愛馬近況更新(2016.9.2)

ノルマンディーOC公式サイトにて、愛馬の近況が更新されました。
・テオドルス(2016.9.2 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:492kg)

現在は馬場1~2周と坂路1本を20秒ペースのメニューで調整中です。
移動後も順調で心身ともにコンディションは良好と言えるでしょう。
まだ体力面に課題を残しますが、これからしっかりと負荷を掛けながら養っていきたいところです。
入厩に備えて基礎を固めていきます。

この一週間は特に大きな問題も進化もなく良い意味で横ばいという感じなんでしょうね。
ウチの仔たちはみんな移動に伴う頓挫がないのが素晴らしい^^
しっかり乗り込めているようで入厩が楽しみです。
   

以下、スターズファンド
  
・ディバインコード(2016.9.2 美浦トレセン:栗田博憲厩舎 馬体重:ーーーkg)

2日(金)にWコースで4ハロン56.5-41.5-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。
「中間も順調で、大きな疲れは感じられません。徐々にではありますが、精神面も良い方向へ向いてきている感じがしますね。来週9/10(土)中山・アスター賞(500万下・芝1600m・混)にヨシトミで向かう予定です。デビュー前から在厩でここまで進めてきましたので、できれば勝ってお休みさせたいと思っています」(栗田博憲調教師)

まずは500万を使って確実に勝ちを狙っていくということのようです。
デビュー戦を千八で2着、前走が千四で勝ち。
ここのマイル戦は今後の方向性を占う意味で重要になってくると思います。
千四までのスプリンターなのか、マイル以上も対応できるのか。
幸いなことにデビュー戦で惜敗を喫したサルヴェレジーナも同レースに出てくるようですので、良いモノサシになるかと思います。
ここをあっさり通過しておやすみしましょ♪

  
・ホワイトファング(2016.9.2 美浦トレセン:牧光二厩舎 馬体重:ーーーkg)

「条件はピタリと見込んでいたため、自信満々に送り出したのですが、最内枠で他馬に気を遣ってしまって序盤に行き脚が付かなかったのは大きな誤算でした。レース後は左前にソエの症状が出ているものの、歩様に痛みは見せておらず、まだ我慢できるレベルに思えます。あくまで状態次第ですが、一つ勝って楽をさせてやりたい考えもありますので、中一週で来週9/10(土)中山・2歳未勝利(ダ1200m)に向かうつもりです」(牧光二調教師)

こちらも“勝ってお休み”ですね。
条件的には前走と変わらないので後は右回りでどうかでしょう。
軽くソエも出ているようなので、ここで勝ち切れないと勝ち上がりに少し時間がかかりそうな気もします。
巧也くんもいいけど、追い出しのタイミングに関してはまだ経験不足の面も見受けられますので、鞍上強化も検討してもらえたらなと思っております。

   
明日のシュエットは最内1枠1番。
砂は被らせたくないのでスタートにだけ気をつけてもらって、気持よく一人旅してきてね^^
今週のノルマンディーは史上最多14頭出走。
馬券も忙しそうですw

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(0)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。