さらばテオドルス

本日、テオドルス号の臨時更新がありました。
やはりここで中央登録抹消、サラブレッドオークション行きということになりました。

ノルマンディーOC公式サイトより

★7/09(日)福島・3歳未勝利(ダ1700m・混)江田照男 結果13着

これまでの戦歴および現状を踏まえ、粕谷昌央調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで中央競馬登録を抹消することとなりました。
なお、本馬は7/13(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定です。
出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。
テオドルス号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「前厩舎の木村哲也調教師や、小野寺祐太騎手、柴田大知騎手、江田照男騎手、そして自厩舎スタッフのさまざまな意見を取り入れ、そのすべてを行動に移し、課題にチャレンジしてきました。跨った関係者が『いいモノは持っている』と言っていたように能力はあったと思いますが、やはり気性面の改善はなかなか一朝一夕にはいかないものです。結果、自厩舎で2ヶ月半の間に3戦を消化して、着順を少しずつ上げることしかできず申し訳ありませんでした」(粕谷昌央調教師)

馬の能力に問題があったことは間違いありません。
兄のデオグラシアスを見た時に覚悟は出来てました。

幼なじみが一口を始めた時に、昔一緒にシチーや大樹、シルクなどのカタログを取り寄せたことを思い出し懐かしい思いにかられ、すぐに便乗しました。
シルク、キャロット、東サラと彼が出資しているクラブ、加えて何故か妙に惹かれたノルマンディーからカタログを取り寄せました。
見た目の素晴らしい仔はいっぱいいましたが、ウォッカの血脈をもつ「デオの14」がなんど見てもワタクシを呼んでる気がして、一番に『この仔を買おう』と決めました。
最初からあまり多クラブに手を拡げたくなかったので、同じクラブでもう1頭出資しようと思い選んだのが「クイックメールの14(シュエットヌーベル)」です。
入会金替わりにスターズファンドにも出資を決めて14年度産一般募集開始初日に申し込み。
ここがワタクシのノルマンディー生活の始まりでもありました。

馬体はどう見ても貧弱。
闘争心に欠けそうな表情。
それでもウォッカ一族の血の爆発に賭けてました。
その年の秋、同伴で出席したシルクの懇親会で木村哲也調教師に突撃。
他クラブの馬のことを聞くのもどうかと思いながらデオの14について伺いました。
ここで「あぁ、キムテツあかんな」とw

それでもデビューを心待ちにし、デビュー戦はスーツで競馬場まで行き、そこからここまで必死に応援してきました。
毎回当選する口取りw
残念ながら一緒に記念撮影することは叶いませんでしたが、菜七子でのデビューを含めいい思い出になりました。

明後日の楽天サラブレッドオークションに出品されるそうです。
新しい馬主さんが見つかりますように。
そして、その馬主さんにかわいがって頂いて、またどこかの競馬場で走れますように。
いつまでも応援しています。
ありがとうテオくん。

テオドルスデビュー戦

テオドルスデビュー戦

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(6)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。