2019年を総括する。

一口馬主
この記事は約5分で読めます。

今年も残すところ明日の大晦日のみ。
関係者の皆様、ノルマンディストの皆様、一口クラスタの皆様、一年間おつかれさまでしたヽ(=´▽`=)ノ
今年も昨年以上に本ブログや各SNSを通じてたくさんの方々と知り合う事ができ、楽しく過ごさせていただくと共に一年を通じで皆様には大変お世話になりました。
この場を借りて厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、2019年JRAの全日程が終了し、我チームも先週の出走をもって2019年のレースが終了しました。
ご存知の通り、今年のTeamDraはまさかの未勝利に終わってしまいましたので、ぶっちゃけ総括などしたくはないのですがw、例年の慣習に沿って今年も目標のおさらいをしていきたいと思います。

 
 

2019年の目標と結果

 

2019年目標

今年冒頭に掲げた2019年の目標は

1)年間45出走 …
2)年間5勝 …×
3)重賞出走 …×
4)馬名命名 …×
5)2度目の口取り参加 …×

と、2018年と同様の目標としておりました。
正直なところ、今年はややハードルを下げたつもりでいたんですが。。。^^;
達成となったのは年間出走数のみでした。
自分の力が及ばない事柄に関して『目標』というのもどうなのかなとは思うところはありますが、ノルマンディーのコンセプトでもある『丈夫で数を使う』という部分に対して出資時にしっかり見極めが出来ているのかという指標にはなってるのかなとは思います。

しかし、それ以上に未勝利という事実が重くのしかかってくる訳で。。。
未勝利ですから、重賞出走など出来ようはずもなく完全な未達。
そもそも自分の中での基準ラインは2勝クラスに引いているので重賞クラスの仔などを狙って出資をしてるわけではありませんが、いつかはこのクラスの仔も自分の出資馬の中からも出てきてほしいなという思いはあります。
口取りは東京・中山でウチの仔たちが出走の際にはほぼ毎回と言っていいほど権利を持って現地におりましたがこれも叶わず。
そのためだけに新潟まで遠征したのも苦いながらいい思い出です^^

馬名命名に関しては、3次募集のステラディウス(モントレゾールの17)で最終候補までは残ることができました。
総選挙では僅差の2位に終わり、残念ながら命名は叶いませんでしたが今まで全て予選落ちだったことを考えればよくやったと言えると思います^^

 
 

2019年全結果

 1着2着3着4着5着6着~
シュエットヌーベル9010026
オンファサイト2000002
レイヴンキング7010204
フェアリースキップ6000006
ラヴィブリランテ8002213
アーブルルージュ5000122
ガルラバン7000016
ウィルビーハッピー5000005
490225634

出走数に関しては、49走と昨年の29走から大きくアップ。
稼働頭数が2頭しか増えてないことを考えると、個々に差はあるのものの各馬ケガなく無事コンスタントに走ってくれました。
結果的に勝てませんでしたが3歳馬の続戦が目立ち、特に引退したガルラバンはデビューからラストまでほぼ在厩のままで過ごすタフな仔でした。
また勝てないまでも掲示板率と8着内率がそこそこあったので、収支的には大きな凹みなく終わったのも良かったですね。
今年もシュエットヌーベルが昨年同様の年9戦をこなしてくれて、9着以下が3回のみと安定して走ってくれました。
1000万下(及び2勝C)での掲示板は収支の上で大きな支えになってくれましたね。

結局セルヴァがデビューできないまま終わってしまったのは本当に痛かったです。
セルヴァも岩手競馬の禁止薬物騒動に巻き込まれるなど不運が重なってしまいましたが、不運といえばラヴィブリランテに尽きると思います。
セルヴァが無事にデビューできていて、ラヴィブリが全て順調に進んでいたらもう少し違う結果になったのではないかなと思います。
そのラヴィブリを始めとして、今年の3歳馬は勝てそうで勝ちきれない仔が揃ってしまいました^^;
レイヴンキングの2着時もアーブルルージュの4着時も本来なら勝たなくてはいけないところでした。
主戦だった若手二人には、この先こういうレースをきっちり勝ちきれる騎手に育ってもらって、今度はウチの仔たちを勝ち上がらせてもらいたいです。

4頭スタンバイしていた2歳馬のデビューはウィルビーハッピーの1頭にとどまりました。
元々晩成でデビューが遅くなることは織り込み済みだったブランニューウェイはいいとして、ステラディウスサンメディルは良いところで小さい頓挫があったのが痛かったですね。
特に今後に影響するような頓挫ではないのが救いではありますが、3歳馬が未勝利に終わってしまい現役続行になった2頭も未知数の中で2歳馬にかかるウェイトは非常に大きなものになってしまいましたので、この後は着実にデビューへの階段を昇ってほしいと思います。

 
 

2020年の目標

2020年の目標に関しては、シュエットヌーベルの引退や稼働馬のメインが明け3歳馬になってしまう現状を踏まえ、少し下方修正したいと思います。

1)年間40出走
2)中央で年間3勝
3)OP馬輩出
4)馬名命名
5)2度目の口取り参加

としました。
なんとか明け3歳馬の中から2頭は中央で勝ち上がってほしいですし、レイヴンキング、アーブルルージュのいずれかには初勝利を飾ってほしいという明確なビジョンの中での3勝です。
年明けすぐにデビューが予定されているサンメディルにはOPまで上がっていけるポテンシャルはあると思います。
そうなるとそれだけでも3勝以上にはなりますが、それよりも勝ち上がる仔が多いほうが嬉しいですね。
去年も言ってましたが、とにかくシュエットの穴を誰かが埋めてくれないことには今後の一口ライフかなり厳しいです^^;
明け4歳馬含め、どの仔も間違いなく力を持った仔たちですので、一年間無事にケガなく走りきってくれれば結果は付いてくると信じております^^

 
 
冒頭にも書いたように今年も本当に多数の方々とリアルでお付き合いさせていただきました。
今年は遠征もしましたし、北海道の募集馬見学ツアーにも参加させていただき、この歳になっても更に見聞を広めることもできました。
来年も今年以上にもっともっと様々な方々と喜びも苦しみも分かちあえたらと思いますので、ぜひぜひ現地やSNS等でもお声がけ頂きたいと思っております。

また、本ブログをご覧頂いている皆さま、今年も一年間この拙いブログをご覧頂きまして誠にありがとうございました。
皆さま方にとりまして来たる2020年が素晴らしい年になるよう、そして、皆さまのノルマンディーライフがもっともっと充実したものになるようお祈り申し上げております。

Comments

タイトルとURLをコピーしました