シュエットヌーベルは川崎選出、ダイバージェントは連闘⇒除外

シュエットヌーベルが3/1川崎の指定交流競争アクアマリンフラワー賞に再び選出されました。
四たびウチパクとのコンビで今度こその必勝を期します。
登録は16頭。
牝馬限定ではありますが前走3着のフリフリバード初め、地元川崎はなかなか骨っぽそうなメンバーが揃いました。
門別連勝から川崎転入で2戦目に圧勝したパイロサンデーは川崎の同距離ではタイムも優秀でかなり強敵と見ています。
中央勢も前走よりは少しレベルアップしているような構成で、前走のように中央の伏兵に脚元をすくわれる恐れもないわけではありません。
が、前2走でようやく見えてきた光を消さないためにも、ここで何とか脚質転換の完成とともに勝ちにこだわってぶつかっていってほしいと思います。
調教タイムからも状態はいつも通り良さそうですので、明日の近況更新を楽しみにしております。



更に、昨日の想定を見たらダイバージェントの名前が。
小倉での滞在になるため連闘は十分ありえると思っていましたが、想定段階ではまさかのダート千七。
先週惨敗の分析やら反省やらは何もしてないのかしら?と少し心配になりましたが、夕方更新された次走予定では土日両睨みの芝千二になっていてホッとしました。
やはり現状ではスタートの良さを活かして一気に押し切るという戦法以外に活路を見出すことは難しいと思いますので、実行するためには平坦小回りで距離短縮というのがまずはオーソドックスな思考かなと思っています。
平坦であれば、血統的には逆に思いっきり距離を伸ばすというのもアリだとは思っていますが、今のとこは番組がありませんので現時点では千二はベターな選択でしょう。
除外されましたが、ノルマンディーOC公式サイトでは近況が更新されました。

★2/18(土)小倉・3歳未勝利(芝1200m)坂井瑠星騎手 除外(非抽選)

「稽古の動きからはダート替わりで一変の期待を持って臨んだのですが、追い出してから左右にフラついてしまい、真っすぐ前に推進できませんでした。鞍上からはレース後、『まだ非力で追い出してからフラついてしまったり、精神的に幼くて道中も無駄な動きが多いですね。距離は問題ありませんが、いっそ短縮するのも手かもしれません』と進言されています。滞在競馬でそれほどレースのダメージは残っておらず、連闘して問題ない状態と判断したため、今週の番組も投票したのですが残念ながら1/3抽選で除外でした。このまま滞在させて来週の競馬に向かいます」(堀井雅広調教師)

来週も土日ともに千二の未勝利戦は組まれています。
恐らく来週はどちらかには出走できると思います。
裏開催ローカルなので厳しいところはありますが、可能な限りスタートが上手な鞍上を配していただきたいところですね。

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(2)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。