八戸セール 2020

ノルマンディー
この記事は約3分で読めます。

今年に入り、新型コロナウィルス感染拡大による経済活動の停滞は馬産地にも直撃し、各セールは中止や形態変更などを余儀なくされました。
その中で7/7に開催された八戸市場での八戸セールでようやく通常形式のセールが再開。
来週に予定されているセレクトセールに目が奪われる中、ひっそりとノルマンディーも1頭落札。
2019年産募集に向けての活動が始まりました。
八戸セールでの購買は2017年開催(ラハイナヌーン含む2頭)以来3年ぶりになります。
落札馬は以下の通り。

 
 
・エターナルサーガ2019(父:バトルプラン 母父:ブライアンズタイム 牝 黒鹿毛 落札価格165万円)

エターナルサーガ2019

エターナルサーガの2019 | 競走馬データ - netkeiba
エターナルサーガの2019の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

今年はおそらくセレクトに力を入れてくるであろう(ノーザン馬落札もあり得るのでは?と思ってます)中、それでもいかにもノルマンディーらしい仔の落札に少しホッとしてます^^
18年産2次募集のユメザンマイの18(エストラテーガ)に続いてのバトルプラン産駒。
母16歳時の8番仔でここまで全姉シュクエターナルが岩手で52戦9勝(2着14回 3着8回)を挙げているのを筆頭に、兄姉は全て地方で下ろされています。
血統構成からもダート適性が高いであろうことは一目瞭然ですが、全姉の成績が示すように勝負弱い面が見えるのは懸念材料。
ここに来てライオンボスのようにバトルプラン産駒に芝での勝ち馬も出てきていることから、芝で一変の目論見もあるのかもしれません。
ミスプロの多重クロスなど、どこかで爆発しそうな感じはないこともないです。
とはいえ、金額的にも地方募集が順当なところなのかなと思いますし、八戸の購買馬は募集されないケースもありえますので現状では積極的に深堀りする感じではないですね。
もし通常の募集馬の中に入ってきたとしたら何らかの意図があるかもと色んな角度から考察したくなるかもしれません^^
4月生まれの仔が1歳のこの段階ではありますがトモの形はなかなか良くて、馬体はそれなりに見栄えするので馬体面では面白そうかなとは思います。

 
 
 
今年も募集に向けての仕入れがスタートしました。
本文にもありますが、今年はデアリングタクトの影響での新規入会を見込んでセレクトでの仕入れに力を入れてくると見てます。
そのような状況下でのこういった馬の落札は微笑ましいですし、今年度募集馬の構成がかなりバラエティに富んだものになりそうな予感でワクワクしてきますね。
来週月曜日のセレクトセールは例年以上に要注目です。

Comments

タイトルとURLをコピーしました