アーブルルージュ デビュー

アーブルルージュ_20180831 チーム近況

今週は最大で4頭出走の可能性がありましたが、最終的には2頭の出走。
シュエットヌーベルは予定通り14日(日)阪神9R千種川特別へ。
そして、アーブルルージュが13日(土)福島6R3歳未勝利戦で2016年産最後のデビューを果たします。
ガルラバンは投票せずに来週へスライド、フェアリースキップは非抽選除外となりました。
ノルマンディーOC公式サイトに上がった近況です。

・シュエットヌーベル

☆4/14(日)阪神・千種川特別(芝1200m・混ハンデ)藤岡康太騎手

10日(水)に坂路コースで4ハロンから併せ、54.7-39.9-26.2-13.4を馬ナリに追い切りました。
「先週の稽古である程度体は仕上がっているので、今週は終始持ったままで軽く追い切りました。雨で馬場は重かったものの、素軽い走りを見せていましたし、相手とピッタリ併せて最後は先着。前走後も在厩のまま進めてきましたが、やや間隔を空けたことで疲れはありませんし、調子もキープすることが出来ています。今回は昨年札幌で勝った藤岡(康)騎手とのコンビ。あの時のように一発を期待したいですね」(羽月友彦調教師)

メンバーレベルは前走よりもやや低い感じになると思います。
前走はほぼレースをしていないとはいえ二桁着順の大敗。
ある意味今回は正念場です。
ここでも万が一大敗を喫するようだと、元々精神面の弱い仔ですから、そのままズルズルといってしまうかもという不安も。
今回も西田は乗りませんが、その中でも勝たせた実績のある藤岡康太を配したのは光明。
前走に続きある程度の人気を背負うと思いますが、康太には前回の騎乗を思い出してもらって、上手くシュエットの能力を引き出してもらいたいと思います。

 
 
・アーブルルージュ

☆4/13(土)福島・3歳未勝利(芝2000m・若手)菊沢一樹騎手

7日(日)に坂路コースで4ハロン63.4-46.5-29.9-15.1を単走で馬ナリに追われ、10日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.7秒先行して併せ、55.2-40.3-26.6-13.3を馬ナリに追い切りました。
「デビュー戦に向けての調整過程としては、十分な乗り込み量を積んでこれたと思います。ヤンチャな面が治まりつつあるし、それに伴ってラストの反応も徐々に良化してきました。あとはゲートと2000mの距離がどうか。首を上下に振る癖があるため、出のタイミングが遅れてしまう場合も想定できますが、一樹(菊沢騎手)にはそう慌てさせずに進めるよう指示を出しています。体型や母系から短い距離向きというイメージはあるものの、ジックリジックリと運べばこの距離でもきっとこなしてくれる。そうこちらが期待できるほど、アーブル自身はへこたれずにここまで頑張って調整してこれましたよ」(菊沢隆徳調教師)

じっくり乗り込んで状態面は上々のデビューになると思います。
以前にも書きましたが、菊沢一樹は減量騎手とはいえ所属厩舎でもある菊沢厩舎の馬に騎乗した際には勝率が跳ね上がります。
単勝10倍以下の馬に騎乗したときの勝率は実に.500。
これは父である菊沢師が息子のために一定の馬質を揃えてるということでしょうし、裏を返せば息子を乗せる馬は一定の能力を見込んでいるということになると思います。
想定時にはそれなりのメンバーが名を連ねていましたが、最終的には有力馬が他へ回ったためにメンバーレベルも落ち着きました。
初出走の身ですので強気にはなれませんが、そこまで恥ずかしいレースにはならないのではないかと思っています。
コメントにもあるように、ゲート試験を2度も落ちているくらいですからスタートには不安が残ります。
これについても出遅れをある程度想定した上で、落ち着いてレースを運べる二千を選んだようなので菊沢師の采配を信頼しましょう。

 
 
・フェアリースキップ

4/13(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m・牝)川須栄彦騎手 除外(非抽選)

10日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、71.3-55.3-41.3-13.4を強目に追い切りました。
「水曜日は雨で馬場状態が重く、だいぶノメっていて走りづらそうに映りました。併走相手に大きく遅れてしまったのも、そこは巧拙の差がハッキリと出た感じで問題ないと見ています。ただ、土日で3つ組まれていたダ1200mの番組いずれかに入ればと、投票所でもギリギリまで粘っていたのですが、今週は残念ながら除外となってしまいました。締切間際で大きな節(出走間隔)の馬が動いてきてしまって、牝馬限定に投票していた3節たちが皆はじかれるという最悪な事態に…誠に申し訳ございません。一週スライドとはなりますが、状態面を整えて東京の番組に臨みたいと思います」(林徹調教師)

相変わらずのドタバタぶり^^;
どうもレース選択がうまくハマらないですね。
状態は悪くなさそうですし、あまりアウトを意識する必要のない今回のレースで結果的に東京の千三or千四が試せるのはかえって良かったかもしれません。
ここまでのキャリア全て千二ですし、少し距離を延ばせば更に先行力が活かせるかも。
ダメでも適正がハッキリしますし悪い除外ではなかったと思います。

 
 
たった今、本日のサラブレッドオークションが終了し、本日出品されたオンファサイトは名古屋競馬の馬主である寒川太一氏と思われる方が落札された模様。
落札価格も132万円とオークションでは高い評価で落札していただきました。
滞在で調整できる地方競馬なら馬体の大幅減もなく覚醒・大成する可能性は決して低くないと思います。
どうかかわいがっていただきたいです。
オンファサイトのこと、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

この記事はいかがでしたか?
  • いいね! (6)
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (0)

Comments