愛馬近況更新(2017.9.22)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて所属馬の情報が更新されました。


3歳馬


・シュエットヌーベル(2017.9.22 :松風馬事センター 馬体重:ーーーkg)

★9/17(日)中山・3歳上500万下(ダ1200m・混)内田博幸騎手 結果10着
この後は一旦、美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、17日(日)のレース後に移動しました。

「スペースが開いてから最後ジワジワと伸びてきてはいるものの、前残りの展開で前半あの位置からではさすがに厳しいですね。稽古では他馬に並ばれてもだいぶ我慢できるようになってきたのですが、レースになるとまだ馬沿えやキックバックに怯む面が目につきます。硬さがある馬なので、もう少しパンとしてきてからという考えはあっても、次走についてはやはり芝も選択肢に入れていかなければなりませんね。一旦近郊に出して節を稼ぎ、新潟もしくは東京開催を目指します」(伊藤圭三調教師)

今回は10日競馬でした。
次走は芝になりそうですね。
現状のスピードでは難しいかもしれませんが、色々試しながら鍛えていってもらえれば必ずいい方向に向かうと思いますので。
最終的には1000万でコンスタントに掲示板に載れる位になってくれたらと思っています^^


・ダイバージェント(2017.9.22 :船橋競馬場:佐藤裕太厩舎 馬体重:ーーーkg)

松風馬事センターで順調に調整され、20日(水)に船橋競馬場・佐藤裕太厩舎に入厩しました。

「右前に骨瘤があって、若干ながら熱感もあります。総じて脚元はデリケートな印象ですが、勝ち上がれるだけの力は持っている馬だと思うので、うまくケアしながらしっかり仕上げていきたいですね。今日22日(金)から馬場入りを開始しています。私自身が跨って感触を確かめましたが、船橋の馬場にも対応できそうですし、やはり短い距離が合うように思うので1000mや1200mあたりを使っていくことになるでしょう。普段は落ち着いているものの、馬場に出るとイレ込むところがありますね。とはいえ、まだ環境に慣れていないせいもあるのでしょうし、それほど気にする必要はないと思います。ひとまず第8回船橋開催(10/23~)での出走を目標に、厩舎でジックリ調整を進めていくつもりです」(佐藤裕太調教師)

ついに船橋へ入厩。
やはり今開催は使わず次開催~のようです。
中央復帰できるよう南関のトップ厩舎でしっかり鍛えてもらうしかないですね。
その前にしっかり脚元の状態を戻して、また万全の状態で走れるようになって欲しいと思います。



2歳馬


・ロワセレスト(2017.9.22 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:525kg)

現在は馬場3周と坂路1本、もしくは馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。
普段の常歩はもちろん、調教でもまっすぐ走っているようにだいぶ軸は安定してきた印象。
ただ、今日おこなった15-15の時計消化では最後フラついていたように、まだまだ体力不足の感は否めません。
こちらに来た当初に比べて走りの形は良くなってきただけに、当面の間は馬体のシェイプアップと基礎体力の強化に努めていくつもりです。

まだ体力不足は解消せずといったところでしょうか。
なかなか思うように絞れてこない印象もあります。
ちょっとモヤモヤする感じもありますが、当初からもう少し時間がかかる覚悟だったので、年内くらいを目標にじっくり進めていって欲しいと思います。


・セルヴァ(2017.9.22 松風馬事センター 馬体重:487kg)

「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。スタートに関してはゲートを出てからの俊敏性が上がってきた印象。だいぶ上達してきましたね。ただ、全体的にまだ緩さが残りますし、調教では真面目に走ってくれてはいるものの、まだ自分からハミを取るようなところがなく、前進気勢に欠ける感は否めません。480kgくらいが理想。本音をいえばもうひと絞りしたいところではあるのですが、現状ではなかなか負荷が掛からないので、トレセンに入れてビシビシ鍛えてもらった方がいいのかもしれません。その辺は、21日(木)に来場された大竹調教師にも伝えておきました」(担当者)

これだけゲート練習してもらってるということは入厩してからゲート試験までは早そうですね。
後は大竹師の判断待ちということになるのでしょう。
今回のコメントから受けた印象は、松風も渋滞し始めてるのかなという印象。
ノルマンディーの施設ではないですし、単純に想像ですが恐らくノルマンディー全体での枠があるんじゃないかなと思います。
今年の2歳馬は入厩前に外厩を経由する仔が多いですし、その仔たちの受け入れにも影響が出てくるようだと問題ですね。
なので、再来週くらいには一度入厩するんじゃないかと思います。


・オンファサイト(2017.9.22 宇治田原優駿ステーブル 馬体重:ーーーkg)

「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースをハッキングキャンターで1本のメニューで調整中です。最近は多少落ち着いてきたとはいえ、まだ環境に慣れていないせいかテンションが高いですね。到着して2~3日はウォーキングマシン運動のみにとどめて様子を見ていましたが、20日(水)から馬場入りを再開しています。今後も様子を見ながら、徐々にピッチを上げていくつもりです。今日22日(金)に杉山調教師が来場されました。前回ご覧になった時に比べてひと回り大きくなっていたようで、その成長ぶりに目を細めていましたよ」(担当者)

テンションが高いという以外には現状これと言ってマイナス面はなさそうです。
おそらく現在は470kg前後あると思いますし、出走時には450kg台くらいになると思いますので、まだまだしっかり負荷をかける運動も行えそうです。
この仔も再来週くらいには入厩になるんじゃないかなぁ。
いずれにしてもデビューは京都ということになりそうですね。
デビュー時の遠征生観戦は難しいと思いますが、いずれはどこかで会いたいです。




今月は馬券成績がボロボロ。。。
そろそろ1次募集分の予算を確保しなきゃならんのですが、今年はお金を使うことが色々重なっていて大変^^;
なので、願わくば馬券で出資分をなんとかしたいところではありますが、どうしても3連単の3頭目が拾えないというよくある最ももやっとすパターンが続いております。
あと1ヶ月位で目処を立てんとなぁ。。。

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(2)
  • 役に立った(1)
  • 興味深い(2)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。