ダブルブッキング

ブランニューウェイ_20190731 チーム近況

今週は未勝利の2頭が出走。
一口ライフ始まって以来、90戦目にして初めて同一レースでの直接対決になります。
この時期、ほぼラストチャンスでの2頭出しはかなり辛いものがありますが、、、
また、本日は月中の北海道在厩馬の近況更新もありました。

今週の出走馬

・フェアリースキップ

☆8/18(日)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)木幡育也騎手

11日(日)に坂路コースで4ハロン58.6-42.8-27.8-14.1を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.2秒先行して併せ、55.3-40.6-26.5-13.3を一杯に追い切りました。
「水曜日の坂路コースは馬場状態が重く、相手に遅れを取ってしまいましたが状態面はまったく心配いりません。暑さには強いタイプで元気いっぱいの様子が見られ、筋肉の輪郭がクッキリと浮き上がって毛ヅヤや馬体の張りも上々。フェアリースキップ号の近走では一番いい立ち姿に映ります。あとは今朝の計量が417kgでしたので、あまりイレ込むことなく新潟までの輸送をこなしてくれればという気持ちです。未勝利戦が組まれている期間もあと僅かとなり、ここは最低限権利を確保しなければなりません。レース前になるべく体力を消耗させない対策として、今回もゲート裏まではメンコとパシュファイヤーを着用して臨みます。減量騎手起用で斤量2kgも味方するはずですし、前々からスムーズに運べれば、もっとやれていいはずですよ」(林徹調教師)

 
 
・ラヴィブリランテ

☆8/18(日)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)川又賢治騎手

14日(水)に坂路コースで4ハロン54.3-40.2-26.9-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。
「今のところは脚元が落ち着いていますし、稽古の動きだけ見れば未勝利で足踏みしているレベルではない印象。先週でも使えたくらいですから、仕上がりに関しても問題はありません。治療の痕跡を見ると、これまではソエが痛くて満足に走れていなかったのかもしれませんね。気持ちがややオットリしているタイプなので、鞍上にはテンから積極的に出して行くよう指示を出すつもりです」(石毛善彦調教師)

揃って申し込みした名古屋の交流戦はどちらも非選出。
今週も28頭想定でしたが中1-2週の馬が多く、双方ともに出走になりました。
せめてどちらか片方でも名古屋に選出されていたら良かったのですが、これで直接対決ということに。
双方ともにこれがほぼラストチャンス。
どちらかが勝ち上がれたとしてももう一方は終了、あるいは双方とも終了という過酷な条件です。
もちろん、同着で2頭勝ち上がりということもルール上はありますが、現実的にはありえないでしょう^^;

ここまで見てきた上では能力上位はラヴィブリランテだと思っています。
しかし、フェアリースキップにも秘めたる能力はあると思っていますし、レース前のテンションさえまともであれば先着してもおかしくはないと思います。
奇しくもダート千二の持ち時計は双方同じで、良馬場でのタイムである分フェアリースキップの方が持ち時計的には上だったりします。
が、ここで勝ち上がるとすればラヴィブリさんになるでしょうねという感覚的なものもあり、やはりどっちがどうとは言えない複雑な想いですね。
とにかくどちらも最後まで無事に、できることなら片方勝ち上がって、もう片方は最低でも掲示板を確保して本当のラストチャンスにつなげてもらいたいと思います。

 
 
 

北海道在厩馬近況(2019.8.15)

5歳馬

・シュエットヌーベル(2019.8.15 オカダスタッド 馬体重:ーーーkg)

現在は坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。
先週いっぱいはウォーキングマシンでの運動にとどめ、12日(月)より騎乗を開始しています。
なお、状態次第では札幌でもう1戦させることも検討していますが、今週末まで状態を確認した上で判断する予定です。

適性と現役生活のリミットを考えるとやはり使えるなら使いたいですよね。
ここまでも大きな頓挫なくタフに走り続けているシュエットさんなので、おそらく札幌でもう1戦という方向になるんじゃないかなと思います。
使うなら最終週の札幌スポニチ賞になりそうですね。
新潟あるから西田は無理だろうなぁ。。。

 
 
 

3歳馬

・レイヴンキング(2019.8.15 オカダスタッド 馬体重:ーーーkg)

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。
この中間もマシン運動にとどめて心身のリフレッシュを図っています。
暑さとともに纏わり付くアブの数も増えてきているため、あまりにも嫌がるようであれば、早めに集牧するようにしています。

とにかく焦らずのんびりでいいです。
まずは万全の体制でターフに戻ってこれるように。
今はそれだけで大丈夫です^^

 
 
 

2歳馬

・ブランニューウェイ(2019.8.15 ノルマンディーファーム 馬体重:ーーーkg)

現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。
今月初旬に軽く熱発しましたが、すぐに平熱に戻ったため、数日で騎乗を再開しました。
その後は夏バテするようなこともなく、体調面も安定していることから、元の調教ペースで進められています。
まだ体質的にしっかりしていない部分も残っているようですし、暑さが厳しいうちは無理をさせず、現状メニューで乗り込んでいく考えです。

毎月細々と休んでいるように体質的に弱さが残ってますね。
どちらにしても秋以降のデビューになろうことは当初からずっと織り込み済みなので、しっかりと地固めをしていってもらえたらと思います。

 
 
・ステラディウス(2019.8.15 オカダスタッド 馬体重:ーーーkg)

現在は坂路1~2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。
急激な暑さがこたえる恐れもあるため、気温を考慮しながら調整メニューに変化をつけています。
トモの緩さは一朝一夕には変わらないものの、普段から後躯をしっかり動かすことを意識しており、父譲りの立派なボディに芯が入ってくれば、フットワークもダイナミックになってくると思います。

状態を考えるとそろそろ北海道でできることはなくなってきたように思います。
今年の2歳はオカダスタッドからノルマンディーFを経由せず直接小野町へ移動している仔も多いので、この仔もそうなるんじゃないかと思っています。
公式の販促の推しぶりから見ても、早ければここ1-2週で移動になるんじゃないですかね。

 
 
 
今週はなかなか直視できないレースになりそうですが、10月の募集馬見学ツアーにいきたいので、ここはなんとかどちらかに勝ってもらいたいです^^
いつもは「勝ったら出資する」が願掛けですが、今回は『勝ったら北海道行く』にしたいと思いますw
どっちもがんばれ!!!!

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (7)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (3)

Comments