HBAサマーセール

昨日8/22より26日までの5日間の日程でサマーセールが行われています。
先ほど2日目までが終了しました。
昨日の初日、ノルマンディーF名義で2頭が落札されました。
  

リンダムーン2015(牡 父:スペシャルウィーク 母父:リンドシェーバー 黒鹿毛)

リンダムーン2015

リンダムーン2015

フライオールデイズの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

母リンダムーンは根岸Sなどを勝ったグレイスシラオキの仔で、中央で7戦(内・地方交流1戦)した後、門別、名古屋、笠松など地方で33戦、計40戦したタフな馬だったようです。
本馬は4番仔。
上の3頭はいずれも地方所属馬になります。
スペシャルウィークはローマンレジェンド、ゴルトブリッツなど数頭ダートの重賞勝馬を出していますしヒンドスタンのクロスもあるので、ある程度ダートの対応も効きそうではあります。
落札価格は510万円。
ラインナップされるなら880万もしくは960万といったところでしょうか?
  

ターフィーの27(牡 父:タニノギムレット 母父:Gone West 黒鹿毛)

ターフィーの27

ターフィーの27

ターフィーキングの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

母ターフィーは米産馬でここまで7頭の仔を産んでいます。
一年間空胎のあと生まれた8番仔が本馬になります。
初仔のメイショウヘミングは新馬勝ちのあと15戦し掲示板1回のみ。
その後障害に転向し4戦。
計20戦1勝で金沢に転厩します。
金沢で開花したのか5連勝。
6戦目3着の後7戦目1番人気で競走中止し、競走馬としての役目を終えています。
その後の仔は全て中央未勝利で地方転厩しているか、地方所属馬でした。
すぐ上の2013年産駒は未デビューです。

落札価格が220万円と安く、募集馬にラインナップされたとしても700万円前後の安価になるかと思いますが、上記の通り兄弟姉妹にみるべきところもなくタニノギムレット産駒ということだけで飛びつくのは危険かなぁと思います。
ただ、ちょっと気になるのは、この肌馬元々岡田牧場で繁用されてたみたいなんですよね。
もしかすると2013年産までと比較するとデキがよいという判断なのかもしれません。

  
いずれもあまり魅力は感じません。
他には岡田スタッド名義での落札が2頭、レックス名義での落札が4頭ありました。
岡田スタッド名義で落札されたルーラーシップ産駒のエイシンオーガスタ2015には非常に興味をそそられますが、ノルマンディーで募集される可能性は限りなく薄いと思われます。
今日の2日目はレックス名義の3頭だけで、ノルマンディー名義は1頭も落札はありませんでした。

去年のサマーセールで落札された馬たちは皆2次募集でラインナップされました。
今年は追加募集はないかもという話もあるので、ひょっとするとオーナーズプロ用の馬になるのかもしれませんね。

あ。
今年ラインナップされると思っていた、テオドルスの全弟(デオの15)は昨日上場されて200万で落札されました。
ラインナップされたら検討しようと思ってたんですが^^;
いずれにせよ今週中には本年度の募集馬が発表されるようなので、そちらを楽しみに待ちたいと思います。

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(1)
  • 役に立った(3)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。