えています」(担当者)


前走見た目以上にやや太めだったところはこれで解消されそうです。
脚元さえ問題なければこの後も大きな心配はないと思っています。
次走ではしっかりとレースを選んでもらって、もう少し距離の長いところで勝負してもらいたいですね。
コメントからもやはり芝のほうが良さそうに感じます。



・セルヴァ(2018.2.23 松風馬事センター 馬体重:514kg)

「現在は1時間のウォーキングマシン運動の後、角馬場で20~30分程度のダクとハッキングキャンター、午後にも1時間のウォーキングマシン運動というメニューで調整中です。17日(土)におこなったショックウェーブ治療の反応も良好。この中間も先週と同様のメニューで乗り込みを進めています。明日24日(土)の検疫で入厩予定とのこと。ここのところずっと歩様も安定していますし、運動量はしっかり確保していましたので、トレセンでの本格的な調教へスムーズに移行できるだけの下地作りはできたと思います」(担当者)


今度はなんとしてもデビューまで持っていくでしょう。
新馬戦は3/18までしか組まれていませんので、未勝利で経験馬と戦うことになりそうです。
おそらく千二ダートでのデビューになるかと思いますが、この条件なら番組は豊富ですのでメンバーを見ながら投票できるかもしれませんね。
時期的に素質だけで勝てるほど甘くはないでしょうが、初戦でメドが立つくらいの走りができる体制を整えてもらいたいです。



・オンファサイト(2018.2.23 宇治田原優駿ステーブル 馬体重:ーーーkg)

★2/21(水)笠松・梅見月賞(ダ1400m)佐藤友則騎手 結果:優勝
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、本日23日(金)に移動しました。

「このタイミングで勝てて正直ホッとしています。まだじっくり成長を促したい気持ちがありながらも、レースを使っての変化に期待したいという思いがある中での出走でしたからね。レース後は脚元に大きなダメージはなく小さな擦り傷がある程度ですが、めいっぱい走ってくれましたから、まずは疲れをとることに専念しましょう。ここは大事な成長を促す期間と捉え、これから暖かくなって毛ヅヤが冴え、筋肉のハリも出てきた頃の出走を考えています」(杉山晴紀調教師)


きっちり勝ち上がりを決められたことにより、理想通りの体質改善休養に入れました。
このまましばらく宇治で馬体回復の様子を見た後、一旦完全に休養させるか外厩で動かしつつ体重を増やしていくのか見定めることになりそうです。
夏までは休ませるかと思っていましたが、今回のコメントを見る限り現時点では早めの復帰を考えていそうですね。
少し暖かくなる頃に上手く成長期が当たってくれるといいなと思います。
5月の新潟あたりで使えるようなら面白いなとは思いますけどね。
まぁ、無理せずちゃんと調教が付けられるようになるまではゆっくり成長を促してほしいと思います。




今日は阪急杯にディバインコードが出走しました。
安定した内容をファンも評価しているのか単勝よりも3連複の方が売れてました。
実際に3連複の軸には最適だと思ってましたし、前走の内容からここはチャンスだと思ってました。
が、結果は差はないながらも掲示板も外してしまって8着。
普段、陣営や騎手に対しては思うところはあっても書かないようにしていますし、結果は結果として受け入れて、思うことすらあまりありません。
しかし、今回は岩田JKのレース後コメントを見て呆然としました。
下級条件馬ならともかく、ディバインはここまで重賞でも好走しているれっきとしたOP馬です。
少なくとも自身が騎乗する馬の特性くらいは知ってレースに臨むものではないのかなと疑問に感じました。
あまりにも他人事のように見えてちょっと残念に思いました。
馬自体の疲れもあるかとは思いますので、一息入れて立て直してほしいと思います。



ノルマンディー公式サイトのトップがオンファサイト仕様に♪
週明けには、土曜日に2勝目を上げたホウロクダマに取って替わられると思いますが、ちょっと嬉しいですね^^

ノルマンディーTOP画 @オンファサイト

ノルマンディーTOP画 @オンファサイト

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(6)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。