愛馬近況更新(2016.7.29)

ノルマンディーOC公式サイトにて2歳馬の近況が更新されました。
通常出資馬編です。
  
・シュエットヌーベル(2016.7.29 美浦トレセン:伊藤圭三厩舎牧光二厩舎 馬体重:—kg)

24日(日)に坂路コースで4ハロンから4.1秒先行して併せ、64.9-44.6-27.6-13.3を馬ナリに追われ、29日(金)にも坂路コースで4ハロンから併せ、55.5-39.8-25.8-12.7を馬ナリに追い切りました。「牧場ではまだだいぶ幼さを覗かせていたと伺っていましたが、トレセンに入ってからは非常に落ち着いており、従順な性格で日頃からあまり世話を焼かせません。馬房の中でも大人しくしていて優等生タイプですよ。今朝の追い切りは坂路コースでおこないましたが、古馬に食らいついてなかなか頑張っていましたね。まだ体力面に少し課題は残りますが、時計もまだ詰まってくるでしょうし、デビューに向けてこのまま進めていけそうです。来週の追い切りの動きを見て、どこを目標にするか決められたらと思っています」(伊藤圭三調教師)

ゲート試験も無事一発合格し、いよいよ具体的にデビューが見えてきました。
精神面も成長してるようですね。
入厩してこれから自分がどうするのかわかってる賢い仔なんでしょう^^
来週にはデビュー日が決まりそうです。
やっぱり、一度芝を使うことになりそうですね。

  
・テオドルス(2016.7.29 ノルマンディーファーム 馬体重:512kg)

テオドルス(2016.7.29)

テオドルス(2016.7.29)

引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューを継続中です。まさに今が成長期といった感触を抱いており、日に日に良化している手応えを感じています。先週は同じ父を持つ先輩のルグランパントル、カルヴァリオが特別戦を制しており、来年は本馬が父の名を高める走りを見せてくれることでしょう。来月には小野町へ移動させることができそうです。

更に+14kgの体重増。
それでいて見た目に太め感は全くありません。
今回の写真では胴がやや長くなってバランスも良くなってきてる印象。
肩まわりにもしっかり筋肉がついてきていて、おそらく厚みも出てきているように感じます。
来月移動ということは秋の東京開催でデビュー濃厚ですね。
早く生テオくんに会いたいです♡

  
・マイネコンテッサの14(2016.7.29 ノルマンディーファーム 馬体重:484kg)

マイネコンテッサ14(2016.7.29)

マイネコンテッサ14(2016.7.29)

この中間も馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。無駄のない機敏で軽快なフットワークで坂路を駆け上がっています。成長力豊かな父の産駒らしく気温の上昇とともに頭角を現してきました。遅生まれで良化の余地を残しているので焦らずに乗り込んでいきます。

すくすくと大きくなってますね。
相変わらず不思議なバランス(w)を保ってますが、これはこれで後肢の力をストレートに前方に伝えられる体型のような気がしてきて、もしかしたら実はものすごい馬になるんじゃないかって気がしてきましたwww
年内から正月明け辺りにデビューできれば良いと思ってますので、じっくり乗り込んで下さい^^

あ。残念ながらレビューは採用されませんでした^^;
次は馬名総選挙。ホンキでいきます!

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(3)
  • 役に立った(2)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。