愛馬近況更新(2017.9.29)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて所属馬の情報が更新されました。
そろそろ2歳馬たちにも急ピッチで動きが出てきましたね。


3歳馬


・シュエットヌーベル(2017.9.29 :松風馬事センター 馬体重:475kg)

「現在は角馬場で長めのダクのメニューで調整中です。27日(水)から軽く乗り出していますが、前捌きの硬さは取れてきた反面、左トモの張りがまだ残りますね。ここまで崩れたのは久しぶりで、まずは疲労回復が先決になるでしょう。左トモの筋痛症状が解消してから通常メニューに移行するつもりです」(担当者)

前回10日競馬でそこまで疲労するものなのかなぁとは思いますが。。。
今まではなかったですからねぇ。
少しサイクルが狂ってきているような気もしますので、ここで一旦じっくり立て直しても良いかもしれません。
なんだかんだで何事もなかったかのように次走にあわせて帰厩するような気もしますが。
次走は新潟になるようですね。



・ダイバージェント(2017.9.29 :船橋競馬場:佐藤裕太厩舎 馬体重:ーーーkg)

「この中間は17~18秒ペースでジックリ乗り込んでいます。私自身が跨って稽古をつけていますが、右前の骨瘤が若干気にはなるものの、このまま進めていっても問題なさそうですね。水冷とレーザー治療で毎日ケアしており、万全を期しています。こちらの環境にも慣れてきたようで、馬場に出てイレ込むようなこともなくなって調教では集中して走っていますし、ハミ受けもスムーズです。引き続き脚元の様子を見ながらにはなりますが、第8回船橋開催(10/23~)での出走を目標に調整を進めていきます」(佐藤裕太調教師)

相変わらず脚元はパンとしないようです。
中央でのラストランの時と同じように、気にはなるけどこのまま進めて良いでしょうという状態ママですね。
やはり船橋の次開催から使っていくようですが、この状態で勝ち負けになるようであれば中央復帰もさほど遠くはないでしょう。
次開催は10/23~27になります。
10/24(火)か10/26(木)なら現地観戦可能なので、願わくばそのどちらかでm(_ _)m



2歳馬


・ロワセレスト(2017.9.29 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:525kg)

ロワセレスト 0929

ロワセレスト 0929

現在は馬場3周と坂路1本、もしくは馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週1回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。
今日29日(金)にラフカディオと併せて15-15の時計消化をおこないました。
坂路でも首をうまく使ってリズミカルに走っているように、ここにきて体を上手に使えるようになってきた印象で、これで体力が伴ってくれば言うことなし。
当面の間は基礎体力の強化に努めながら、ジックリ乗り込んでいくつもりです。

コメント的にはほぼ先週と変わらない感じですね。
写真が更新されましたが、やはりまだ腹回りに若干の余裕がある感じでしょうか。
まだ北海道に結構な数の2歳馬が残ってますし、1歳馬の移動も入ると思いますので、来週あたりにはこの仔も一旦松風辺りに移動になるんじゃないかなという気がします。



・セルヴァ(2017.9.29 松風馬事センター 馬体重:487kg)

「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。乗り込みを進めてきたことで背腰に若干の張りが出ていましたが、今はすっかり乗り越えて順調そのもの。まだ緩さが残る体つきではあるものの、徐々に良化は窺えます。ゲートの方も発馬が若干鈍い程度で、だいぶ二の脚が付くようになりました。あとは体が固まってくれば言うことはないのですが、これだけ調教で負荷を掛けても変に力んだり無駄な仕草を見せたりしないあたり、性格は本当に真面目。恐らくレースでも前向きに走ってくれるでしょう。ここまでは至って順調。29日(金)に来場した大竹調教師も『そろそろ厩舎に入れないと』とおっしゃっていたので、いつ声が掛かってもいいように送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)

どうやら入厩に向けて最終段階に入ったようですね。
ここまでゲート練習を続けてますので、入厩からは早いと思います。
まずは芝で下ろすのかなと思いますが、現状では芝なのかダートなのか全くイメージがわきません^^;
イメージが湧かない分、逆にレースを見るのが楽しみです^^



・オンファサイト(2017.9.29 宇治田原優駿ステーブル 馬体重:ーーーkg)

「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。まだ緩さが残る体つきではありますが、体力はある程度ありそうですし、ノルマンディーファーム小野町で指摘されていた息遣いの悪さも今のところは見られません。ここまでは至って順調といえるでしょう。中間に来場された杉山調教師が『10月中旬を目処に厩舎へ入れるつもりです』とおっしゃっていたので、送り出しに向けてこれからピッチを上げていく予定です」(担当者)

こちらも入厩が見えてきました。
ここ数週間ずっと順調なコメントが続いてますし、大分期待値が上がってきました。
京都開催中にはデビューできそうです。
千四あるいはマイルで牝馬限定の新馬が何鞍かありますので、その辺から使っていく形になりそうですね。
調教動画の時のようなスピードを見せることが出来れば、みっともない競馬はしないと思います。




しばらくは愛馬の出走が見えない状態で今ひとつテンションが上がってきませんが、その分今月終盤からは新馬戦含めて久々の出走ラッシュが来そうです。
それまでしっかり貯め込んでいかないと、1次募集分の予算と含めて爆死しそうなので気をつけますw

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(5)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。