2歳馬近況更新(2017.2.15)

今月からノルマンディーOC公式サイト上での2歳馬近況更新が月2回になりました。
ここからデビューまでは少し時間がありますが、またしばらく一喜一憂していきたいと思います^^

・ロワセレスト(メルセダリオの15)(2017.2.15 ノルマンディーファーム 馬体重:ーーーkg)

現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。
ハミに敏感で反発するところがあり、まだ乗り難しさを感じさせるものの、雄大な馬格から繰り出す飛びの大きなフットワークはまさに父ルーラーシップ譲り。
惚れ惚れするキャンターで存在感を示しています。
首さしなどに冬毛が残って毛ヅヤはいまひとつ冴えませんが、暖かくなってくれば筋肉のメリハリなどもくっきりと輪郭を表し、逞しい馬体に磨きがかかってくるでしょう。

まだ残口アリの仔ですので、多少のセールストーク分の上乗せはあるでしょう^^
ですので、ここから読み取れるところで重要なのは「多少気性難の可能性がありますよ」ってところかもしれません。
まぁ、これから矯正されると思いますし、おとなしすぎるよりは良いと思います。
とにかくここからはケガなく順調にっていうのが、まずは一番ですね。



・セルヴァ(オークルームの15)(2017.2.15 ノルマンディーファーム 馬体重:ーーーkg)

現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。
落ち着いて稽古に臨めており、キャンターでは手先の弾きの良さを感じさせますが、乗り手が促さないとまだ自分から進む感じにはなく、逆に促して行くと頭を上げて尾を高く振り回して抵抗しようとします。
そういった我の強さは進めていく中で軽減されるはずで、垢抜けた雰囲気や好馬体に見合うよう精神面も鍛えて成長させていきます。

もしかしたらいけるかと思ってましたが、こちらもやはり兄たち同様ゆくゆくは気性の悪さが出てしまいそうですね。
それでも、この母系は去勢でマイナスに作用するリスクは低そうですので、最悪はその手段を取ればという感じでしょうか。
健康面に関しては心配するところはないと思ってますので、今後も順調に乗り込んで、早生まれをアドバンテージに早期デビューを目指してほしいと思います。
いかにも新潟2歳Sとか似合いそうな感じですけどねぇ^^


新潟2歳Sといえば、まだ1999年の3歳S時代に3着に入った「ユウマ」という馬がおります。
ウチの三男の名前はそこから取りましたw
ちなみに次男は「タイキ」ですw
この二人は双子です。
片一方(タイキ)の名前しか考えてなくて、どうしようどうしようと。。。
女の子だったら「サクラ」か「スズカ」なんだけどなぁとか言いながら開いた競馬新聞に「ユウマ」の名前がありました。
こ、こ、これだぁぁぁぁぁ!とw
小学生の時とかに宿題で名前の由来を調べてこいとあるじゃないですか?そんな時は大変でしたけどねw
後付で由来考えないと、まさか競馬新聞で探しましたとは言えないwww
ま、そんな名前でも本人はメチャメチャ気に入ってるので良かったですw




余談はそのくらいにして、、、
今週は、超低確率(5/26?)の抽選をくぐり抜けテオドルスがデビューします。
鞍上はまさかの菜七子♡
さすがに今回は口取りの競争率高そうですね。
除外想定だったダイバージェントも出走できる模様です。
こちらに関しては後ほどまた更新します(^0^ゞ

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(3)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。