オータムセール 2017

今年も昨日より3日間、ひだか・北海道市場でオータムセールが開催されています。
昨年の同セールではノルマンディーF名義で7頭が落札され、うち6頭(1頭デビュー前募集停止)が募集されました。
今年もこの2日間で既に5頭落札。
確実に2次募集以降のラインナップに入ってくると思われますので、チェックしておきたいと思います。



・ファシネイトの2016(牝 父:ディープブリランテ 母父:キングカメハメハ 鹿毛)

ファシネイトの2016

ファシネイトの2016


ラヴィブリランテの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

どこかで募集されるであろうと思っていたブリランテ産駒をここで落札してきました。
ディープの代用として重宝されている印象ですが、ディーパワンサ、セダブリランテスを筆頭に結果も十分だしています。
母父キンカメの牝馬ですので、この後の繁殖への期待込みでの落札かと思います。
母ファシネイトは中央で2戦未勝利の後、地方船橋入り。
その後二桁着順が1度あるだけで大崩れなく7勝2着6回、掲示板を外したのは前述の二桁(12着)を含め2回だけと堅実に走りました。
その7歳時の初仔が本馬になります。
母の妹には福島牝馬Sを勝ったスイートサルサなどがおり、○外の母スイートハビタットを祖にする牝系は今後伸びていきそうな気配です。
落札価格は421.2万円。
募集されれば1000万とか盛ってきても1200万前後になるはずですので、2次以降に入ってくれば確実に満口になる期待の仔になりそうです。


・プラチナムーン2016(牝 父:ベーカバド 母父:アドマイヤムーン 鹿毛)

プラチナムーン2016

プラチナムーン2016


プティリュシオルの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

母プラチナムーンは2011年生まれ。
デビュー戦の勝馬がオウケンブラックですから、まだ現役で走っていてもおかしくない歳ですね。
若い母の仔なので当然兄姉はなく未知数ですが、牝系を遡ればディープインパクトの祖母Burghclereに繋がり、そこから繋がる牝系からもウインクリューガーなどが出ている確かな系統のようです。
ベーカバドは日本では初めてのケープクロスの後継種牡馬として輸入され4年目の産駒。
今のところ大物感はないものの、そろそろ一発があるのかこのまま尻すぼみになるのか、真価の問われるところです。
落札額は129.6万円なので、最安での募集になると思われます。


・カルストンツバサの2016(牝 父:ブラックタイド 母父:オジジアン 鹿毛)

カルストンツバサの2016

カルストンツバサの2016


アレスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

またしてもブラックタイド牝馬。
個人的にはお腹いっぱいですが、先の繁殖を色々考えてるんだろうなぁと思います。
本馬は母14歳時の5番仔で、全兄デスマッチは中央未勝利のあと笠松、名古屋で3勝して中央出戻りしますが、その後の中央では全て二桁着順で引退しています。
兄姉の勝馬はデスマッチのみで、その他牝系からもほとんどが地方での勝馬。
果たして中央で通用するかどうかというところになりそうです。
馬体もまだ幼く、出てきたとしても年明けの3次以降になるんじゃないでしょうか。
プラチナムーンよりも高い208.8万円で落札してますので、多少は見るべきところがあったということですかね。


・カネショウフェアーの28(牝 父:マツリダゴッホ 母父:コロニアルアッフェアー 鹿毛)

カネショウフェアーの28

カネショウフェアーの28


フェアザスピリッツの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

立ち写真なし。
ここのところ、岡田スタッド産以外のゴッホ産駒を買ってきてますね。
母父コロニアルアッフェアーという希少なところですので、1次で募集された母父ホワイトマズルのラドランファーマの16同様、いろいろな牝系のゴッホ産駒を試してみたいということなのかもしれません。
こちらも牝系はほぼほぼ地方所属。
馬体は悪くなさそうですが、少しチャカついてますね。
落札額は388.8万円。
ノルマンディー価格での募集になるかと思います。


・レイラインの2016(牝 父:エイシンフラッシュ 母父:サンデーサイレンス 青鹿毛)

レイラインの2016

レイラインの2016


ホーリーラインの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

二日目は1頭のみの落札でしたが、募集されればかなり人気を集めそうなエイシンフラッシュ×サンデーの牝馬になりました。
母15歳時の9番仔になりますので、少し高齢の部類に入るかもしれません。
兄姉ではスウェプトオーヴァーボード産駒の半姉オメガブルーラインの中央3勝が最高になりますが、父がエイシンフラッシュに変わったことで、繁殖での期待もあるかと思います。
今回のセールでは総じて、繁殖入りを見据えた仔の購入を主眼に置いてるようですね。
生産者の大作ステーブルは育成牧場も兼ねており、直線1200mの坂路や1周600mの屋根付きダートコースなど施設も充実していて、ここまでの馴致もしっかり行われていそうで好感が持てます。
248.4万円での落札ですから1000万を切る募集価格になるでしょうし、これまた人気を集めそうです。




明日の3日目を残して、ここまで5頭の落札。
どうやら牝馬に絞っているような感じですが、明日もまた落札があるのでしょうか?
明日もまた面白そうな種牡馬の産駒が上場予定ですので、どうせ買うなら振り切った面白い仔を落として欲しいなと思っております^^

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(11)
  • 役に立った(4)
  • 興味深い(5)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。