愛馬近況と小出し情報

ノルマンディーOC公式サイトにて愛馬の近況が更新されました。
  
・シュエットヌーベル(2016.9.9 美浦トレセン:伊藤圭三厩舎牧光二厩舎 馬体重:ーーーkg)

★9/4(日)新潟・2歳新馬(ダ1200m・混)内田博幸騎手 結果9着
トレセン近郊の茨城県・松風馬事センターに7日(水)に移動しました。

「調教でも並ばれたり前へ出られたりすると他馬を気にする懸念材料はありましたが、実戦でそういった脆さを露呈してしまう結果となってしまいました。テンから行き切れず、逃げ場のない最内枠というのもアダになってしまった印象です。鞍上も『稽古で跨った時とはフォームからして違ってバラバラ。臆病な面が随所に感じ取れた』と話していましたし、次走に向けてはチークやブリンカーなど馬具の装着も検討していきます。レース後も馬体や脚元に異常はありませんが、デビュー予定が延びて長い期間トレセンに在厩していましたし、少し節を稼がないと短距離戦への出走も叶わないため、リフレッシュも兼ねて短期で一旦放牧に出させていただきます」(伊藤圭三調教師)

続戦ならば来週牝馬限定の未勝利(ダート1200m)があるのでそちらだろうと思っていましたが、次走予定が東京開催になっていたので「ん?」と思っていたら案の定短期の放牧を挟みましたね。
牡馬ならノルマンディー奥義『去勢』という手がありますが、牝馬ですので現状馬具使用は最善の手だと思います。
前走は相手も強かったですし、まだまだ悲観するところではありませんので、なんとか早いうちに勝ち上がってもらいたいと思います。

   
・テオドルス(2016.9.9 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:499kg)

現在は馬場1周と坂路2本を20秒ペースのメニューで調整中です。
ジェルミナシオンをパートナーに毎日休まずに乗り込んでいます。
まだ余裕があるのか集中力を欠く場面も多いですが、これからペースを上げていけば走りに集中できるようになるはずです。あと一カ月ほどはこちらで調整し、もう1段階レベルアップさせてからトレセンに送り出したいと考えています。

移動後も順調です。
馬体重も早くも戻ってきてますし、シュエットちゃんより図太い神経を持ってそうです^^
ですが、やはり入廐はかなり先になりそうですね。
年内最後の中山開催に間に合えばいいけど。。。
出来ればその前の東京がいいんですけどねぇ。

   
また、今年度の募集馬情報も小出しにされましたwww

ラインナップ

ラインナップ

全馬口数が発表されて、地方入廐のアンローランサン以外では、タニノジュレップが40口、他は全て400口ということになりました。
預託厩舎はまたも小出しw
9/20にカタログ発走されるようなので、そこまでには全て決まるでしょう。
そこまで出たら検討始めたいと思います^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(0)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。