セレクトセール2018

セレクトセール2018 一口馬主

今年も昨日と本日の2日間に渡ってセレクトセールが行われました。
2日間合計の売上は179億3200万円と昨年の173億2700万円を大きく上回り記録更新。
印象としては、常識はずれともいうべきケタ違いの高額落札馬はなかった反面、全体的に売上の底上げがなされていて低価格での落札が減ってきてるなぁと感じました。
今年以降は落ち着いてくるだろうと囁かれてましたが、まだまだ馬産バブルは終わってなかったようです。

そのあおりなのか元々の予定なのかはわかりませんが、ノルマンディーF名義での落札は昨日の1歳セッションでの2頭のみ。
今日の当歳セッションでは一頭も落札なく終わりました。
ですが、昨日の2頭に関してはなかなか興味深い仔たちを落札しています。

 
 

1歳落札馬

 
・デアリングバードの2017(父:エピファネイア 母父:キングカメハメハ 牝 青鹿毛 落札価格1296万円)
 

デアリングバードの2017

デアリングバードの2017

デアリングタクト | 競走馬データ - netkeiba.com
デアリングタクトの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。
【セレクトセール2018】 1日目 1歳馬

 
父はおそらく狙っていたであろうエピファネイア。
母デアリングバードは1戦未勝利ながら、その母は府中牝馬ステークス2連覇やクィーンS勝ち、NHKマイル2着桜花賞3着などの実績を持つデアリングハートというこれまでのノルマンディーとは一味違う良血です。
本馬は2番仔で、一つ上の半姉はサウスヴィグラス産駒ですから、どちらかというと姉の方がノルマンディーっぽかったかもw
エピファネイアはシンボリクリスエスとシーザリオの仔でサンデーが若干遠い位置にいるため、配合相手がさほど限定されないことからかなり伸びてくる種牡馬ではないかなと思います。
この仔もその典型ともいえるパターンでサンデーの4×3で収まっていて、母系にはしっかりダンジグもいるのでスピード面は担保されてる印象ですん。
セール映像では立ち写真で見るよりもトモもしっかりしていて力はありそうです。
不安材料としては母デアリングハートがそうだったように、母系全体として体質的に強くなさそうな気配があることと、デアリングハート以下の母系から大成している産駒が出ていないこと。
血統的には2017年産募集馬の目玉になるであろう仔ですし募集価格も2000万を超えてくると思いますので、特に気性面と体質面はしっかりと見極めていきたいところです。
今のところは新種牡馬エピファネイアへの期待度が上回るのかなぁという感じですかねぇ。

 
 
・ミネルバサウンドの2017(父:ダイワメジャー 母父:ブライアンズタイム 牡 栗毛 落札価格1728万円)
 

ミネルバサウンドの2017

ミネルバサウンドの2017

ブレイヴサウンド | 競走馬データ - netkeiba.com
ブレイヴサウンドの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。
【セレクトセール2018】 1日目 1歳馬

 
募集されればノルマンディーは初のダイワメジャー牡馬。
母ミネルバサウンドは1000万特別など4勝。
本馬は14歳時の7番仔になります。
現役の半兄(父ネオユニヴァース)にダート中距離で堅実なレースを続けているハッスルバッスルがいます。
母自身も母系全体を見てもほぼほぼダートでの活躍に偏ってます。
ノルマンディーはこういう「こいつはダートだろ」の牝系に人気種牡馬が配合された産駒を安く落とすのが得意ですよね^^;
遡っていけばサウンドオブハートやシルポートを輩出している牝系なので、芝に出てくれると非常に楽しみなんですがねぇ。
大きくはなさそうですがバランスは非常に良くて、ダイワメジャーらしいキレイな栗毛。
かなり耳を絞って気難しそうなところは見受けられますが、動き自体は軽そうな印象で重ねて芝に出てくれるといいなぁという感じです。
デアリングバードと相対で比較するとこちらのほうがやや堅実そうには映ります。
募集価格は2400万前後になると思うので、回収率との兼ね合いはしっかり考えていきたいところです。

 
 
 
岡田スタッド関連を見てみると、1歳ではハービンジャー産駒のハッピーダイアリーの2017が1000万で主取り、当歳ではクラブとも関連の深いキョウエイハツラツの2018が2000万で主取りになりました。
ハッピーダイアリーはこれまで社台で繁用されていて岡田スタッドでは初の産駒になるのでクラブに回る可能性は低いかなと思ってます。
キョウエイハツラツはまだ当歳なのでこの先もセールに出ることでしょう。
個人的にはこれもクラブと関わりのあるタニノカリスの2017(父キズナ)が主取りになってクラブに回ってこないかなぁと密かに思っていたのですが、、、
1600万で落札されましたが、それなら1800万くらいでクラブで募集してくれてもいいのになぁと勝手ながら思いました^^;
まぁ、思いのほかキズナ産駒には高値が付かなかったので、そのうち何かしらクラブで募集されそうな気はしますけどね。

 
 
今年は幼なじみのFくんが現地にいたようで、菜七子をひとりじめした写真がいっぱい送られてきました٩(๑`^´๑)۶(←会場写真借りますm(_ _)m
悔しいのでワタクシも3年後くらいを目標に馬主のような顔をしてセレクト会場を闊歩できるような何かを身に着けたいと思いますw
 

セレクトセール2018

セレクトセール2018

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (8)
  • 役に立った (5)
  • 興味深い (1)

Comments