シュエットヌーベル結果

川崎の指定交流「アクアマリンフラワー賞」に臨んだシュエットヌーベルでしたが結果は5着。
残念ながら今回も勝ち上がることはできませんでした。

ワタクシも今回は仕事をうっちゃって現地応援。
時間ギリまで仕事をしてから向かったので、到着時には既にパドック周回が始まっておりました。

シュエットヌーベル@3.1川崎パドック

シュエットヌーベル@3.1川崎パドック


馬体は相変わらずピカピカの好馬体。
キビキビと動いていて、以前のような甘えるそぶりもありませんでした。
直前まで一番人気だった馬らしく堂々と周回してました。

本馬場に入ってからも落ち着いていて返し馬も軽快。
調子の良さは明らかで、この時点では間違いなく勝ち負けになるだろうと贔屓目抜きで思ってました^^

定刻通りレーススタート。
久しぶりにポンっと飛び出し、デビュー以来初めて苦もなく先団に。
この時、ちょっとイヤな予感はしました。
昨日書きましたが、今回はなんとなくスタートが決まるような気がしてました。
そして、そうなった時の判断は非常に難しいなと。
川崎のコース特性を考えたら、先行出来てしまえば、そのまま前目で進めたくなるのは明白です。
過去2戦は出負けや行き脚がつかずに、半ば仕方なしに後方一気の競馬になってしまった部分もあります。
いくらトップジョッキーのウチパクでも、必ず迷いは生じるだろうと思いました。
ちょっと中途半端な感じに映ってしまったのは、そういうところが出たんじゃないかなと思っています。
加えて、距離もほんの少し長かったかもしれません。
後ろでじっくり溜めていればもつ距離なのかもしれない位のほんの少しです。
シュエットヌーベル5着

シュエットヌーベル5着


結果的に馬券内も確保できず、何とか掲示板は死守したという感じでしょうか。

今回のレース運びはこれまで言われていた理想に近かったと思います。
それでも中央馬再先着を果たしたとはいえ、川崎勢4頭に遅れを取りました。
この敗戦はかなり痛いですね。
販路の時計を見ても能力があるのは明らかですが、勝ち上がることを第一に考えるなら、後方からの競馬に徹するべきかと思います。
精神面もかなり改善されてますし、これからもっと良くなるでしょう。
何度もいうように、一つ勝ってしまえばある程度上のクラスでも通用する馬になっていきそうな気もしてます。
おそらく次に中央の未勝利に出るには少し節も稼がないといけないと思いますので、今一度成長を促して新潟辺りで確勝を期してもらえたらなと思います。

ノルマンディーOC公式サイトでのレース後コメント。
・シュエットヌーベル(2017.3.1 川崎競馬場 馬体重:448kg)

★3/1(水)川崎・アクアマリンフラワー賞(ダ1500m・牝)内田博幸騎手 結果5着

「スタートから1コーナーまでの入りは上手くいったし、向正面までリズム良くいっていたのに。前走から100mの距離延長がこたえたわけではないと思うけど、3~4コーナーで勝ち馬に外から被せられた際に怯んで、手応えが怪しくなってしまって…。前走のように後方から進め、ある程度脚を溜めるパターンの方がいいのか。それにしても負け過ぎかな。ただ、JRA勢では最先着を果たしていますし、レース内容そのものは一戦一戦良化しているので、今後もチャンスはあると思いますよ」(内田博幸騎手)

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(2)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。