2歳馬近況更新(2017.1.31)とシュエット背水

ノルマンディーOC公式サイトにて、2歳馬の近況が更新されました。
写真が上がってこないんだけど。。。

・メルセダリオの15(2017.1.31 ノルマンディーファーム 馬体重:516kg)

今月に入って左前の爪に砂のぼりを発症したため、三週間ほど放牧のみで様子を見ていましたが、状態は良化し、27日(金)より乗り運動を再開しました。
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。
休ませていただけに反応の鈍さは否めませんが、雄大でスケール抜群の動きを見せており、他を圧倒する威圧感がハンパなく漂っています。
ここに力強さが加わって走りの質が向上してくれば、大仕事を成し遂げる可能性も十分にありそうです。

馬体重はこの辺りで落ち着きそうですね。
今回も若干の頓挫報告。
どうやら、この先も「左前の爪」というのは一つのキーワードになってきそうです。
“砂のぼり”だけでは一概に程度の状況はわからないのですが、11月にも痛めてると報告のあった箇所なので変な形で慢性化しなければいいなぁというところです。



・オークルームの15(2017.1.31 ノルマンディーファーム 馬体重:501kg)

現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。
調教では促して行くと、時折まだ頭を上げて尾を高く振り回す仕草が目につくものの、普段は落ち着き払って堂々とした姿で2歳馬とは思えぬ雰囲気を醸し出しています。
兄イオラニは先日、中山芝1200m戦を逃げ切って準OPクラスに昇級。
カルヴァリオともまた違うタイプに感じますが、骨量豊富で完成度の高い馬体ながら成長力のある母系だけに、今後の変化がとても楽しみです。

こちらは順調です。
早生まれですし、馬体はもう完全に出来上がっているようですね。
後は日々の調教で中身がどのように変わっていくかというところだと思います。
前にも書きましたが、この仔の顔はかなりイオラニ寄りだと思います。
アイルハヴのイメージも当初より短距離方向に振れている感じもするので、この仔自身もスプリンター寄りになっていくんじゃないかなぁという気がしてきました。




明日はシュエットヌーベルが川崎・アメジストフラワー賞に出走します。
6枠8番と枠的にはちょっと厳しいところに入ってしまった気もしますが、メンバーを見るとここはそんなことを言ってる場合ではなく確実に勝っておかなければどう考えても先はないというところ。
ちょっと早いけど、ここは背水の陣だと考えます。
少なくとも中央勢で最先着というのは最低限のノルマでしょう。
明日は仕事中に川崎競馬場へ足を向けるつもりでしたが、ワタクシが生観戦しない方が良いような気がしたので願掛けの意味も込めて口取りの申込みもしませんでした^^;
車内からネット観戦します。
ウチパクJKにも形や体裁に拘らず、何が何でも勝ちを取りに行くような泥臭い騎乗を希望します。
がんばれシュエット!

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(0)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。